1月も、あと1週間

季節の移り変わりも激しいものです。
1月も、あと1週間となりました。
4日には、年始の餅が安く売られ、
同時に 七草がゆの材料や、恵方巻きの予約受付などが
スーパーを席巻していました。

うちでは、七草がゆは作りません。面倒だから(笑)
ヨガサークルの先生は、おせちを作って写真に撮り、
タブレットで見せてくださいました。
おせちの作り方も教えてくださったのですが、
うちでは、洋風おせちを、注文します。
年始には、高級スーパーで買ったローストビーフを食べたかったのに、
賞味期限が2019年12月31日だったので、買わなかった(食べられませんでした)。

小寒が過ぎても、寒さが来ず、雪も降らず、
2020/01/16ごろに、やっと寒さが迫ってきた。
義母は、関節炎になって、腰が痛いと主張。
去年ころんだのが、まだ治ってなかったようです。
ことしで80になる義母。もうそろそろ、わたしが家事を引き継ぐべきでしょう。
小説でデビューするという夢は、もう諦めるべきかもしれない。

なんかねえ、疲れたんですよ。
小説を読んでも、まえほど楽しくない。つい、批評的に読んでしまう。
のめり込んで読んでいた、シロウトの頃が、懐かしい。
自分の小説に、そういうパワーがないってことが、だんだん判ってきたから……。
大ファンの宮部みゆきさんは、最近、ファンタジーからSFにシフトしていると聞きまして、
そういう開拓を、次々としていかないと、あの一流の流行作家でも、
置いていかれるんだと、ゾッとしたものです。

自分には、あまり引きだしはないからな。
経験したことを、まんま書いて、怨みつらみぶつけたって、面白い話にはならん。
たとえデビューできなくても、文章を書くのは好きだし、続けたいとは思うけど
どんな作家になりたいか。そこを聞かれると困惑する。

もっと人に夢を与えられる、そういう話が書きたいなぁ。
現実社会が、はんぶん夢みたいになりつつあるんだけどサ。
いまのまま、人のマネして、ありがちなストーリー展開で終わりたくないです。

ありがちじゃないと、受け容れてもらえない現実はあるのだけれど。
1月もあと少し。
2月になれば、わたしは55歳です。すでに人生の半分以上、過ごすことになる。
ちょっとだけ、小説から離れて、気分転換してみようかな。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ヨガサークル情報 2020/01/16版

2020/01/16のヨガサークルで、指導の先生が、言いました。
「広島の国際会議場のトイレ、和式なんだけど
英語で『和式トイレ』って、どう書いてあったと思う?」
みなさんも、このクイズを考えてみてくださいな。

生徒「ジャパニーズ・スタイル?」
先生「違います。そんな説明じゃ、トイレの使用法がわからんじゃん」
生徒「それじゃ、イラストで説明した?」
先生「日本には、そういうトイレもあるけど、国際会議場のトイレは、違います」

「じゃあなんでしょう?」
みんなが、お手上げになると、先生はふふっとわらって、
「スクワット・スタイル!」
みんな、「へーっ! その訳、天才的!!!!」
いつの時代も、センスのいい人っていますよね。
そういう人が、まだ世の中にいるって、素晴らしい。

それから、ヨガがはじまります。
正座をして、運動をしていたら、わたしは足がしびれてしまいました。
「みなさん、立ち上がりましょう」
先生は、ゆっくり起きあがりました。
わたしが、「しびれたー」とフラフラ立ち上がったら、
「体重が重いからネ」
先生、ひどい。
「違います。胸が大きいんです」
わたしが、反論すると、
「垂れ乳?」
「ひどいですぅぅぅぅぅ~~~」
まったく、昭和のおばあちゃんって、ああ言えばこう言うだから。

ヨガの時間が、終わりました。
10㎏の減量に成功した会員さんの話になり、
「どうやったら、減量できますか」
と聞いたら、
「こまめに動くことですね。
わたしは、朝おきたらヨガをしています。
暇を見つけて、掃除したりもしてますね」

働き者には、ちゃんとご褒美があるらしい。
わたしも、1月に入ってから、雨の日と体調不良の日以外には、
近くの公園まで、夫とともに朝5時おきして、ハリポタGOをしに行きます。
1時間ぐらい歩くのかな。
夫は、うまくすれば来月から、新しい職場に配置がえになります。
今の職場、契約が切れるらしい。
やりがいのない仕事より、バリバリできる仕事があれば、
いうことなしです。
わたしも、早くデビューしたいです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ドラマ:時効警察シーズン1 #01

たらさわ みちさんのドラマ、放映から1年経っても未見です
(どうもテイストが、漫画と違う気がしてならないんです)。
義母と一緒に見ようと思って、取りおいてあるんですが、
義母は家事で忙しいので
わたしだけ、時効警察シーズン1 #01をアマゾンプライム(無料)で
完見しました。(どんだけ義母に、おんぶしとるんじゃい)

ドラマ『時効警察S1 #01』を見ての感想。
冒頭は、あまり『ヒキ』はなかったのです。
どちらかというと、退屈でした。イライラして、見るのをやめたくなりました。
でも、まあ、無料だし、推理ものを勉強するためには、とがまん。
すると、ありがちなストーリー展開のなかに、
キャラクターが生きているのが、よくわかりました。

『趣味』で、時効になった事件の解決に乗り出す霧山くん。
彼にひそかに思いを寄せる、三日月ちゃん。
この二人を中心に、どちらかというと、雑務業務がおおい時効課での
日常と推理が語られています。

冒頭で、真っ裸の泥棒女が走り抜けていくのですが、
ウケを狙っているのなら、わたしはすべってました……。
時代を感じました。
とはいえ、この時効警察って、間(ま)が面白いですね。
どこか、『カメ止め』を連想させる。

それはそれとして。
最初から、犯人はわかっているんです。
なのに、時効になる15年間、シッポをださない。
犯人はしたたかなのです。
簡単に、自白するのでしょうか。
時効になり、気が緩んだから、霧山に白状した……
という背景もあるでしょうが、
わたしには、突拍子もない気がします。

家事と推理を絡めるスタンスは、気に入りました。
ちゃんとストーリーに、キャラクターの職業がからんでいる。
でも、続きを見たいほどでもない。

外ドラの 『メンタリスト』 のほうが、面白そうです。
観察力を娯楽にするという意味では、
今後の勉強になるかも。

わたしはボンヤリだから、どこまで勉強、出来るかなぁ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

目指せ! 体重48キロ 令和版(19)

今日も、ダイエットの話です。パート19です。

友だちのリクエストにお応えして、スポーツセンターでの生活を
お話しします。今回は令和元年11月および
12月の話なので、ちょっと情報が古いです。ご了承ください。

もう書いたかもしれませんが、ジムの開始時間前に、
10分ほど準備体操をする時間があります。
かんたんな準備体操で、ラジオ体操ではありません。
どちらかというと、ヨガに近いかも。

この準備体操に参加している、シニアのみなさんの中に、
ぜったい、「見本通りにしない」 おじいさんがいます。
トレーナーが、
「ここでお相撲さんみたいに 仕切りの姿勢をしましょう」
と腰を落としますと、みなさんその通りにしますが、
そのおじいさんは、ひとり逆らいます。
どうするかというと、
トスン、パタパタ跳ね飛ぶんです。

「では、背伸びをしましょう」
トレーナーが伸びをしますと、おじいさんは、突っ立ちます。
その直立不動の状態で、
右腕を横に伸ばし、ぐっと折って左胸に寄せます。
そして、左腕を右腕でおさえ、苦しそうにうめきます。
それが終わると、右腕を左手でおさえ、同じようにうめきます。
すがすがしい笑みを見せ、
「おれは、やることをやってるぜ!」
という顔で準備体操を終えます。

いろいろ事情はあるんでしょう。
実際、耳の不自由なひともここに来てますが、
この人は、受付のそばで見学です。

まあ、準備体操はちゃんとしているんだから、
文句を言う筋合いじゃないのだが。
このおじいさんが気になって、
準備体操に集中できないのだよ。

集団行動で、別なことをすると目立ちます。
おじいさんは、自己主張をしたい人なのかも。
受付を終えると、おじいさんは、トレーニング室へは行かず、
水泳の方へと歩いて行きました。

おぼれ死なないようにね。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ネアカな外見

2020/01/08、髪を切りました。
美容院で貸し出されていた、『日本人の知らない日本語』という
コミックエッセイを、髪を切られながら2巻まで読了。
『日本人の知らない日本語』は、日本語をテーマにした文化論的な漫画エッセイ。
著者は、日本語学校の講師です。絵も面白いが、文章も面白い。
日本に日本語を学びに来ている外国人のひとりが、
流行っていたニューハーフの話をテレビで耳にしました。
その直後、女子トイレに(子ども用の)男性便器があるのをみて
「ニューハーフ用なのね!」
と納得したという記事を読み、時代だなぁと笑いました。
いまも通用する話もかなりあって、
爆笑しながら読んでました。
著者の苦労がしのばれます。

笑っていると、美容師さんが、
「読書好きなんですね」
と話しかけてきました。
置いてある週刊誌には、見向きもしなかったからです。
週刊誌はねえ、
話題がすぐ、古くなるから、小説のネタにはちょっとね。
星新一も、時事ネタは避けていたらしい。
とは言え『日本人の知らない日本語』も、
90年代から2,000年代の、元気だった日本の空気感が漂っていました。
(最近、わたしには日本が元気だとは思えない。
災害がいっぱいあるし、もはや経済大国とは言えないし)。

ともかく、髪を切って美容師さんにお金を払うとき、
「わたしはネアカかな」
と聞いたら、
「全体が……」
爆笑されました。どういう意味なんだ。

その上、スーパーで買い物をして帰る途中、
通りがかったおばーちゃんに、何人も声をかけられ、
そのうちの一人からは、
「あなた腰が悪いんですって? がんばってね」
あの……。どこからそういうガセ情報を手に入れたんですか……

髪の毛がスッキリしたとたん、話しかけられる率が高くなってしまった。
人って、ほんっと、外見でものを言いますね。
こまったもんだ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

阪神淡路大震災25年

早いもので、阪神淡路大震災から25年、経ちました。
四分の半世紀。記憶も風化してくる頃かもしれません。
事件があっても、原発のことまで、想像すらしていなかったわたしなのですが、
考えてみると、天災をコントロールできるほどの
科学力を、われわれは持っていなかったんだと気づかされるわけです。

自然を支配する、とか、自然を克服する、ということで、
いまの文明社会は成り立ってる面がありますよね。
「自然と共存しよう」
って言う人だって、太古の昔に戻りたいと口が裂けても言えないわけですよ。
病を駆逐するように、人間にとって都合の悪い自然は
駆逐されていったのでした。
阪神淡路大震災で逆襲された、と思う人も大勢いたことでしょう。

とは言え。
科学はどんどん進んでいくのです。
破壊された文明も、いずれは復興しなくてはいけないのでした。
生きることは、闇の階段を手探りで歩くようなもの。
一歩間違えばおおけが間違いなし、ですが進まないわけにはいかない。
そこまでして、科学を進ませて、なにがしたいのだろうか。
なんのために、科学があるのか。
人間の幸せのためだと言うが
幸せって、人によって違うじゃん?

ある人は、幸せを 「生きがい」 という。
ある人は、「願いが叶うこと」 という。
ある人は、「衣食住たりること」 という。
ある人は、「旅行に行ったり、美術館めぐりをしたりすること」 だという。
人類が全員しあわせになったら、
人間の身になにが起こるんだろう。

瞬間瞬間の幸せはあるけれど、永遠の幸せや究極の幸せはない、
という人もいる。
だとしたら、科学者は、一瞬の花火のような刹那的なもののために
ひっしで研究しているのだろうか。

それでも、前を向いて歩くしかない、それが人間の姿というもの。

大地震から25年。
喪ったものを悼むこともあるでしょうが、
前を向いて歩いて行く。と思う、
今日のわたしでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

アナ雪2鑑賞日記

 

のっけから、過去の話です。
去年の12月10日に、アナ雪2を見に行きました。
アナ雪パート1がとても良かったので、期待したんです。
パート2って、たいがい、失敗作が多いから、ドキドキしていました。

ネタバレなのであまり書けませんが、
エルサの魔法の力の秘密が分かる、という触れ込みは
間違いなかったです。
ただし、それはコジツケ、という
筋立てなのでした。
わたしは少なくとも、乗れなかったな。

アナとエルサの見せ場がありすぎて、
どっちに感情移入していいのか分からなかった。
ふたりの歌もそうです。
アナが、「いま出来ることを」
という歌を歌います。
エルサは、「未知の旅へ」
と歌います。
どちらも印象的な歌ですが、パート1ほどパワーがない。
アナが主役なのかなと思っていたら
エルサがキーパーソンになる場面もある。
お互いがパワーを観客にぶつけすぎて、相殺しているって感じかな。

魔法の森から、エルサの魔法の源であるアートハランに行くわけですが、
この途中に、両親の船がよこたわっています。
説明はありましたが、わたしには、苦しい説明に思えます。
だってパート1では、説明が一切なかったですからね。

アートハランへ行くときに、海馬に乗っていくシーンは
印象的でした。
ただ、アートハランに行くときは
苦労していた魔法が、
自国の危機になると、そのときだけ爆裂するところが
なんだかなー。ご都合っぽい。

今回いちばん良かったのは、
ヒトカゲのサラマンダー、めっちゃ可愛かった!!!!
今回は、このサラマンダーを見に行ったようなものでした。

見に行くんだったら、ストーリーを楽しむのではなく、
きれいな雪景色とそこで展開するアクションを見に行く、
ぐらいに思っておくと吉でしょう。

応援クリックおねがいします。

応援クリックおねがいします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ある珍事

2019/12/25のことでした。
おばあちゃんが、エレベーターを使うわたしに、
「階段を使え」
と命令しました。

おばあちゃんの価値観では、若者は苦労して大人になるもんだ、
かもしれない。でもその背景には、
「年寄りは物識りだし、苦労して経験値も高いから、大切にして社会に活かそう」
という儒教の教えがあります。
だけど現代においては、年寄りよりAIのほうが物識りで、経験値も高くなりつつある。
そのうち、人に役立つ知恵もないような一部の人間の意見を聞くより、
AIの意見のほうが効率的に社会を運営できる、
という差別的な教えがまかり通るかもしれない。(会社はとくに、そうなりそう)
いまのわたしだって、将来的に身体が弱って、介護されるようになれば
「迷惑だ」という目で見られる運命にある(冷たいけど、現実だもんな)。
知ってか知らずか、おばあちゃんは、
自分は年寄りだから偉いんだと、
威張り散らして、満足している。

愛情の反対は無関心だそうですから、
わたしに対して、いろいろ言ってくるおばあちゃんは
わたしに関心がある、と言えるでしょう。
わたしがラクをしたくてエレベーターを使ってるわけじゃないってこと、
説明したかったけど、30秒ではムリでした。
まあ、べつにいいです。
エレベーターは、たしかにラクだしね(笑)

自分も他人も、同じ人間。
完璧じゃないから、許し合える。
クリスチャンとして教育を受けてるわたしの対処法は、
この手の攻撃に対して、笑っているしかないってこと。
ふがいない、と周囲から思われるかもしれないし、
弱虫とか優しすぎるとか言われそうだけど
いいじゃないの、平和だったら。
わたしが笑っていれば、いつかなにかが変わるかもしれない。

「悪に対して、悪で勝とうと思うな。
かえって善を持って悪に勝利せよ」(by イエス)

叱られたからって反発せず、
気の毒だと思ってスルーすることにしました。

表面しか見ないのは、わたしもそうだからね。

詳細は、セルバンテスで「鈴宮とも子」名義で出してる、
「ある珍事――母を想う」を参考にしてください。

応援クリックおねがいします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ</a>
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

目指せ! 体重48キロ 令和版(18)

今日も、ダイエットの話です。パート18です。

友だちのリクエストにお応えして、スポーツセンターでの生活を
お話しします。今回は令和元年11月および
12月の話なので、ちょっと情報が古いです。ご了承ください。

庭いじりが好きなYさん。水やりのために、一定の間隔で穴の空いたホースを使っています。
「この、穴が一定間隔で空いているのがミソなんだ。水がその穴から出てくる」
と、Yさん。
「いいことを聞いた」喜んでいるBさん。
「水をやりに庭中を歩き回るのはつらくてなあ……」
Bさん、70代だからムリしないでね。
「雑草とか、どうしてるんですか?」わたしが聞くと、
「もう手がつけられん」 愚痴る Y さん。
「ダイソーで除草剤を買ったらいいよ。効くよ」とBさんは教えるのでした。

ジムに入ります。
トレーナーの常駐するカウンターの鉢植え観葉植物。
長い葉に白い卵状の点々が付いていました。
「病気になっとる」
Yさんは、自分の鉢を持ってくるよ、と言いました。
年に数回、花を咲かせる強い品種なのだそうです。
ジムは日陰だけど、だいじょうぶなのか。

そのジムで、エアロバイクを漕ぎ始めます。
わたしはうっかり、セーターを着たまま、運動をしてしまいました。
晩秋だったのですが、暑いのなんのって。
でも、30分がんばります。
そのセーターは、肩の所は白く、
お腹の所はピンクの手縫い風。
見ていた ジム仲間の 「センセー」 は、
「似合うなそれ。おまえが、それ縫ったのか?」
「まさか! 郊外の大型スーパーマーケットで
買ったんですよ」
さすがに 家庭科1だからムリ、とは
言えなかった……。

スポーツセンターに、ちょっと遅れていくと
マシンが埋まってしまって
運動することができないことがときどきあります。
エアロバイクとウォーキングマシンは特に人気です。
ウォーキングマシンは、記名式で順番を待つことになっています。
30分以上歩くと、叱られます。
自分の名前を記名欄に書くので、すっかりわたしの名前は
ジム中に知れ渡っていました。

若くて目立つためなのか、
話しかける人が多いこと多いこと。
こっちは名前を知らない人の多いこと多いこと。
不公平です。

応援クリックおねがいします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ</a>
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

夫、糖尿病の危機に

2019/12/19のことなので、本来なら去年の23日に書くべきなのでしょうが
時間がなくて書けませんでした(汗)
夫が仕事上のストレスで、糖尿病予備軍になっちゃったんです。

会社で行った定期検診の結果をもらった夫。
血中濃度の糖度が、普通の状態じゃなくて
「がーん」となったのでした。
予備軍どころか、糖尿病の疑いがあると。
アワを食った夫は、検診所から紹介状をもらって、
近所の糖尿病外来へ。

その病院で、1日かかって、検査をしたのです。
まず検尿、空腹時の血糖値をはかり、ブドウ糖を飲んだ後
30分後、1時間後、2時間後の血糖値を検査。
糖が減ったのでインスリンは出ていると判明しました。
糖尿病ではない。
しかし境界だという診断でした。

原因は、仕事上のストレスだろうとドクターは言ったそうです。
まあねえ、バリバリ働きたい夫が、窓ぎわに追いやられてるから、
無理もないんだよ。
「毎日、ネットを見てすごしてる。おれは、ちゃんと働きたい!」
毎日ネット見てお金もらえるんだから、楽じゃんと言っても、
やりがいのない仕事で睡眠不足に陥ってしまっている。
契約社員なので、こんどの3月末までこの会社に縛られています。
4月になったら、新しくなるはず。
健康のためにも、職場が早く変わるといいなと思います。

2019/12/21、雑誌『栄養と料理』(11月号)を借りてきました。
この号には、血糖値を下げる食事と運動のことが
書かれています。
夫のために食事を変えねばなりません。
うーん。義母の嫌いな鶏肉が載ってるぞー。
どうしよう(汗)

応援クリックおねがいします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ</a>
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村