うる覚え聖書の話・宗教戦争はなくならない

005   ムスリムだって多神教である?

またしてもテロが起こりました。過激な思想を抱いた えせムスリムたちが、日本人を含む外国人をスリランカで殺しまくったと言います。

宗教ってなんでこうなんだろうねえ。カゲキさに惹かれ、孤独感につけこむ人たちがいるからこうなるのだろうか。新宗教にハマる人の特徴に、居場所を見つけられたという人がいるって論説も見たことがあります。

さて、今回お話するのは、旧約聖書に見られる多神教の残滓(ざんし)です。
ご存じの方もおられるでしょうが、ムスリムはコーランのほかに、新約聖書、旧約聖書を聖典としております(コーランだけ、と言っている情報はえせムスリムたちの主張ですからご注意あれ)。その旧約聖書に記述されている認識は、アブラハムの子孫がムハンマドの先祖にあたるということで、ユダヤ人と中東の人たちは親戚にあたる、というのが基本的な認識です。

ところで意外なことに、一神教である、とされるユダヤ教とキリスト教、ムスリムの聖典の旧約聖書には、昔はかれらが多神教だったことを匂わせる記事が、しっかり載っているのです。

一番有名なのは創世記で、神が「われわれの姿に似せて」人を創ろう、と言う記事があり、これが多神教なのではという指摘があるんですね。

学者の説明では、「我々」と言うことで権威を示しているといいます。英語でも、エリザベス女王はIではなく、WEと言いますし、明治天皇は自分のことをわたし、と言わず朕(複数名詞)を使っていました。

そこのところで納得しない人は、申命記のどこかに、ギデオンが、
「わたしたちの先祖は多神教を信じていた」と言っているシーンがある、と主張していると言っているそうです(どこなんだろう? うる覚えなので堪忍ね(汗))

論理的に考えるなら、ムスリムの先祖も多神教を信じており、ムハンマドによって一神教に鞍替えしたことになります。実際、古代中東には、多神教を信じていたあとが残っています。

(精霊ジンなどが有名ですね)。

アラーはアラビア語では『神』、アラーのほかに神は無し、と主張することによって、ほかの神を意識する逆転の構図も見られたりします。

イエスも、律法でいちばん大事なのは、神を愛することと隣人を愛することだと主張しています。

このあたり、日本の感覚と違うんです(聖徳太子は、いちばん大事なのは『和』だと設定しましたっけね?)

なにごとも神中心の感覚は、英語にまで影響を与えており、

感情を表す動詞の語法―――surpriseなど感情動詞は「驚かせる」など『~させる』という意味になるんですが、その理由は、文化に宗教があるからです。

日本人の考えでは、だれかに好意や嫌悪などの感情を感じた瞬間、自分の心に何かが芽生えたような感覚になるのですが、英語圏の人は「神さまが自分に興味や感情を持たせた」とふだんからそういう感覚です。

『生まれたときから小指と小指が赤い糸で……』云々みたいなこと、聞いたことありませんか。ひたすら他者が「~させる」「させる!」という意味を持ちます。

そういう感覚を持ってない日本人の大多数が、英語が苦手なのは当然でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です