謝りたいこと

シリーズ 『夕焼け雲を追いかけて』 #03

インフルエンザが流行るなか、秀人のお姉さんが入院した。秀人にはお姉さんに、謝りたいことがある。そこで、お母さんにだまって、こっそり病院に出かけた。

ところが看護師さんが見張っていて、ベッドにたどり着くことができなかった。秀人は、お姉さんの旦那さんに言った。

「実はぼく、お姉さんの結婚指輪を、隠してしまったんだ」

「なんでそんなことを」

旦那さんが驚くと、秀人くんは、

「だって大きくなったら、ぼくと結婚するって約束を破ったんだもの。だけど、お姉さんに指輪を返したら、病気が治るんじゃないかと思うんだ」

旦那さんは言った。

「あいつは病気じゃないんだ。子どもが出来たんだ。それで太ったから、指輪がはまらないと思うよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です