茶柱が立った!

シリーズ「夕焼け雲を追いかけて」#01

「茶柱が立った!」
お店でお茶を飲んでいたら、茶柱が立った。
「おめでとうございます。願いごとはなんですか?」茶柱から声がした。どうやら、茶柱の神が現れたらしい。
「そうね、いちど極楽ってところを見学したいのよね」わたしが言うと、茶柱の神は、
「いやいや、あなたなら地獄行き間違いなし」
「どういう意味よ」言い返しながら見やると、きつねの尻尾が生えている。
「あーっ」わたしが尻尾を示すと、茶柱の神はお尻を隠しながら、
「これはオモチャ!」
「なら、つねっても痛くないね?!」
「ひゃ~~~」
「おさげしまーす」
給仕の女性が、湯飲みを片付けてしまった。
茶柱の神は、しおしおと店を出て行った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です