宮島の仏さま・現地探訪(最終回)

宮島・仏様たちを見に行く 2019年12月11日

着手 2019/12/13 完成 2019/12/13

 

パート4

幸(さい)神社。境内と金鳥居(かねとりい:厳島神社の管轄にあるという印)

の間にある神社だそうです。金鳥居は町内への出入口。

 

 

遊郭の女たちは、境内のなかには入れず、金鳥居のそばまでが通行許可範囲だったそうです。

 

 

 

 

 

千畳閣・五重塔。豊臣秀吉が、不動院恵瓊(ふどういんえけい)に作らせました。

ふきさらしで避暑地になっていたようです。

屋根に金箔貼ってつくったのはいいが、途中で秀吉が死んじゃったので、

お金がなくなり、恵瓊は建築を断念しました。837畳あるそうです。

千畳閣なのに千畳ないじゃん、と思っていたら、

1,000人の僧侶が入ってお経が上げられるように、という意図があるそうで。

いまは厳島神社の管轄。多宝堂もそうだとか。

千畳閣は、いまは豊国神社と名前を変えています。かつては芝居もここで興業されていました。

 

神社の中の経倉(けいそう)ということで、平家納経があったそうです。

大聖院は、祈祷寺。宮島は空っぽの神社で、もともとはこの神社に

お坊さんが山から下りてきて、お経を読んでいたのだとか。

(神社にお経……^^;)

大願寺は、それ以外。(大工や建築家が住んでいた)。

いまや宝物倉に平家納経がおさめられ、清盛の信仰の対象だった

薬師如来は、大聖院におさめられちゃった。

厳島神社の裏側には、仏教関連の施設もあったのですが、壊されてしまい、

森が植樹されています。

 

 

大願寺。山門の仁王も門も、廃寺からの廃物利用。

現代仏師、松本明慶(みょうけい)さんが作られたという、不動明王座像が

インパクトばつぐん。

弁天様の祀られた大願寺の入口には、

伊藤博文の手書きの板書がかかっています。

ここで勝海舟と木戸孝允が密談したのでした。

ここには釈迦三尊がいますが、禅宗の三尊とは違います。

(だれだったか忘れた……)

 

最後のあたりは、疲れてきたので、

早く帰りたかったです(笑)

終わったのは16:15ごろでした。

義母が、「かえってこーい」とTELしてきて、

主婦はつらいぜと思ったりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です