秋の雨

季節外れの秋霖(しゅうりん)がやってきています。
九州では豪雨で冠水するところも出てきたようです。
このあいだ、ドラえもんで人間が液体化したり気化したり固形になったりする薬の話を放送していました。
人間がだらーんと液体になる。
逆に、雨が自由に気化したり固形になったりしたら、便利でしょうね。
手を振っただけで冠水がすべて蒸発して雲になる。
なんだか夢のようです。

世の中には、毒の水を飲んで死んだ妹を持ちながら
それでも生きるためにその水を飲む人もいます。
日本で水を持て余しているかと思うと
外国では乾きで水を欲している人たちもいる。
適度に水を分配するってこと、できないのでしょうか……。
自分自身を蒸発させてイタズラをしまくるのび太を見ながら、
ドラえもんの世界では、なんのために身体を気化させたり
液体にさせたりする薬が発明されたのかと
疑問を感じたりします。
わたし、マジメすぎ? (笑)

ドラえもんは、SFというよりはファンタジー寄りです。
国民的マンガということで、日本アニメの代名詞みたいになってます。
昭和の幸せな時代のアニメ。
平成ではちびまる子ちゃんが国民的マンガになるんでしょう。
令和ではなになるのかな?

突然雷が落ちるように、災いもやってきます。
人為的なテロ活動もありますから、今後のアニメ界も、油断がなりません。
雨降って地固まるになるようにお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です