サイゼリヤと日本の将来

今年の八月二十日に、名古屋の友だちといっしょにサイゼリヤへ行きました。今日の昼食もサイゼリヤ。義母と行くのは、三年ぶりぐらいでしょうか。
オサレ~な雰囲気の店で、メニューも、イタリア料理なので、ちょっとばかり、高級なイメージ。なのに、安い。
そんなサイゼリヤにも、人手不足の波が押し寄せ、名古屋市中区では外国人が給仕しておりました。広島の西部では、まだまだ、そこまで行っていないかもしれず、名古屋の方が、都会です(方言は、『だがねー』だけど!)

ところで、人手不足が日本の将来を奪っている、とする雑誌の記事を見たことがあります。80年代の人手不足のときは、ドイツは移民で、日本は「工場の無人化」で対処して、日本車をバンバン売った。
現状、日本は外国人を受け容れることによって、AIなどの技術を磨くチャンスを棒に振っているというわけですが、すでに外国人は、重要な労働力になっているのでした。
外国人を労働力としてではなく、人間として見て欲しい、という声もあります。
企業の裁量ひとつで、どうにでもなる弱い立場の人たち。日本に夢を抱いていたのに、差別されて苦しんでいる人たち。
日本人も、変わらねばならないのでしょう。
方言で苦労しているであろう、かれらの身になって、話す機会があったら、仕事や家庭、健康などの相談に乗ってあげられるといいな、と思ったりもします。

ダイエットと外国人

スポーツセンターに行く途中、
自転車で学校の前を通り過ぎると、
白人男性に話しかけられました。
「おはようございます!」
日本語です!
目が青いのに!

その前の日には、黒人女性から、
「おはようございます!」
と叫ばれました。
黒い目がキラキラしています。
その外国人たちの背後では、
学生たちが物珍しそうに、
わたしを眺めているのでした。
どうやら、その学校の先生のようです。
学校はたぶん、中学か高校でしょう。

行く途中で学生に出会うのは、登校時間とかち合うためです。
8:30までにスポーツセンターへ行っていた9月ごろは、
意外と学生さんと遭遇することがありました。
スポーツセンターは、7月・8月・9月一杯までは、
8:30から開所します。
それ以外の10月から6月一杯までは、
9時から開所になります。

8月14日からスポーツセンターに行ってます。
帰宅途中の景色も、さまざまに変化しています。
スイカズラの咲くしゃれたマンション。
ゴールデンリトリバーを連れて、散歩しているおじさん。
空ではカモメが舞い飛びます。
神社の前には、「ここは横断しちゃいけません」
と書かれた横断幕もあります。

大きな公園が途中にあって、そこでは海賊船のジャングルジムも。
夏休みの時には、幼稚園児たちが
足に水浴びをしていました。
公園に立ち寄って、ハリポタ魔法同盟をやってると、
「みてみて」
少年の声に振り向くと、バッタ型にした草を見せてくれました。
くだらねーので無視してやったぜ(笑)

ダイエットも、もう3ヶ月目に入ろうとしています。
なにか、知りたいことがあったら、答えられる範囲でお答えします。
ご意見など、よろしくお願いします。

教育と弁当

台湾の子が、朝日新聞に、昼食に持参する弁当を学校で温めないのは変だ、という投書をしていた。台湾では弁当を蒸す機械が学校にあるそうだ。
電子レンジでチンして食べるのはコンビニでおなじみだが、学校では冷たい弁当しか食べたことはない。台湾人から見れば、子どもが気の毒だと言いたいのかもしれないが、別な角度から見ればそうでもない。
弁当を温めることを前提にしたら、キャラ弁などのカラフルな弁当よりは、温めやすい弁当になる。母親としては、手間がまた増える可能性もある。子どもの方も、学校生活がそれで充実するかどうかわからない。いじめは相変わらずあるだろうから、温める機械をめぐって、陰湿なやりとりがある可能性だって否定できない。学校がつまんない人には、苦痛が増えるだけだ。
とはいえ、温かい弁当というのは魅力的だ。冷たいご飯を口にするより、口の中でほろりと甘みが感じられて、ひとときでも学校生活が豊かになるだろう。問題は、そんな機械を入れる器量が、教育委員会にあるかどうか。教育改革の叫ばれる昨今、柔らかな発想と柔軟な対処という言葉は、教育界には存在しないのだとわたしには思えてならない。

秋の雨

季節外れの秋霖(しゅうりん)がやってきています。
九州では豪雨で冠水するところも出てきたようです。
このあいだ、ドラえもんで人間が液体化したり気化したり固形になったりする薬の話を放送していました。
人間がだらーんと液体になる。
逆に、雨が自由に気化したり固形になったりしたら、便利でしょうね。
手を振っただけで冠水がすべて蒸発して雲になる。
なんだか夢のようです。

世の中には、毒の水を飲んで死んだ妹を持ちながら
それでも生きるためにその水を飲む人もいます。
日本で水を持て余しているかと思うと
外国では乾きで水を欲している人たちもいる。
適度に水を分配するってこと、できないのでしょうか……。
自分自身を蒸発させてイタズラをしまくるのび太を見ながら、
ドラえもんの世界では、なんのために身体を気化させたり
液体にさせたりする薬が発明されたのかと
疑問を感じたりします。
わたし、マジメすぎ? (笑)

ドラえもんは、SFというよりはファンタジー寄りです。
国民的マンガということで、日本アニメの代名詞みたいになってます。
昭和の幸せな時代のアニメ。
平成ではちびまる子ちゃんが国民的マンガになるんでしょう。
令和ではなになるのかな?

突然雷が落ちるように、災いもやってきます。
人為的なテロ活動もありますから、今後のアニメ界も、油断がなりません。
雨降って地固まるになるようにお祈りしています。

義父について思うこと

霊園に到着しました。詳細は『セルバンテス』にあるとおりですが、ここでは別のことを書きます。
義父については、悪いことしか聞いていないのです。ひねくれて言うわけではありませんが、どんな人間でも、いいところはあるはずです。死んだことを悲しむどころか、お金が入ってよかったと喜ばれるようなことをした義父だって、いいところはあったはず。一度ならず、二度も結婚できたんですからね。(両方とも離婚に終わったけれど……)。
一人きりで死んださびしい老人。ホスピスの人たちは、義父をどう思っていたのでしょうか。
聞いてみたいような、聞きたくないような、複雑な気持ちになりました。

『クリスマス・カロル』というチャールズ・ディケンズの小説があります。お金のことしか考えないケチの大金持ちが、死んだ友だちから紹介された過去の精霊・現在の精霊・未来の精霊に触発されて、心を入れ替える話です。19世紀に時間旅行モノを書いたディケンズもすごいですが、金持ちがどんなに嫌われているかという描写がリアルで、義父のことと共通する なにか を思わせます。

人間は変われる。どんな人間でも、変われるのです。それを思うと、妹もいずれは、という期待が胸にこみあげてくるのです。

墓参りに行ってきました。03 蒙古タンメン中本

東京から品川へ着いて、駅前近くにある蒙古タンメン中本へ行きます。品川駅前は、思ったよりビジネス街ではありません。神社があったりして、庶民的。
そのラーメン街地下にある蒙古タンメン中本は、タンメンの店としてはかなり有名で、食べている人は地元の人が多数見受けられました。11時から開いており、食べたのは11時5分頃。いつもは並んでいるけど席が空いています。食券を買ってテーブルに座ります。どんな麺が来るでしょうか。
黒地で背中に白い○と白字の誠が書かれたTシャツを着た店員さんが「お客さま来られましたー」「お客さまお帰りでーす」と声をかけています。ラーメンはすぐ来ました。味噌ラーメンに麻婆豆腐の餡がたっぷり。
ちょっと混ぜてから食べたんですが。
「うぐっ。げほっ。ぐががが!」
口から火が出るかと言うほど辛い!
思わずむせてしまったほどです。
麺は白くてつるつるシコシコしており、ひとくちごとに旨みがじわっ! おいしいんです!
Instagramにこのタンメンの写真を投稿。
イイネをゲットしました(喜)
食べ終わる頃には、汗が目の中にはいってきました。額には玉の汗。夫がハンカチをだして拭いてくれました。
これで辛さが5倍。最高の辛さ、『北極』はどんなだろうと思うと、めまいがします。
蒙古タンメン

墓参りに行ってきました。 02

曇り空の岡山を通ります。岡山駅前ではビックカメラのビルがでーんと建っていました。
「昨夜、変な夢を見たのよ」
わたしは、夫に言いました。
「わたしが宇宙船に乗り込んで、遺言状を作ってパソコンに保存したんだけど、それがクジになっていて、ボタンを押すとたくさんの遺言状のうちからひとつが選ばれて出てくるの。
アタリが出ると、百億円の遺産がもらえるんだけど、ハズレだと百億円の借金がもらえるわけよ」
「きみには子どもがいないだろ、だれが相続するんだよ」
「妹がいるもん」
「あーそーか……」
品川へは午前10時56分に着くようです。品川で蒙古タンメンを食べるぞ、とわたしはウキウキ。気の進まない墓参りでも、グルメな目的があるとちょっと違いますよね。
岡山から乗り込んできた男性は、後頭部を刈り上げ、ワイシャツを着て、ビジネスカバンの中からノートパソコンを取り出して、書類を整理し始めています。わざわざこんなところで仕事をしなくてもいいのに……。
離れた席で作業していたので、どんな仕事なのかはよく見えませんでしたが、営業か技術者なのかな、と考えていました。

何気なく新幹線の窓外をながめると、ちょうど姫路近くでは、山の中に錆びた観覧車を見つけました。いまも動いているのだろうかと首をかしげました。

墓参りに行ってきました。(01)

8月20日(火)、午前5時に起きて朝食をとり、夫とともに5時50分頃タクシーでJRの駅まで行くとタクシーの運ちゃんに、
「最近、公民館に行かないんですか?」

わたしは合唱サークルに行くときに、義母とともに毎週タクシーを呼ぶんですが、しっかりわたしらのことを覚えていたんですね。
夫は、「きみが愛嬌あってフレンドリーだからだ!」
とうれしそうなんです。今から千葉にお墓参りに行くのに、わたしのほうが目立ってどうするんだと思ってしまいました。

パラパラと降っていた雨は、広島駅に着く頃は、すごい雨になってきました。KIOSKでペットボトル水を買った夫を見ながら、千葉までの道のりを想像して、気持ちがブルーになっているのです。
そんなわたしの気持ちも知らず、夫はムダに明るい口調で、
「猫のミカサにゃんの飼い主のツイッターが面白い」
ツイッターを見せてくれていました。
ミカサにゃんというのは、三毛猫の名前です。その猫の飼い主(女性)は、動物嫌いの猫アレルギー。なぜか猫を飼うハメになって、以来ツイッターでその猫の生態を投稿中。
少し、ホッとしました。これから行く墓参りは、進んで行きたくなかったからです。夫が元気そうでよかった。

ひょうきんな火田先生

2019/08/16 自サイト ひょうきんな火田先生
うちの合唱サークル、プチマァムで指導にあたっている
声楽家の火田先生(仮名)は、ひょうきんです。

今回のギャグは、こんな感じでした。

合唱曲のひとつ、フランスの歌として歌われる
「おお、シャンゼリゼ」
では、Nさんを含む代表3人組がシルクハットをかぶって
最前列でダンスをします。
ところがNさんは、ダンスが始まってもシルクハットをビニール袋にいれてました。
先生がそれを叱ったので、わたしは、
「でも、Nさんはちゃんと用意してましたから」
と茶々を入れてしまいました。
すると、先生は突然、Nさんのビニール袋を、
頭にひょいっと載せて、
「こんな感じで踊るの?」
とダンスを始めるのでした……

思わず噴き出してしまいましたが、
叱っていてもユーモアを忘れない
火田先生は面白い人です。

気まぐれで忘れっぽくて
感情的なところが多々あるためか、
古参の会員は全員やめてしまいました。
火田先生はめげてしまうかな、と
心配していましたが、
「わたしには歌がある!」
と吹っ切ってしまいました。

独身を貫く強い個性の女性、火田先生。
見ていて飽きない人です。
今後も観察を続けよう、と思ってます。

『ゲーテとの対話』(上)を読む

「いつかは目標に通じる歩みを一歩一歩と運んでいくのでは足りない。その一歩一歩が目標なのだし、一歩そのものが価値あるものでなければならない」
(ゲーテとの対話 上 P68  山下肇訳 より)
水木しげる展で、水木先生がゲーテにハマっていたという話がありました。
それで、ゲーテとの対話(上)を図書館で借りて読むことにしました。
そのなかで、出会ったのがこの言葉。

一歩づつを目標だなんて、考えもしてませんでした。
いままでわたしは、なにをしていたんだろう。
思い起こせば、寝てばかりいた30年間。
起きているときはネットゲームにうつつをぬかし、
ミッションなどをしては喜んでいました。
そのミッションでなにを得たのかと言えば
珍しいモニュメントが、広島にもたくさんあるという事実。
価値のある一歩かもしれませんが
それで学んだことを活かせていない。

自分で決めた目標があるのなら、
それに向かって努力しなくちゃいけない、
ということなのでしょうが
芥川賞なんて遠すぎるし
直木賞なんて柄じゃないし
結局、なにを目指したらいいのかわからない。
それでも、ひとつぐらいは発表したい作品がある。
がんばろう、と気持ちが奮い立ちました。

ありがとう、ゲーテさん!