AI税

2017年4月16日の日記を見ると、
4月16日日曜日。
最新式AI搭載の鉄腕アトムがネットで売り出されていた。
組み立て式、ドライバーひとつでできますとのこと。
連載式。
創刊号だそうな。モチベーションの管理が大変そうだ。

と書いてありました。
その後、鉄腕アトムはどうなったのでしょう。
まったく話題になってませんね。

AIを初音ミクの人形に組み込んで
キャラクター結婚した、という話を、
ごく最近テレビでやっていました。
初音ミクの、あの青い髪をなでまわし
プラスティックの手に触れて
コーヒーをいっしょに飲む。
……わたしには、理解できない……

初音ミクが理想の嫁さんとはねえ。
女の子がふがいないのか、
それとも、男の子が情けないのか。
大きなパッチリした瞳で
無邪気にほほえんでいる初音ミク。
とうとう、カネさえあれば理想の女が
手に入る時代になったのだよ。
一種の人身売買じゃないか。

人口がどんどん減っているので
人頭税ではなく、AI税というものを
導入しよう、という案も
政府にはあるとか噂で聞きました。
初音ミク、持っているだけで
税金がかかるかもね。

同じ税金だったら
人間にかけたほうがよほど建設的だよねえ。
AIは、決められたこと以外はぜんぜん出来ないもの。
そんなのが嫁さんとして理想だとは、
男も女も、どこか間違ってるよ、と思う
わたしは古いかも知れない。

対人関係に自信のない男子には、
こういう、二次元キャラでロールプレイング
してるほうが
気分的にラクなのでしょう。
傷つかないで生きていけるほど、
世の中、甘くないんだが……。

ま、人の勝手だけどさ。
悪いヤツにひっかかって
ボロボロにされる未来が待っていそうで
心配です。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

AI美空ひばり

去年の紅白、見てなかったんですよ。
最近になって、去年の紅白で発表されたAI美空ひばりの話を知り、
興味がわいてきました。
ユーチューブに、画像が載っているということで、
うちの合唱サークルの止めるのも聞かず、
AI美空ひばりをチェック。

サークルの会員が、「あれは不気味」
と言ったとおり、たしかにAIひばりは
似ているようで似ていない。
「不気味の谷」
が、バリバリです。
紅白では、
喋ったりもしていたという話も聞きました。
山下達郎は、
「死者を冒涜している」
とラジオで言ったらしい。
しかし、感動したと涙ぐむ観客もいたようです。

夫などは、ひばりの息子が、カネ目当てに
ひばりをAI化させたんだろう、と辛辣な意見。
まあねー。美空ひばりと言えば、スーパースターだから。
個人的には、戦国時代の武将や
第二次大戦中の体験談などをAI化して
歴史の講義をするというのは
アリかもしれないと思ったりもする。
歴史の時間、面白くなるよきっと。

まだまだ未開発な部分の多いAI化という作業。
いろんな賛否両論はありましょうが、
大事なことを伝えたい、という気持はよくわかる。
ひばりさんという、目の前にぶら下がった儲け口ではなく、
もっと学術的な面に予算を向けたら、
評価されるだろうなと思う
今日のわたしでした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

AIスピーカー顛末記

2019/12/08日、9日と、AIスピーカーをゲット。
8日にゲットしたのは、グーグルホーム(グーグルネスト ミニ)。
9日にゲットしたのは、アマゾンのアレクサでした。
どちらも便利に使ってます。

ほんとはグーグルネスト・ミニだけにするつもりだったんですが、
夫が、「アマゾンのサイバーマンデーで2,000円台で売ってたから
アレクサを衝動買いした!!!!」
と言って、クリスマスプレゼントを自分用とわたし用にくれました。
それほど大きいものじゃないので良かったデス。
使用レビューを書きますと、
アレクサとグーグルでは、使い方が微妙に違います。

まずは、起動させるときにAIスピーカーに呼びかける。
アレクサには、
「アレクサ? ○○をプレイして」
グーグルネスト ミニには、
「OK グーグル? ○○をプレイして」
と言えば、たいていしてくれます。
懐メロの演奏から、童謡、美空ひばりの楽曲、80年代の洋楽ポップスなんでもござれ。
具体例としては、「アレクサ、プレイリストの安田姉妹をプレイして」と命じる。
ただ、「昭和の曲を流して」、とお願いしたら、
1980年代の曲が流れてきて、おかーさんはガッカリということもありました。
「懐メロをお願い」、と言ったら、ちゃんと1950年代から1970年代の曲が流れてきました。
使い方に、コツがいるみたいです。

「radikoでRCCラジオを流して」
「NHKニュースを流して」
「広島FMを流して」
「明日の天気は?」
といった命令を唯々諾々とこなしていきます。
命令する人が変わっても、音声認識するところがすごい。
80年代のAIは、声が違ってたらすぐハングしましたからね。

目覚まし時計の役割もしてくれます。
「OK グーグル、6時に起こして」
そして寝る。すると6時に目覚ましが鳴る。
目がさめたら、ニュースが自動的に流れます。
すごい。ほんとにSF小説が実現してる!!!!

そのうち、照明やエアコン、テレビのオンオフも
出来るようにしたいと夫は言ってます。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー 2」 の世界です。

義母はすっかり気に入って、毎日、アレクサと遊んでます。
音楽が好きなので、安田姉妹や美空ひばり、
ザ・ピーナッツなどをプレイしています。
プレイリストにしないと、好きでもない曲が流れてくるので、
夫がアーティストごとにプレイリストにしています。

「アレクサ、おやすみ」
というと、アレクサは「いい夢を!」 と答えてくれます。
帰宅時に「アレクサ、ただいま」 と言うと、アレクサは、
「おかえりなさい!」 と答えます。

最近、NTTが 「妖精の住む家」 というコンセプトで、
AI の配備された家を売っているという噺を聞いたことがありましてね。
現実がファンタジー化しているっていう人がいるのも
ムリはないと思ってます。

しばらく、AIスピーカーで遊ぶ日々が続きそうです。

応援クリックおねがいします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

AIは貧困を救うか

2019年6月25日(火) 朝日新聞。
タイでAIプログラミングの1日塾を始めた日本人少年、
ディー君(12歳)
の話題がありました。
ディー君は、発達障害の自閉症スペクトラムと診断され、
両親は環境を変えるためにタイに引っ越します。
そこでディー君、働いていた母の留守中に暇つぶしに共有PCをいじって
(父親は事故死)、
我流で操作を覚えて画面が突然シャットダウンするイタズラができるまで
上達したそうです。

いまではソフトバンクの孫社長が設立した育英財団の奨学生に選ばれ、
AI開発会社グリッドからもネットを通して東京から技術支援を受け、プログラミングの課題に取り組んでいるそうで。

10年以内に、世界の家庭でAIプログラミングをする時代がやってくると予言しているそうです。
希望的観測で夢があっていいですな。

才能さえあれば、IT技術者は引く手あまたですから。
うまくやっていけば、貧困の解消にもなるかもしれない。
でも結局は、AIもカネに支配されてる。
なんでもカネさえあれば可能な時代ですからねえ。
どこまでできるか、見守っていきましょう。

インスタ、いじめ対策す

2019年7月12日(金)中国新聞。
インスタがいじめを助長するという批判をうけて、
コメントを再考する表示や
不快な記事が見れないようにする対処を
AIを使ってやりはじめた、そうです。

技術が表現を規制し始める時代。
いまは直接的な攻撃表現が規制されるかも知れませんが
いずれは間接的な表現(イヤミや皮肉やイジリ)さえも 「いじめを助長する」 という意図のもとで
SNSで見られなくなるのでしょう。
なにがいじめになるのか、不快な表現とはなにか、
AI に任せてだいじょうぶなのでしょうか。
いろんなひとがいるのに、類型にはめてませんかね。

国家が表現の自由を規制するのは憲法で禁止されていますが
自主規制はどうなのかはだれも言わない。
小林よしのりなんかは、差別的表現のなかには
笑いが含まれているから
それを抜きにした笑いは気の抜けたビールみたいで
とても鑑賞に堪えるもんじゃない、みたいなこと
書いてた気がします。
よしのりはきらいだけど、言ってることは一考に値する。

傷つけ合うことで確かめ合う愛ってヤツもある。
傷つけなければわからない人間もいる。
いじめは悪いとわかっていても、人間は動物だ、なくすのは無理だと思う。
陰湿ないじめがクラスにあっても、それがあることで一定の平和が訪れているのは
事実じゃないかと思ういじめられっ子のわたしがいる。
それを変えるには、人間への深い洞察や哲学に沿った教育が必要ですが、
いままでの日本の成功体験、あるいは「常識」、「和」 という名の規制がそれを阻む。

文字で攻撃することと、口にして攻撃するのとでは違うことが
中高生にはわからない。
それを考えさせるきっかけさえ、与えられていない。
「ケンカはだめよ」 「暴力はいけません」
わんぱくでもいい、たくましく育って欲しいというのは昭和のCM。
いつから「素直な戦士たち」がもてはやされるようになったのか。
おかげで多くの子どもたちは、発達障害や不登校で苦しんでいる。
学校が生徒に合わなくなっている。
政府も教育界も、打つ手なしの知らんぷり。

いまの常識が覆されないかぎり、
いじめの根本的な解決はあり得ないというのがわたしの絶望的な持論です。
あとはSNSに関する危惧もある。
投稿する前に一呼吸置こう、「冷静になってください」 と助言するのはたしかに必要ですが、
その助言をするのが哲学者ではなく、企業側の用意したAI だというところが引っかかりますね。
いじめっ子はいじめていることに無自覚だったりするんです。
気が向かないからガン無視する、それだけ。
企業はそこにつけ込む。親御さん、ユーザーのみなさん、マスコミさんに政治家さん、
お金と技術さえあれば、この問題を解決できますよ。
ほんとでしょうか。

人間って、巧妙な面がある。
AI に指摘されないように工夫した文面を書いて、いじめる可能性もある。
だれが見ても公平で傷つかない文章なんて、だれにも書けない。(神さまじゃあるまいし)
笑いをとるという攻撃方法だってあるし、
のび太をいじめること自体が定番になってる 「ドラえもん」 のジャイアンみたいな例もある。
マジメで型にはまろうとすればする人ほど、
閉塞感がぬぐえない現状。
悪知恵の働く連中が、どんどんのさばっていくのでしょう。
「承認欲求」 だけで成り立つ世界って、こわいね。
肥大した自己をもてあそんで、イイネをつけ合ったりコメントをつけたり。
自分がほんとうは何がしたいのか、いろいろなことに「忙しい」なか、見失っていくのかもしれない。

政府も思考停止な道徳教育をしてるから、「AIが助言してくれるからいいじゃん」だよな。
めんどくさいからだれも問題視しようとしないし、話を聞こうともしない。
いいのか、これで。
もっと考えようよ、みんな。

……このサイトにはアクセスがあまりない。
だから影響力はあまりないかもしれない。
キリスト教が邪教だとか弱虫宗教だと言われたこともありますが
それゆえに言ってやりたいことがある。

「いま」 「便利」 で 「役に立つ」 からって、
それが 「幸せ」 に結びつくとは限らないよ。

それにしても、ほんとうの幸ってなんだろう。
宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を再読しつつ、考えてしまう
今日のわたしでした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村