蘇生中止容認 13消防本部

2019年6月25日の朝日新聞です。2面に亘って記事が書いてあります。
 自宅や高齢者施設で最期を迎える人が増える中、
 心肺停止になった際に家族らが119番通報して
 駆けつけた救急隊に心臓マッサージなどの
 蘇生処置を断るケースが相次いでいる。その際、
 都市部の消防本部の25%が条件付きで蘇生中止を認めていることが、
 朝日新聞の調査でわかった。
 中止容認に向け検討を進める本部もあり、広がりをみせる。だが中止について
 国のルールはなく、救命が使命と考える隊員は、ときに強く葛藤する。

 と書いてありました(第一面です)。心臓マッサージのふりして搬送するって。
 第2面では、国の基準を求める声があると書いてありました
 人間が『死』を選択する時代です。
 生前にどんなに本人が安楽死を求めても、国は認めてないから
 ムリな治療で長生きさせられて、苦しんで死ぬハメになる。
 ERという番組は、わたしは好きではなかったですが、
 やってることは立派だと思ってました。
 思い出すことが色々で、イヤなところもあったけどねえ。

 死というものは、自然なことであるから、毎日覚悟しなくちゃ、
 と偉い人は言いますが、
 死ぬのはこわいです。いやです。きらいです。
 死ぬのがこわいのは、だれもその先になにがあるか、
 見てきた人がいないからです。
 お花畑とか三途の川っていうけど。
 脳が幻覚をみているという科学者もいる。
 聖書では、死後の復活を標榜していますが、
 それも 信じるモノのみという限定商品。
 相性の合わない人といっしょに復活したら
 目も当てられないよねー。
 と思う今日のわたしでした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

下味冷凍 夏こそ

2019年6月24日(月) 朝日新聞。
食材と調味料を保存袋に入れて冷凍するだけ。
保存長く、時短調理に――と書いてありました。
レシピも書いてあります。
鳥もも肉とおろしニンニク、醤油、みりん、砂糖を加え、
袋の上から揉み込む というちょー簡単料理。
忙しい主婦にはピッタリです。

ただ、うちの場合は義母が鶏肉が嫌いでね……。
ブロイラーが嫌いなんです、軍鶏や地鶏は好きなんだけど。
「味がぶよぶよしてるから嫌い」
義母のことばを借りるとそうなりますが、
軍鶏は高いよ、近所に売ってないよ!
義母は味にはうるさい人です。
同居していて、最初の頃は、
わたしが恐怖料理作ってたので、
ぎゃーっと叫んでました。
すんません。

下味冷凍の話に戻ります。
下味を付けて冷凍するだけというのは、メリットもありますが、
コツや注意点もあります。
食材が新鮮なうちに冷凍すること。
冷凍用保存袋などを使って、空気を抜きしっかり密封。
霜や乾燥、におい移りを防ぐ。
薄く平らにして素早く凍らせる。食品へのダメージを防ぐ
解凍についても記事がありますが、あんまり書くと著作権に触れそう。

毎回ご飯の用意には頭を悩ましているので、
新聞の助言はありがたいです。
といっても、わたしは新聞を取っているのではなく、
公民館から新聞ネタをゲットしているのでした!
メモするの、大変なんだよ。毎週水曜日に公民館にお邪魔してる。
午後はつかれてばたんきゅー。
それでも続ける日々の事柄。
夫が楽しみにしてるんで、やめられないんだよねー。
負担なんだが、仕方ない。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

「働く女は、結局中身、オスである。」

今回は、ジェンダーについてです。
2019年6月22日の朝日新聞で、『働く=男』 透ける決めつけ
とタイトルで、小学館の女性誌ドマーニのコピー、
「働く女は、結局中身、オスである。」
がネットでの批判を受けて、
「炎上」する事例があったそうです。
「女性差別をあおりかねない」 「不快だ」
という声のほかに、
「そこまで批判するほどのことか」
「なぜ炎上するのかわからない」
という反論もあるそうです。

批判された側は、表現の自由を口にし、
批判する側は、批判の自由を口にする。
でも朝日新聞の論説では、
憲法で保障しているのは、「国家が表現を規制しない」 という意味であって、
企業が何を言おうと自由だし、
個人がそれに対して好き嫌いを表現するのも、
自由だと言っています。

ある人びとを不快にさせる表現で注目させるという手口は、広告としては三流ですが、
こうして新聞に取り上げられているんだから、成功していると言えるでしょう。
わたしもひとの感情をさかなでして喜ぶ悪いクセがある。
キラワレルよ、と夫から言われてます。反省しきり。
でも、欠点のいない人間なんていない。
おおらかに許してくれる夫って、すごいのかな。

そんなわたしの解釈を申しますと、
「働く女は、結局中身、オスである。」
逆に言えば、
働かない女は、結局中身、オス以外である。ということですね。
では聞きましょう。
働く、の本質とはなにか。その意味することはどういうことか。
専業主婦(主夫)にだって家事労働があります。
身の回りのこともせず、旅行だグルメだSNSだサークル活動だと
働かないで消費ばかりしている人の中身が、メスであるというのなら
怠け者のお金持ちしかメスはいないんだね。と思ったり。
働くのは男性だけという差別的意味も含まれているかも知れませんが、
わたしには、格差社会という要素も視野に入れたい。
そして、さらに、男社会になじもうと必死の女性や性的マイノリティたちには
エールを送りたいと思ってます。
男以外という個性を、日本社会は受け付けてくれませんから。

どういう意図でこのコピーが作られたのかは知りませんが、わたしは素直に感心しました。
「大企業ってノンキねえ、
不買運動されたら困るのはそっちだろうに」
わたしにはお金もないし、こんな三流広告しか出せない雑誌には
興味もありませんが、ドマーニって名前は覚えました。

宣伝って、怖いですよね。わたしはコピーライターでなくて良かったです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

手強い一族、その名は

2019年6月14日(金)、朝日新聞より。
益田ミリさんの、「オトナになった女子たちへ」というコラムを読みました。
「旅先の金沢で外国の旅行者に道を聞かれた。
あたふたしてしまい「とても遠い」としか英語で答えられず、
まったく役に立たなかったわたし」
土地勘がないためもあるけど、
ほかに教えられたはずなのに後悔しきりと書いてあります。

日本人が親切でやさしい、というのは、こういうところかもしれません。
行きがかり上でも、つい、道を教えてしまう。
わたしなんか、知らん顔ですよ(笑)
だって英語が使えないもんね(ESS入ってたのに……
English Speaking Society
ならぬ
Eating Sleeping Society
だった短大の頃……TT)

ところで、そんな彼女の仲間にも、
「全部言う族」という、ぶっちゃけ、興ざめな一族がいるそうです。
言わぬが花って、世阿弥も言ってますが、
全部言う族は、とにかく、全部言っちゃう。
察してあげられることでも、
ぜーんぶ言っちゃう。
それでミリさんは傷ついてしまう。

日本人って、繊細だと思うコラムでした。
英語圏の人には、たぶん、わからん感覚に違いない。
で、全部言う族は、英語教育の犠牲者なのでしょう。
日本の美徳って、伝えるのは難しい。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

就活新ルール 実効性なし?

2019年3月27日の朝日新聞です。
2021年春入社組となるいまの大学2年生を対象とした
就職活動の新ルールが固まり、
政府が26日、企業に守るよう呼びかけをはじめた。
ただ、スケジュールは今と変わらず罰則もない。
ルールの形骸化が進む現状は変わらないとみられ、
活動時期の目安としての役割にとどまりそうだ。

と、書いてありました。
罰則がないのにルールを守らせよう、というのはおかしな話です。
なにかメリットがあるのなら別ですが、ルールを守ったところで
いい人材が来るとは限らないわけです。
実際、この朝日新聞にも、
政府ルールについて、現2年生の男性(20)は、
「今も守られていないので、なにも変わらないと思っている」
と厳しい意見。

それにしても、なんで新卒ばかり採りたがるんでしょうね。
社風に合わせやすい、というのが理屈ですが、
働き方改革で、社風も変えていかねばならない時期のはず。
古式蒼然としたやり方で、今後の早い時代の流れに
ついていけるのかと心配になります。

それに、企業は失敗を恐れてるから。
手堅い新人を狙うのかもしれない。
わたしのように、仕事から離れて何十年のひとを
雇う余裕なんてないんだろうな。

新ルールが目安にしかならないんだったら、やってもムダじゃん。
こんな政府に税金を払わねばならないとは、
情けなくてなみだが出てくる。
しがらみから抜けて、ほんとうに国民のための施政をしてください。