朗読会へ、行ってきた! (最終回)

2019/11/30、朗読会へ行ってきました。
全部で7話、朗読されていました。今日はその感想(最終回)です。

井伏鱒二 『遅い訪問』。(『夜ふけと梅の花 山椒魚』講談社文芸文庫)

あのポストが状差しというものだと初めて知りました。
それにしても、「私」ってセコい。
いくら失職したからって、古い学生証で図書館を利用するなんて。
娯楽のない時代だから、本を読むしかなかったんでしょうけど。
ともかく、その近くの学生のたまり場で、いろは順(時代だね)
に並べられた状差しを見た「私」 は、4、5年前の女からの手紙に
誘われて、ただで下宿してくれるというその場所へと赴きます。

井伏鱒二は、実は 『ドリトル先生』シリーズの翻訳で知っていました。
小学四年の頃だったかな。
「おじいさんが子どもだった頃」
という出だしを、いまだに覚えています。
やわらかな、やさしい語り口でした。
ドリトル先生は、知っているとおり、動物語の話せる人間のお医者さんです。
この「私」 は、失職して、ヒマを持てあましているようですが、
ドリトル先生は、忙しいったらないんです。
旅行ばかりしていましたねえ。

「私」 も、下宿先を訪れて、そこのおかみさんと
会話をするという展開になってます。
このおかみさん、どうも品がいいんですが、
ひとりっきりで子どもを亡くして、夫はいつ帰ってくるかわかんない。
だんだん、「私」 も、居心地が悪くなってきます。

なにしろおかみさんは、40代といっても美人さん。
青春まっさかりの 「私」 には、誘惑が多いかも。
それがまた、美人のおかみさんの態度が、
非の打ち所がないんですよねー。
惹かれてしまいそうです。
女の色香に迷う 「私」 のとまどいが、
ユーモアたっぷりに描かれています。

「ほんとにしばらくぶりでした!」
いや、初対面でしょう(笑)
苦笑しながらも、泥沼にはまりつつある 「私」 の
行く末が気になってしまいます。

玄関口のカマキリ虫の朗読を聞いて、
あの、タマゴを産んだらオスを食っちゃうという話を
連想しました。
それまで、のんきで、どちらかというと
お茶のみ話の延長みたいなストーリー展開だったのに、
このカマキリ虫のカギの話で、一気に
ゾッとする展開になりました。
このあたり、星新一に通じるものがある気がします。

女のこわさって、あるよね(自分も女ですが…… 笑)

ということで、今回で朗読会の話は、お終い。
来週は、宮島関連の話になる予定です。

お楽しみに!

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

朗読会へ、行ってきた! (その6/7)

2019/11/30、朗読会へ行ってきました。
全部で7話、朗読されていました。今日はその感想(6/7)です。

星新一 『人形』。(『ノックの音が』新潮文庫所収)
星新一は、中学生の頃に、100冊以上は読んだかも……。
でもこの話はすっかり忘れていました。
呪いの藁人形をモチーフに、意外などんでん返しが待っているという、
星新一のブラックなユーモアが、この話でも秀逸です。

この 『人形』 を聞きながら、わたしはふと、
この主人公を 笑えない自分に気づきました。
人形のように、絶対安全だと信じていたものに
裏切られることって、日常でもあるからです。

たとえば、原発など、どうでしょう。
絶対安全だとという神話を信じた人々。
そしてその神話のもと、文明のもたらす栄華を享受していたわたしたち。
あれこれ、万全を期してみたつもりだったのに、
いざ 蓋を開けてみたら……。

文明生活に慣れたわたしたちにとって、
元の生活に戻ることは、ほとんど不可能です。
ちょうど、金庫に閉じ込められた人形のようなもの。
これさえあれば、どうにかなると、
老婆のささやきのような 文明の利器――
テレビやラジオ、冷蔵庫や掃除機など、
使い勝手のいいものにおぼれています。

ですが。
電気が切れたら、すべて、おしまいなのです。
そこから脱出できない主人公を、わたしは笑えない。
文明の袋小路に入り込み、
したり顔して、「コンピュータは便利だな」
とか、「メールアドレス教えて」
とか、いろいろ無理難題を友だちに言っている。

「だんなさんは、どんな使い方をするかな?」
老婆の問いかけは、かなり皮肉が効いている気がします。
便利だ、楽しい、交流の場に使える。
だけど、いつの間にか、それに振り回される。
「使い方をする」 のではなく、
「使われる」ことになってしまう。

リサイクルの難しいプラスティックゴミ。
処理する方法が、一般的じゃない乾電池。
生産するばかりで、後始末は放り投げる。
金庫の中に放り込んで、安心する。

星新一の笑いは、毒がありますが
わたしは個人的には、好きですね。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

朗読会へ、行ってきた! (その5/7)

2019/11/30、朗読会へ行ってきました。
全部で7話、朗読されていました。今日はその感想(5/7)です。

あまんきみこ 『さよならの歌』 (『秋のおはなし』 三省堂所収)
朗読者のとなりには、竹とんぼの絵が飾られている。
竹とんぼで遊んだことはないけれど、この話の主人公も男の子も、いかにも嬉しそう。
竹とんぼへの憧憬が、全編に漂っています。
おじいさんの歌の、「とんぼになって 飛んで行け」 という歌が、
リフレインになってこだましているのでした。
ここに出てくる男の子。主人公の『ぼく』とどこかであったことがあるのか?
と思いつつ、とんぼの歌を歌って竹とんぼを男の子に手渡す 『ぼく』 の心は、
どこにあるのでしょうか?

どこか懐かしい景色。一度も見たことがないのに、既視感のある風景。
日常という平穏な中にも、おじいさんが倒れてボケはじめているというストーリー展開に、
平穏な生活もまた、波風とは無縁ではないことを実感させられます。

とんぼになって飛んで行け。
この竹とんぼは、もしかしたら、魂のことでしょうか。
どこから来て、どこへ行くのか。
空の彼方へ消えていく竹とんぼ。
自分がどこから来たのかも分からないのに、
生まれただの、死んだだのと騒ぐなと言ったのは
一休さんでしたが、
それでも、死別の悲しみは、どんな人でもついてまわる。

おじいさんは、幸せに死んだのだと思います。
未来を信じる孫と、明日のないおじいさん。
とんぼの歌は、その家にとっての、鎮魂歌なのでしょう。
男の子の過去と、『ぼく』 の現在が絡み合い、
ふしぎな空間が広がっていく。

目の前に、野っ原が広がっていって、
あおい、あおい空に、真っ赤なとんぼが
つうっと寄ってきて、そのまま彼方へ消えていくようで、
人生って、短い。
と、ふと、思ってしまうのです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

朗読会へ、行ってきた! (その4/7)

2019/11/30、朗読会へ行ってきました。
全部で7話、朗読されていました。今日はその感想(4/7)です。

朗読者のとなりには、提灯。

藤沢周平の『驟(はし)り雨』(新潮文庫所収)の朗読は、
冒頭が 芥川龍之介の『羅生門』を連想させました。
やはりどんな偉人でも、先人の足跡の影響は受けるんですね。

主人公は、過去に身重の妻を、病気で妻子もろとも失った過去を持つ盗人。
あらかじめ、盗みに入る家の下見をしに行くあたり、
ドキドキしましたね。
悪いコトって、自分が出来ないだけに、魅力的に感じます(笑)
この主人公は、禍福はあざなえる縄のごとし、ということを
知らない人なのです。
すごく、身近に感じます。

呪いたい人がいる。
その人は、なんと血を分けた妹。
息子がいるのが憎らしい。
わたしには、子どもがいないから。

自分がどれだけ幸せなのか、
客観的に見えれば明白だけど、どうしても引き比べてしまう。
自分はどれだけやっても、デビューできない。
「5回投稿してもダメだったら諦めろ」
という作家もいる。

嘉吉は、自分の不幸に目がくらみ、人のものを奪ってしまっている。
わたしも、自分の不幸に目がくらんでないだろうか?
他人の時間という財産を奪ってないか?

病弱な母と、いたいけない子と巡り会うことで、
嘉吉は自分が店に押し入ろうとしていたことを忘れ、
ふたりを助ける道を選びます。
ありがちな話だけど、やっぱり最後まで聞いちゃった。
人のために生きることで、生きる意味を感じる嘉吉のような人にとっては、
この母子は、まともな道に戻るきっかけになるのでは……。

人生って、何が起こるか分からないけど
けっきょく、終わりはいいもんだ。
希望を抱く終わり方でした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

朗読会へ、行ってきた! (その3/7)

2019/11/30、朗読会へ行ってきました。
全部で7話、朗読されていました。今日はその感想(3/7)です。

中島たい子 「おしるこ」(『スタートライン』幻冬舎文庫所収)
朗読者のとなりには、法事に使う花束のアイテム。
おしること、どう関係があるかと思ったら、お墓の前にある
和風喫茶店のおしるこの話だったのですね。

亡き夫の月命日に墓参してきたアキコさん。
夫が入るのを嫌がっていたその和風喫茶店に入ります。
店先には、おしるこ 780円の表示。
高めですね。和風喫茶店としては、ふつうなのかもですが。

もう夫はいないし、いちど行ってみよう、ということで
入ってみたら、葬儀場とか斎場とか、とにかくいかにも
それもんの雰囲気と似ていて、どこか寒々としているので
アキコさん少々、がっかり。

このアキコさん、いくつぐらいなのでしょうか。
気持ちが初々しくて、まるで20代の大学生みたいです。
おしるこを、薄い、薄いと言いつつ飲んでは、
夫の回想にふける。
店の主人と会話を交わして、「なかなかいい店じゃないの」
と気を取り直したり、と思ったら
1,000円のおしるこに気分を害してしまう。
(なにかと一緒に頼んだら、780円ですって平然と店主。
これって、詐欺同然だよね! わたしだって怒るよ 笑)

夫は正しすぎ、まじめすぎて、ストレスが溜まって病気になった……。
というところが、似たところのある人を夫にしているわたしには
身につまされる話でした。
夫が自分を好きなのは分かってるけど、
ときどき、ほんとうのわたしじゃなくて、
幻のわたしを好きなんじゃないだろうか、と思うことがある。
理屈っぽくて、一生懸命すぎる夫。
でも、そんな男でも、わたしの夫。

死んだから、かわいそうな人だとか思わなくていい、ということ。
父を亡くし、そのショックから立ち直れず、
父がどんな人だったのか、わからないままに、
いつのまにか、「かわいそうだったんだ」 と心の中で処理しようとしていた
わたしに気づいて、ドキっとしました。
かわいそうとか思うのは、一種の驕りなのでしょう。

アキコさんが、最後におしるこで立ち直って、
自分を取り戻すところは、
笑いながらも涙が出ました。
そして、この話に救われた自分を発見したのです。

いい話でした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

朗読会へ、行ってきた! (その2/7)

2019/11/30、朗読会へ行ってきました。
全部で7話、朗読されていました。今日はその感想(2/7)です。

夏目漱石 『夢十夜』 第六夜(『夢十夜・文鳥』ちくま文庫所収)
「こんな夢を見た」ではじまる夏目漱石の夢物語、第六弾。
朗読者の隣にある絵が、不思議でした。
人間の絵のようでしたが、なんの絵だったのでしょうか?

ともあれ、今回は、一度読んだことがある短編でした。
朗読しようとは考えもしなかったので、あらためて肉声で聞いてみると、
なかなか趣があると思います。

ヤマトタケルより仁王のほうが強いなんて。
天皇が絶対的存在になりつつあった明治の時代にあって、
神話的存在で、また、ヤマトという日本の名前までついている人物を、
仁王(金剛力士(こんごうりきし、仏教の護法善神(守護神)である天部の一つ。
サンスクリットでは「ヴァジュラパーニ」と言い、「金剛杵(こんごうしょ、仏敵を退散させる武器)
を持つもの」を意味する。)
という、外国の神さまと比較するあたりが、
夏目漱石の畏れを知らぬ態度を感じさせます。

夏目漱石は、ほんとうに身近で分かりやすい文体・文章書きますね。
運慶の偉大さ、立派さとその評価に対する漱石の関心がよく分かります。
仁王といえば運慶、らしいですから……。
このように、ダイナミックな文章を書きたい、と漱石は願っていたのでしょう。
自分が築き上げた地位や名誉よりももっと、
もっと上に行きたい、と願う向上心がひりひり感じられます。

彫刻は、誰にでも出来ると言われて、真に受けて、
じっさいに木で彫ろうとがんばる 『自分』 が、稚気あふれていて楽しい。
ここで、常識を働かせて、
「門外漢なんだからムリに決まってる」
と思わないところが、漱石なんです。
なにごとも、挑戦してしまう。
逃げ出さない。ひとつ失敗しても、諦めない。
何度も、なんども、やりなおす。

ついに、「明治の木には 仁王がない」
と結論づけるあたりは、
「キツネとぶどう」というイソップ童話を思い出しました。
みなさんご存じのとおり、
おいしそうなぶどうが木になっているのを見たキツネが、
木に跳びつくけど、実にはどうしても届かない。
キツネはついに、「どうせ酸っぱいぶどうさ」
と負け惜しみを言う、というお話です。
漱石の負けず嫌いなところ、このキツネにそっくり。
だからこそ、一流なのでしょう。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

朗読会へ、行ってきた! (その1/7)

2019/11/30、朗読会へ行ってきました。
全部で7話、朗読されていました。今日はその感想(1/7)です。

川上弘美 「蛇は穴に入る」(『どこまで行っても遠い町』新潮文庫所収)
職を転々としていた 『ぼく』 は、介護ヘルパーの資格を取って、
介護の仕事をすることになったのですが……

人と付き合うのが苦手なのに、
逆のことを面接で言って、上司にウソを見抜かれるシーンが
なかなか面白く感じました。
コミュ障ぎみの 『ぼく』 が、自分が甘えていると思いつつも、
そこから脱却できない・しないでいる。
ところが、その 『ぼく』 に転機が訪れます。
みねこさんとの出会いが、それでした。

みねこさんには、たつじさんという夫がいるんですが、
たつじさんは 「金遣いのきれいなひと」
というみねこさん。
表現はきれいだけど、本質はちょっとばかり、違いますね。
たつじさんは、マジメ一本槍の男と言うよりは、
昭和のおじさんが、そのまま年取ったという感じでした。
30年代の空気が、漂っています。
不器用な男の背中に、かるい憎しみを覚える、と言う 『ぼく』。
『ぼく』 はきっと、そんなおじさんに、嫉妬していたのかもしれません。

この作品のなかに挿入されていた、介護ヘルパーの女の子の漫画の話は、
わたしも見たことがあるような気がします。(チラ見ですが)
広島弁を、しゃべってなかったですか?
『ぼく』 は介護の世界で恋人を作りたい、と思ったのがきっかけなのでしょうが、
職場はそんな、甘いもんじゃなかったわけです。

これからどうやって生きていくのか?
三十八にもなって、やっと思春期みたいなことを考えだす、『ぼく』。
この話のラスト近くで、人生は尻切れとんぼと 『ぼく』 は言っていたけれど、
自分に与えられた疑問について、「あまっちょろく気長に考え続ける」
と覚悟をかためる 『ぼく』 の姿は、さわやかだ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村