「働く女は、結局中身、オスである。」

今回は、ジェンダーについてです。
2019年6月22日の朝日新聞で、『働く=男』 透ける決めつけ
とタイトルで、小学館の女性誌ドマーニのコピー、
「働く女は、結局中身、オスである。」
がネットでの批判を受けて、
「炎上」する事例があったそうです。
「女性差別をあおりかねない」 「不快だ」
という声のほかに、
「そこまで批判するほどのことか」
「なぜ炎上するのかわからない」
という反論もあるそうです。

批判された側は、表現の自由を口にし、
批判する側は、批判の自由を口にする。
でも朝日新聞の論説では、
憲法で保障しているのは、「国家が表現を規制しない」 という意味であって、
企業が何を言おうと自由だし、
個人がそれに対して好き嫌いを表現するのも、
自由だと言っています。

ある人びとを不快にさせる表現で注目させるという手口は、広告としては三流ですが、
こうして新聞に取り上げられているんだから、成功していると言えるでしょう。
わたしもひとの感情をさかなでして喜ぶ悪いクセがある。
キラワレルよ、と夫から言われてます。反省しきり。
でも、欠点のいない人間なんていない。
おおらかに許してくれる夫って、すごいのかな。

そんなわたしの解釈を申しますと、
「働く女は、結局中身、オスである。」
逆に言えば、
働かない女は、結局中身、オス以外である。ということですね。
では聞きましょう。
働く、の本質とはなにか。その意味することはどういうことか。
専業主婦(主夫)にだって家事労働があります。
身の回りのこともせず、旅行だグルメだSNSだサークル活動だと
働かないで消費ばかりしている人の中身が、メスであるというのなら
怠け者のお金持ちしかメスはいないんだね。と思ったり。
働くのは男性だけという差別的意味も含まれているかも知れませんが、
わたしには、格差社会という要素も視野に入れたい。
そして、さらに、男社会になじもうと必死の女性や性的マイノリティたちには
エールを送りたいと思ってます。
男以外という個性を、日本社会は受け付けてくれませんから。

どういう意図でこのコピーが作られたのかは知りませんが、わたしは素直に感心しました。
「大企業ってノンキねえ、
不買運動されたら困るのはそっちだろうに」
わたしにはお金もないし、こんな三流広告しか出せない雑誌には
興味もありませんが、ドマーニって名前は覚えました。

宣伝って、怖いですよね。わたしはコピーライターでなくて良かったです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

お知らせとジブリ論

みなさんにお知らせします。
ドラマのレジュメを中止します。
というのも、著作権法に触れていると指摘があったからです。(著作権法が改正されました)。

関連記事

ドラマ・映画のあらすじ・ネタバレはどこまでOKでどこから著作権侵害(違反)になる?

それでですね、今週は、岡田斗司夫の動画を見たよって話です。
創作論にも関わってくる話題です。
岡田斗司夫は、オタク文化の評論家をやっている人ですが、
4月7日のYouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=jc5n-OjI2qY
で、高畑勲が宮崎駿を痛烈に批判しているということを述べています。
岡田に言わせると、『平成狸合戦ぽんぽこ』 は、痛烈なアンチ・ファンタジーの物語。
『ぽんぽこ』 は、『ブレードランナー』である。
人間そっくりのものが、人間になろうとしてかなわない話。
それを通してわかることは、
岡田斗司夫のいうには、高畑勲は、
ファンタジーとは、現代の阿片である。害毒にしかならない、と思っていると指摘しています。
わたしが 『ぽんぽこ』 に違和感を感じていたのも、そのあたりだったのかもしれない。

多摩ニュータウンを妨害するため、狸たちが百鬼夜行するシーンで、
高畑勲は、宮崎駿のキャラクター(トトロなど)を「逆向きに行進させて」
宮崎駿を批判している、と岡田は言います。
自分のキャラクターは、少なくとも前向きに進んでいるが、
宮崎駿は、過去にこだわって前に進んでない、ってね。

作品にいろんな解釈ができるところが、名作の名作たるゆえんです。
高畑勲が自然保護のために 『ぽんぽこ』 を作ったのだ、という人もいれば、
社会動議ために作ったのだ、という人もいる。
アニメで世界を変えたい、と願った人々にとっては、
一時の娯楽にしか過ぎないアニメという現実に直面して、
絶望も感じたかも知れません。

娯楽作品を作ることで、世界を変えたい人たちがいるんですね。
それは、作家やアニメーターを志す人にとっては
高い理想だったり、
ばかげた空想論だったりします。
ファンタジーは逃避ジャンルだから、
現実の話なんてイヤだって人もいるかもね。
わたしはねえ、後味の悪いお話は書きたくないけど、
残っていく作品は、作っていきたいと思ってます。

だから、最近では、児童文学に入れ込んでるわけ。
ラノベだと、掃いて捨てられる作家として扱われそうだから。
ラノベも好きなんだがねー……。
まだまだ創作するまで行ってないので、
基礎を固めるために、がんばります。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

連休あれこれ(05と06日)

5日は、現在「はてなブログ」と「セルバンテス」で連載中の、
『ナルニア国ものがたり』 と 『精霊の守り人』 の研究原稿書き。
はてなブログの『ナルニア国ものがたり研究』は、読者がひとりしかいませんTT

やっぱりナルニア! (はてなブログ)
https://aslia.hatenablog.jp/

ナルニア国ものがたりはキリスト教的背景があることから、そっち系の考察も入ってます。
魅力的な文章かどうかは……読者がいないんだから、想像は付くよね(涙)
セルバンテスの『精霊の守り人』 は、アクセスが11人ぐらいいるみたいです。週一で考察中。
読者がひとり、栞を入れてくれてます。ついてきてくれてるのがうれしい。

『精霊の守り人』 研究 (セルバンテス)
https://cervan.jp/story/p/3383

研究するのはいいけど、創作に活かせてない。少なくとも今のところ実績はない。
好きこそものの上手なれということわざもあるが、下手の横好きということわざもある。
これをやりはじめて、朝ねるクセがなくなってきています。
それだけがひとつの功績ではある。

令和に入ってから、FBで 朝ドラ 『なつぞら』 の感想をUPしております。(500文字程度)
4月1日からgooで書いている記事と同じ記事です。
小説を書くスキルが磨けないのがつらいところ。
夫は、「エッセイは愛嬌がある方じゃないかな、小説よりは」
なにげに辛いことを言います。痛い、痛いよおおおお。

6日は図書館で義母の本を借り、わたしは主として読書。
録画がいっぱい溜まってるけど、なかなか時間が取れません。
かろうじて、平成最後の日に放送していた『天皇 運命の物語 象徴』 を見ることが出来ました。
譲位のことは、発表の6年前から平成天皇が内々で口にしていたそうです。
侍従たちは、なんとか思いとどまって欲しいと言うんですが、天皇の意志は固かった。
このことからわかることは、平成天皇は 『あやつられる』 タイプじゃなかったということですな。
ちょっと、我が儘なところがあるかも(汗)
人間的でわたしはそういうところは好きです。
完見しおわってから、美智子さまの話は一度みてるよなーと思ってました。
新美南吉の かたつむりの話。
童話なんだけど、純文学系の話です。個人的には好きじゃない。美智子さまは好きだけど。
あとは平成最後の 「ゆく時代 くる時代」 を完見するだけです。(全部で6時間近くある…… 暇があるのか……?)
折々に、この日記でもネタにしていく予定です。

近所のスイートピーも枯れてきました。あじさいの蕾がだんだん大きくなっています。緑色のつぼみが風のなかで揺れてます。
梅雨もちかい。バラが咲き誇る時期です。
これから先なにが起こるのかはわかりませんが、少なくとも小説を1冊書けるだけの
スキルを、数年以内に身につけます。軽くてもいい、ちゃんとした小説を書きたいです……TT
目標がハッキリしてきたので、あとは積み重ねだけです。手が届くかどうかは……かんがえるまい……(笑)
普段から観察力がないので、ムリゲーだという気もするけどね。ま、言うだけならタダだからな。
令和になったんだから、令和が終わるまでにはなんとか……
その頃にはわたしも、80ぐらいになってるかもね。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村