#平成生まれは知らない昭和の常識(02)

服部 淳の『#平成生まれは知らない昭和の常識』は、
小説のネタの宝庫。
うまく料理したら、『精霊の守り人』 に匹敵する話が
書けるかも、という話その2です。

この本の冒頭に、走ってくる車で道の砂利がはじかれて、
道路のそばの家の窓ガラスを割った話があります。
これを異世界ファンタジー風にアレンジするなら、

貴族の乗った馬車が、おつかいしていたホームレスの男の子をひき殺し、
姉が魔法を学んでその復讐に乗り出す、という話が出来そうです。
昭和30年代に実際にあった、「道が狭い話」 もどっかで使いたいところ。
国王が、姉の復讐の動機を知って、国の改善にのりだすとか。
あと、姉が貴族に復讐するために、
男装して貴族の家に奉公に出て、
貴族の息子に惚れてしまうなんてのがあると、
葛藤があって面白いでしょう。
こういうアイデアは出るのに、いざ小説にしようとすると
アラばかり出てくるんだよね。

ピヨピヨって話、知ってますか。
ミステリー小説「64」 の作者、横山秀夫が、小説を書いているときに
「この文章を書くと34ページと矛盾するよ、ピヨピヨ」
という声が聞こえてくるんだそうです。
その声を無視できず、寝食をわすれて没頭、
わずか8時間程度で本の半分ぐらいを書いちゃった、とか
2019/05/31のラジオ深夜便でいってました。

わたしもピヨピヨ、ほしいです!
矛盾点を自分で気づけないんだもん……。
作品を書き上げることに夢中になっちゃうんです。
矛盾があること自体がわかってない。設定ミスなんてガン無視。
芸術は、自分の死骸を解剖してその病状を報告すること、
と『草枕』で夏目漱石は言ってますが、
そんな域には届いてません……TT
向いてないんだろうな……。エッセイの方が向いてる(小説よりスイスイ書けるし)
しかしまあ、やると決めたらひとつぐらいは、創っていきたいところです。
でなければ父が浮かばれない。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

#平成生まれは知らない昭和の常識(01)

服部 淳の『#平成生まれは知らない昭和の常識』は、
小説のネタの宝庫。
うまく料理したら、『精霊の守り人』 に匹敵する話が
書けるかもしれませんという話その1です。

特に使えそうなのが、第5章の、『新聞もテレビもフェイクだらけ?!
メディアが創った「昭和の常識」』
――海外のメディアの日本人像 「出っ歯にメガネ」はどこから生まれたのか(p160)。
という項目です。
偏見とはなにか、ということが、軽い口調で書いてあって、非常に勉強になりました。
これを読みながら、スタトレ・ネクストジェネレーションに登場した、
クアークというキャラクターを思い出しました。
宇宙人ってことになってるけど、あれは日本人への偏見をカリカチュアしたもの……だと
思ってます(うがち過ぎかも知れないけどね)。

それはともかく、この本のざっくり内容をかいつまむわたしの日記、
今日はその1です。
また著作権法に触れてると言われかねませんが、
全面引用しているわけじゃないのでだいじょぶだろう。
以下はざっくり紹介。
(紹介開始)
出っ歯でメガネという日本人像には、栄養状態の悪かった明治時代の
日本人のイメージを海外のメディアが広めた一面があるという。
(以上、紹介終わり)。
このネタ、異世界ファンタジーに使えるかも。
つまり、栄養状態の悪い架空の国と豊かな国との交易が行われ、
偏見が生まれ、その偏見と戦う勇者としての主人公、という設定が出来上がってくるわけです。
ハードです。上橋菜穂子向きの話になりそうです。わたしらしさがないって気もする。
しかし、この手の話がわたしは好きなんだなぁ。
アクションシーンは苦手なんだけどさ。
魔法の戦いとか、魅力的な悪役も出てきたりして、悪役が心を入れ替えてハッピーエンドとか。
ハリポタと同じような話にはしたくないから、邪悪な面しかない悪党は書きたくない。

でも、ざまぁ系の話も好きだしねー。
聖書のざまぁ系の話を読んでいると、スカっとするから、
この手の話は昔から人気なのねって気もする。
売れるとか売れないとかじゃなくて、お話として長く読まれそう。
そういう話を、書いてみたいんです(名作でなくていいから!)
現実では、なかなか自分の思うとおりには人生は進まないのです。
せめてお話の中では、溜飲を下げる作品をつくりたいものです。

そんなのばかり書いてると、「ファンタジーは阿片だ」 って批判が来て
しょぼーんとなったりするかもしれないんだけどね。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

物語の作り方入門7つのレッスンあれこれ

2019/05/16、図書館から 
『物語』の作り方入門7つのレッスン、
という本を借りて来ました。
自分の好きなお話の傾向をつかもう、という提案が書いてあったので、
とりあえず思いつくままタイトルを挙げてみましたところ、
70近い本や映画、ドラマを思いつきました。
そのすべてが、「謎があり、努力や才能でその謎を解決する」
とか、「困難を乗り越えてハッピーエンドになる」 という話ばかりでして。
昔から、わたしというのは、厳しい現実から、こういう話に逃げ込んでたのね、
と思った次第です。

ともかく、その『物語』の作り方入門7つのレッスン、では、
主人公はどんな性格の人が多くて、いつの時代の、どんな舞台で活躍し、
ハッピーエンドになるか、ソーリーエンドになるか、といった
ストーリー的なレジュメが書けるようになってます。
今までわたしは、「好きなお話」 の傾向はつかんだことはありますが、
それを応用しようという気にはなれなかったです。
だって、似たような話を書くことになるでしょう?
いつも同じ話ばかりじゃ、読者が飽きてしまうかも。
でも、考えてみれば、わたしの大好きな話のパターンは、
似たような話が多いです。
で、しかも、飽きてない。
好きな人は、どこまでも同じ話を好むのだとよくわかったです。

アリガチ話でも、ディテールが違うと、別な話になったりします。
と、この本には書いてありました。
5000文字書くことは、まだ出来てませんが、
もっと気軽に手を付けてもいいのかな、と思うようになりました。
気軽すぎて支離滅裂になるのがわたしの悪い癖ですが!
もっと論理的な思考を訓練したいです。
発想力には自信がありますのでね。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村