♯平成生まれは知らない昭和の常識(03)

服部 淳の『#平成生まれは知らない昭和の常識』は、
小説のネタの宝庫。
うまく料理したら、『精霊の守り人』 に匹敵する話が
書けるかも、という話その3です。

小遣い稼ぎで命を落とす人もいた!
献血が『売血』だった時代があった……と、
この本には載ってます。

これは異世界ファンタジーというより、ハードSFになり得る話かも知れない。
いま、唾液や毛髪のDNAでその持ち主の顔かたちがわかるようになってきているそうです。
未解決事件がそれによって解決したらしい。
これを逆に考えれば、思想的に問題がありそうな団体(カルトとか光のうんぬんという
オウム真理教の系統の宗教団体など)のTOPの毛髪を持ってきて、
「思想犯」 として指名手配する未来像ってのは、ありそうな気がする。
テキもさるもので、毛髪はカツラだった、なんてあるかも……
星新一のオチだな。

血を売るという行為は、たとえば絶滅危惧種の吸血鬼に
架空世界の高校生がバイトで、という案もあるし、
病気にかかりにくい遺伝子を持っている人間が、その血を科学者を雇ってる大企業に売って、
大金持ちになって身を滅ぼす話も書けそうだ。
夢が実現すると偽って主人公の遺伝子を売らせ、殺そうとする化物の話とか。
案はいろいろ出てきます。
案ばかり出るけど、どこに投稿できるのやら(笑)
ミステリー小説風にするなら新潮社かもしれませんね。
赤川次郎が 『吸血鬼はお年ごろ』 シリーズを書いてる。

素材はいろいろあるのに、なんで膨らませられないんだろう。
30年修行してもちっとも成果が出てない。
やっぱムリなのかな。
まあ、アイデア料は要りませんから、てきとーにドラマにでもしてやってください。
お待ちしています。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

5月末反省記(後編)

昨日の続きです。
いだてん #19感想いきます
いだてんドラマのレジュメやなつぞらのレジュメが著作権法に触れているという指摘がありました。
で、感想を書くんですが、いだてんって感想が書きにくいドラマなんですよね……。
マラソン馬鹿の四三くんと、落語バカの志ん生ふたりの、
どっちに感情移入していいかわからない。
四三くんもいいけど、志ん生も捨てがたいもの。
#19では 四三の努力で、箱根駅伝が出来ましたし、嘉納治五郎がアントワープオリンピックに
マラソンを付け加えてくれと嘆願するようになっていったというところが
感動的でした。
志ん生のほうは、創作落語で駅伝式で落語を語ります。
語り口がじょうずなので、魅せられてしまいました。
落語って、いいですね。一度ナマで見たいけど、高いだろうなぁ。

シュミカツに参加しました。
SEGAが運営しているシュミカツサイトに投稿を開始しています。
毎日アクセスしていれば、ポイントがもらえるそうです。
2003年頃に シュミートってSNSに参加したことがありますが、
それとは違って写真投稿が中心のようです。
シュミートは、つまらないのでやめてしまいました。
シュミカツも、いつまで続くやら。

講談社セルバンテスを中心に、創作物を発表中。
『広島の人々』 というのがそのタイトル。
カクヨムよりも大人ぽく攻めてみています。
なかでも父のことはこだわりがあるので、
しつこく書いています。
妹については、どうでもいい。
自分の内部に潜む悪がこわい。

FBで「なつぞら」のグループに入団していたんですが、
わたしがドラマの端役にあたるひとを「モブキャラ」と評したことから
わたしの投稿は失礼だし迷惑だとして、退部させられてしまいました。
言い過ぎだったとは思うけど、なんの警告もなしに退去させられたので、
ちょっと驚いています。
世の中の人って、あんなものなのでしょうねえ。
世間ずれてないわたしとしては、この経験をもとになにか創作できないかな
と夫に言ってみると、
「マイナスの感情から出た作品には、ロクなものはない」
そうかな? 太宰治は 「人間失格」 を書いたし、宇野千代とか瀬戸内寂聴だって
マイナスの感情から作品を作ったことは多々あったはず。
マイナスから逃げてたら、大人の作品は書けないと思う。
童話だって、「ごんぎつね」や「赤いろうそくと人魚」という、
どうしようもなく暗い話もある。
いろんな話をつくってみたいです。それが出来れば、だけどね。
というわけで、勉強あるのみです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

連休あれこれ(04日もどこへも行かず……)

4日も晴れていてとてもいい気持ち!
なのにどこにも行きませんでした。だって夫が、
2日のとびしま海道の帰り道でコケたときに、
「どうやら、また肋骨が折れたみたい」
と言い出してきたからです。
いいかげん、バイクに乗るのはやめたら?
と義母があきれかえっていました。
呉へ行きたかったわたしは、家で創作とラジオ聴取。
広島FMからのネタで、
未公開映画を見るために、映写機を借りたら
数十万かかるという話をゲットしました。
おカネの使い方っていろいろですねえ。

創作を4000文字(冒頭のみ)書いてみました。
そのさわりは、こんな感じです。

『コーデリアなんか、大嫌い』 作 あすにゃん
 ウイリアム・シェイクスピアの戯曲に、『リア王』という作品がある。
 権勢を誇ったリア王が、口のうまい娘ふたりに王国を乗っ取られ、
 狂気に陥って死ぬ話だ。
 結局リア王を一番愛していたのは、一番末娘のコーデリアだった。
 が、コーデリアはリア王を救うことは出来なかった。

妹やうちの父のことを書くつもりだったんですが、冒頭4000文字でへたばった(笑)
読んでいて楽しい話じゃないからなー。
もっと面白い話を書きたいと思う、今日この頃です。
つまんない話でも、出版される本がある。
要は演出だね。わたしに足りないのはそれだ。
プロデュース力が足りないのだ。
……うーん、今からそんなの、どうやって身につければいいんだい……
泣きの涙の4日でした。

 

 

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村