ラジオネタあれこれ

RCCラジオ ごぜん様さまより。
宮崎から引っ越してきた横山アナは、
ビデオテープを入れるカラのなかに
数万の預金が入っている預金通帳と印鑑を入れ、
それっきり、なくしてしまったそうです。
10年経ったら、銀行に没収されちゃうんだよ。
お金持ちって、小さなことにはこだわらないのねえ。

引っ越しの話は続きます。
以前、人が自殺したことのある物件を借りたリスナー。
少しの物音におびえて、3ヶ月で引っ越しました。
そういえば、オタキングの岡田斗司夫は、
事故物件と説明されてアパートを借りたといいます。
天井の裂け目が毎夜毎夜
どんどん広がっているようにみえたけど
そんなに怖くなかったと言ってました……。
裂け目が広がってると思っていたのに
翌朝には元に戻っていた。
オレ、疲れてるなー
と思っていたそうです……。
野太い精神の持ち主。

横山アナの、仰天エピソード。
車を運転していたときのこと。
狭い路地に入ることになり、
前を走っていた
おじいちゃんの自転車に、
注意を促す警笛を軽くならした後、
路地に入りました。
窓を開けてソロソロ走っていると、
おじいちゃんがバランスをくずして、
横山アナの車の窓から
中に飛び込んできた!
「おまえが悪い!」
キレたおじいちゃん、横山アナの運転免許証の
名前と本籍地をメモし、
(本籍地、知ってどうするんだろー)
と目を丸くしている横山アナを尻目に、
チャリチャリ立ち去って行ったそうな……。
窓からおじいちゃんが飛び込んでくるなんて、
スタントマンですか。
助手席が空いていて、よかったね。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

雑ネタあれこれ 2019/11/25版

☆今日は毛利元就の三本の矢の垂訓の日
1本だと折れるが、3本だと折れないという垂訓です。
逸話として有名だけど、ウソらしい。
よくあるパターンだね(笑)

☆ピンク・レディ SOSを発表する。
モールス信号が最初に入る(ラジオ用にはカットしてある)
プロデューサーは確信犯的に、それを入れた模様
エジソンは耳が遠く、親しい友だちにモールス信号を教え、
演奏会などのときに、友人にモールス信号でやりとりしていた(喋っちゃいけないから)

という雑学を、ラジオからゲットしました。

2019/10/29、カクヨムに、27日、「自分の小説のいいとこ取りしろ」 と言ってきた作家さん。
その作家が自負する 「いいところ」 と、 受け取る側の 「いいところ」 が違っていた場合、
その作家は どう反応するんでしょうかね。
関わらない方が 身のためと思いまして、お気に入りから削除しました。
まあ、わたしはマトモな反応をしているんだろうな。
怒るのは常の情、笑うのは測ることができない……という格言もある。
(怒る人は当たり前、そこで笑うのは胸に一物あるってことで、かえってコワイという意味)。

2019/11/15
一休さんにハマってます。
「始めなき終わりもなきに我が心 うまれ死すると思うべからず」
という歌(一休さん作と言われているが、違うという説もある)
という言葉(『死を想え』 平凡社)を見ながら、
『我々は生命を創ることができるのか』(ブルーバックス)
という本の中の、
「生命は、どこからやってきたのか?」
という問いかけを眺めていました。
命がどこから来たのかは、一休さんにも分からないでしょう。
ただあるものを享受して、働いて、稼いで、遊んで、寝て、起きて。
あとは死ぬだけが世の中なのだという一休さんは、悟ってるなと思います。
生きていてよかった、と思って死ねる人生が幸せだという人もいますが
生きる意味がわからなくて、悩む人もいる。

あしたはーどーっちだー♪

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ネタあれこれ 2019/09/25版

ネタのアレコレです。
その1は、2019/09/18時点までのラジオネタ、あれこれ並べ
言いたいことを書くという日記です。
それまでに放送されたことをまとめているので、データとしては古いです。
横山アナは、久々にふるさと、宮崎へ帰って、おかーさんの家に泊まろう、
としたら、愕然としたことがありました。それはなんでしょう!
というネタ。
それは、おかーさんが趣味の日本舞踊のために、
横山アナと姉の部屋を改造し、鏡張りにしてしまった、というものでした。
これって、なんだかわかる気がします。

うちの実家も、わたしがいないあいだ、
自室が妹の私物であふれかえった、だけでなく、
めったに客の来ない客間までが
妹の私物であふれかえっておりました。
ぐちゃぐちゃの服やバッグ、埃だらけの部屋。
この家には帰りたくないと、固く決意したので
父の帰ってこいというのも、聞かなかったなぁ。
あのとき帰ってれば、今とは違っていたんだろうか。

その2
ごぜん様さまのネタ、パート2。
敬ってちょうだい! がテーマの話。
壁が薄くて、となりの咳払いが聞こえるマンション。
洗濯機の仕上がる音楽が、鳴るのが怖くて
すぐそばで待ち構えて止まった瞬間、蓋を開ける……というリスナーさん。

さて、マンションと言えば、うちの場合。
うちのマンションに宅配員が、山ほど荷物を抱えてやってきました。
「だいじょうぶですか?」
心配して声をかけると、
「これはまだ、少ない方です。
お歳暮とかお中元の時期は大変です。
10月から消費税が上がるから、駆け込み需要があって、
いまから、ブルーになってます」
宅配の人にも、苦労はあるみたいですね。
(なんでわたしが、話しかけたら、仕事の裏話を聞かせてくれるんだろう……)

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ラジオネタあれこれ

2019/05/07 のごぜん様さま
親戚の集まりでなにをするか。
バーベキュー。せっかく家に集まったのに、川でやるのもどうかと思うけど、
年の差の家族と会えるのが楽しみ。
4歳のいとこや、40歳のおじさんと遊ぶのも楽しい。
そういう休日を過ごすのもいいねという話になりました。
母が魚の骨まで食べているリスナーもいました。

親戚と仲がいいって、いいですね。
わたしは実家の親戚とも、東京の親戚とも縁が切れました。
父方の親戚は、わたしに言いました。
わたしが6歳の時に仕事を失った父は、母の弟の紹介で仕事をゲットしたのだと。
知りたくなかった。
父が、わたしに、死んだ祖父母の遺産を放棄しろと言ったこと、
叔父が勝手なことをして、わたしを病気に追い込んだことなど
思い出すことがいっぱいあったから。

ラジオの話に戻ります。
母親が世話好きで、飲み会とかPTAとかで大活躍していたってリスナー。
子どもの自分も世話するのが好きで、子どもの相手が大好きだそうです。
自分の人生の半分が来たとき、楽しみを見つけられるかどうかで、
得な生き方が出来るかどうかが決まるといいます。

人生を楽しめる趣味を見つけること。
わたしは文章を書くのが趣味だったりします。
趣味以上になれないからプロになれないんだよね!!!!
早くプロになりたい……TT

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村