通学バス待ちの路上でテロ発生

2019/05/29の中国新聞によると、

2019/05/28の午前7時40分頃、
川崎市多摩区で男が通学バス待ちの6~12歳の児童らを次々と包丁で襲ったということでした。
NHKでもニュースになっていたので、夫は、
「テロだ」
と真っ青になってました。
襲った男は、直後に自分の首を刺して死亡したそうです。
徒歩よりもスクールバスのほうが安全だ、
と安全策を講じていたのに、
その盲点を突いたと中国新聞は、3ページを割いて特集記事を書いています。

平穏な町を突然襲った凶悪な事件。
でも、過去にも通り魔事件とかありましたっけね。
人を殺したいって輩はたくさんいるのかも。
わたしも殺してやりたい人がいるからな(誰とは言わない)。
でも、ふつうは思ってるだけで、行動には移さない。
行動に移したら、まわりに人がいなくなるよね。
恐怖政治ってヤツで、おもねる人はいても、頼れるほんとうの友だちはいない。
殺害者は、孤独な人だったのかも知れない。

真実はどこにあるのかは、警察の調査を待たねばならないでしょうが、
自分の部署から8,000万円がなくなっても犯人をつかまえられないから、
こんども、真相はわからないままかもしれない。
親御さん、どんなに嘆いているだろうと思うと心が痛い。
子どもを殺したいなんて、どんな過去がその男にあったのだろう。
動機はなんだろう。
学校にうらみがあったのか。
凶悪事件の歴史に名を刻みたかったとか(汗)
快楽殺人かもしれない。こわい。

ふつうに町を歩けない時代になってきました。
町はきれいになっていくけれど、人間の邪悪さは消えないってことです。
わたしも含めてね。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村