eスポーツとテレビ局

うちの夫はIT技術者としてテレビ局に勤めてます。
選挙の速報(当選者のテロップ)を流すためや
CMと本番をつつがなく流すためにコンピュータが使われていて、
そのコンピュータをいろいろいじってるわけです。
最近は、技術者としての仕事がなくて、いつクビになるかと
戦々恐々としているそうですが……。

それはともかく。
そのテレビ局の社報に、eスポーツが国体に採用された、
ということが書いてありました。
eスポーツとは、コンピュータゲームをスポーツとして楽しむ
最近の新しい傾向のことです。
国体にまでなってるんだから、ゲームをするなと言っていた
おとなたちの態度の変化が笑えます。

ともかく、eスポーツとテレビ局がコラボして、
カープと絡めて、新イベントを立ち上げよう、
ということになったようです。
6月22日には第二のカープ戦とeスポーツを
絡めてイベントが成功に終わったそうです。

わたしはVRですごろくをやったことがあります。
一回5,000円もしたから、めっちゃ高かった。
でもリアルで楽しかったです。
岩が落ちてきたり、宝箱が落ちてきたりして、
飽きさせない工夫がされているのも
評価のポイント。
ただ、背中にリュックをしょい、
ゴーグルをつけなきゃならないのが
難点といえば難点。
チームでやれば、もっと楽しいかもしれない。
いつかIngress仲間とやってみたいです。
特に 『波動』をね!

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

論理思考を鍛えよう・最新ゲーム情報

「AI時代の子育て戦略」P200には、スマホゲーム情報が載ってます。
ひとつ目は 「Monument Valley」(モニュメントバレー)
トリックアートを活用した三次元パズルゲーム。画面をタップしたり、スライドさせたりしながら
道を作ってゴールを目指す。
「FRAMED(フレームド)」もパズルゲームとしてよくできている。
マンガのようにコマ割されたフレームを入れ替えながら、ストーリーを作りあげていくという設定。
論理的な読解力がなければクリアできないようになっている。
これらは大人向けだけれど、子どもでも夢中になれるはず。
「Cut the Rope(カット・ザ・ロープ)」は前者の2つと比較すると
いかにも子どもがとっつきやすい立て付けのゲーム。
「Angry Birds(アングリーバード)は、卵を盗んだブタに
鳥たちが報復するという設定のゲーム、だそうです。

ゲームで論理思考を鍛えよう、という気運が高まっている昨今、
日本人のための日本のゲームはまだ作られていません。
FFやドラクエなどに論理思考が不要だと言うわけじゃないけど
操作性が低くて楽しいゲームがあればいいよねー。

そう言ってないでつくればいいのだよ。
ぜったい儲かるね。教育界のニーズがあるんだし。
論理思考を鍛える楽しいゲーム。
わたしはデバッグであたまがおかしくなるのが嫌なのでパス。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

7月反省記

7月2日にローンチされたARスマホゲーム、
ハリポタ魔法同盟。
広島では、1週間で話題が途絶えました。
映画や原作を知っている人しか楽しめないし、
ARは重いしすぐスマホは熱くなるし
新しい場所を発見する楽しみもない。
リアルなCG画像はたしかに凄いとは思うけど
続けてやっていきたいかと言われるとビミョーです。
ポケモンGOよりずっとお金を使うところも
あまり評価できない一因かな。
たしかに権利関係で必要なんでしょうけど……。
ストーリーの説明も長いし、ややこしい。
翻訳調の文体に慣れてない人には、
ガックリものじゃないかなと思ってしまう。
わたしは夫と楽しみたいのでやってますが、
Nianticはもっと工夫しなければ、
長続きはしないゲームじゃなかろうか。
後発作品にしては、
Nianticのいいところが、完全に無くなった感はんぱないです。
ローリングの監修、受けてるとしても
なんか、物足りないんだよねー。
自分で工夫してゲームに付加価値を付けていく楽しみってのが
このハリポタ魔法同盟にはありません。
創造力を萎えさせるゲームってあまり評価できない。

2019/07/13、糖尿病予備軍なので甘い物を控え始めています。
こないだ行った検診の血液検査で、糖尿病予備軍だと結果が出まして、
「肥満です。減量しましょう」
としっかり書かれてしまい、それ以来晴れた日は自転車で1時間走り回り、
雨の日はヨガを1時間するという生活を続けております。
せっかく訪れている 「30歳オーバー主人公の小説募集します」 のチャンスも、
この分では間に合いません。決定です。
健康あっての創作ですからね。
糖質たっぷりのみりんが使えなくなって、流し台に廃棄。
砂糖はパルスイートになり、おやつは週一だけになり、
ヨーグルトに入れていたジャムははちみつになりました。
砂糖なしの生活なんて……。
うなされます。

いま書いている『スターマン』の影響多大な
「異世界人ジェイディス」 は、少々パクリ感が滲み出てしまって、
オリジナリティーが不足しているようなので、
破棄することにしました。
どうせ書くなら、自分らしさというものを追求したいわけです。
レーベルの色がつくといっても、最終的には作家はその文体の個性で売るんです。
わたしはまだまだ、そこまで行ってません。
構成がダメだー! 会話が単調だー! 息抜きのシーンがないぞー!!!
娯楽作家より純文学作家に向いてるかも知れないと思い始める今日この頃です。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村