雑ネタあれこれ 2019/09/18版

2019/09/03、角川書店からメールが来ました
カクヨム甲子園用のプロットを5つ以上発表したら、
抽選でプレゼントをもらえるという企画に参加して、
抽選に当たった連絡が2019/09/03来ました。
くじ運が悪いわたしにしては、珍しいことです。
今月中には、プレゼントが送られてくるとのこと。
とにかくいまは、血糖値をさげなくては。
運動運動。

2019/09/07、夫が速谷神社に行きました
夫が交通事故を起こし、バイクが使えなくなりました。
そのため彼は、とうとう愛着のあったバイクを新品に買い換えました。
交通安全の神さま、速谷神社にお参りして、
5,000円で新品バイクと自分をお祓いしてきたそうです。
宮司から、神さまに供した金平糖と生米と、
おきなばしという木製の箸もいただいたとのこと。
おきなばし(翁箸)の意味は、速谷神社の神さまが異常なほど長寿なので、
それにあやかって、持っている人が長寿でありますように、
という事だそうです。

クレジットカード、変えます
KYASHというカードを使っていたんです。これで払ったらその月使った2%の現金が翌月返ってくる。
でも、来月から現金返還が 1% に減ります。
なので、来年3月から、イオンのクレジットカードに変更します。
消費税がUPするから、防御策を練らねばならんのだよ。
合唱サークル指導をしている湯山先生は、
「クレジットカードは訳わからなくなるから嫌い」
って言ってたけど、使い方に拠る。
ちゃんと管理したら、かえって得になることもあるぞ。

筋肉痛
2時間も運動をしているためなのか、からだのアチコチが痛みます。
翌日から2日間にわたって、特に足のふくらはぎが痛いのなんのって。
「きみは若いね、翌日から痛みが出るのか。
おれなんか、2日後だぞ」
とFBの仲間が言ってました。
まだ54ですからねー。
でも、こんなことしてないで、
本を読みたいんです……。
血糖値、早く下がって欲しい。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

目指せ! 体重48キロ 令和版(03)

ダイエットの話、パート3です。
今日は、主として30分ほど漕いでいる
エアロバイクの話をします。

このエアロバイクは、負荷が自由に変えられる自転車(前に進みません)。
白いボディに黒いペダル(足が外れないように帯がついている)。
腰の所までサドルを上げて、ペダルを漕ぐと、
前面にある画面に、負荷(ワットで示される)や
消費カロリー数、漕いだ時間などが表示されます。
カロリー数だけ見てもわかりませんが
同じ画面に、『この負荷でこの時間だけ漕いだら
こんな食品が消費できます』 というような
絵が表示されます。
キャンディーとか、カフェオレとか、バナナとか、マグロとか。
負荷はボタンで変えられます。わたしはいまのところ50ワットまでしか
負荷をかけられません。(それ以上だと重すぎる)
漕ぐ回転が遅いと、「回転が遅すぎます!」 と 叱られます。

30分間漕いでいる間にテレビを見るのです。
この間は、24時間テレビの企画 『相撲ダーツの旅』 ということで、
2人の力士が、痩せ細ったおばあちゃんを挟んで、カメラに向かってチーズ、とやってました。
おばあちゃんは、「テレビに出られた!」 とうれしそう。
「こんな力士に挟まれてるから、わたしは痩せて見える!」
いや、あんたガリガリの骸骨じゃん。

30分も漕ぐとヘトヘトになるので、一旦休止です。
それから足を鍛えるマシンに行って、
しばらくマシンで鍛えてから、
また戻って10分程度、漕ぐことにしています。
ということで、今日はエアロバイクの話でした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

雑ネタあれこれ 2019/09/13版

今日はいだてん #34の感想を来週にまわしまして、
雑ネタあれこれです。
まずは MRIを受けた話。

副腎に良性の腫瘍ができております。
発見したのが約20年前かな。それ以来、毎年8月から10月の間、
MRI を受けていました。経緯観察ってことです。
毎年、造影剤をからだに入れて MRI をかけてましたが、
今年は 造影剤ナシでした。
来年は MRI を受けなくて済みます(2年に1回になった)。
統合失調症のわたしは、ガンには強い体質になっているそうです。
でもメラノーマにはなった。統計ってアテにならないね。

10日に脳ドックを受けてきました。
実母がくも膜下出血で死んでいる(52歳)ので、予防的措置です。
50代に入ってから4回、脳ドックを受けました。
検査費は、6,700円。
血縁に脳関係の患者がいるので、保険が効くそうです。よかった。

体重、56キロに減量
12日に測ったところ、ずっと58キロを低空飛行していた体重が
2キロ減っておりました。
やはり運動は効果がある。
ただ、めっちゃ筋肉痛で、のたうちまわってます。
毎日運動は、難しい。

3万字程度、書いてみました。
『あやかし神社のご利益』 という小説を、書いてみました。
スピルバーグ映画、『ニューヨーク 東8番街の奇跡』 のパクリです。
構成の勉強のためなんです。
パクリのおかげで、なんとか論理の展開が、前よりはわかってきたかな。
でも、実は5万字程度書きたかった。
まだまだ先は遠いです。
いきなり書いたのはわけがあって、
もともとこの小説は、友だちのプロ作家、
秋月忍さんの企画のために書いたんです。
11月が企画開始。
それまでに、5万字に増やす。
……むりぽ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

想像力と共感力

2019年8月20日 中国新聞SELECT。
VRで「共感」を相対化
というタイトルで、他者と自分の共感とは、
他人と自分の埋めがたい距離感と表裏一体である、
という深いことばが書いてありました。

細かいことは新聞にお任せしまして、
今回はこのネタで考えたことを、
書いてみます。
わたしはどうも共感力に欠けているところがあるらしいので
距離感の取り方について色々考えざるを得ないのです。

他人の事なんて、想像しても無駄だと思ってます。
しょせん、わかりあえないんですから。
わたしから見て他人がどう見えるか、ということを
つらつら書いてみたって、だれ得、とむなしくなったりもします。
友だちは、わたしを 「他人に合わせる人」
とイメージしているようですが
逆らわないだけで、内面では結構ドロドロしています(汗)

夫がわたしを好いてくれていることや、
義母がわたしをかわいがってくれていることは、
わたしの手柄じゃないんです。
誤解から来ているんだと思う。
わたしには、他者への配慮はあまりないから。

それでも、想像する楽しみを他者と分け合いたい、
という欲望はあるわけで。
人はなにを奪われても、こころを羽ばたかせることだけは
やめない生き物なのかもなとか
考える昨今です。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

味がVRで変わる時代

2019年8月22日、朝日新聞。『味わう 錯覚や電気信号で』
というタイトルで、VRが味覚に与える影響について、
触れられています。
日本科学未来館での話。VRでカレーを見た人たちが、そのあとカレーの注文が
増えたといいます。
エビ天を置いたテーブルに油鍋など天ぷら屋のカウンターの画像を投影、
アンケートを取ってみると、映像なしで食べたときに比べて
おいしさや温かさ、香りをより強く感じたと答える人が多かった、
と書いてありました。

味覚は研究がもっとも遅れている分野で、舌先で甘み、舌の奥で苦みを感じるという
「舌の味覚地図」は最近になって科学的根拠がないとわかったそうな。
電信号で脳に味覚信号を送っておいしさを感じるようになったら、
『化学調味料』ならぬ
『科学調味料』になるかも、
そうなったら人間の欲望はどこに向かうのか
なーんて真剣に書いてありました。

べつにいいけど、基本を忘れないでね。
食糧難が近づいているんだから(何度も言うけどさ)。
人工肉をVRでジューシーな牛肉に錯覚させて、喜んで食べてる未来が待ってるかも(汗)
なんの映画で見たのか忘れたけど
食糧難の時代、政府の支給していた肉が、加工された人肉だったというSF映画を見たことがあって、
背筋が寒くなったことがあります。
VRだったらなんでもアリという感じがしてくる……。
真偽をみわける観察力が
これまで以上に必要になるのかも。

わたしには観察力がないので、ムリです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

目指せ! 体重48キロ 令和元年(02)

名古屋で会った友人からの要請がありました。
ダイエットの話をしてほしいらしい。
でもねえ、すぐに成果がでるわけないからねえ。
わたしの行ってるところを、描写してみるかな。

スポーツセンターに行くまでの30分の
海沿いの道には、急な坂の橋があります。
それを越えるのがたいへんで、スポーツセンターに着くまでには
すっかり、息が切れています。
準備運動しなくていいです(負け惜しみ)。
道にたちこめる潮の匂い。萩の花が咲いています。
カモメに見守られ、秋の風のなか自転車は施設へ到着。
開所直前で、施設使用料を払う受付には、
すでに長蛇の列が出来てます。

土足厳禁なので、靴を自分のカバンに入れるか
(ビニール袋を用意すること)、
靴箱に入れておきます。その際、靴が盗まれることもあるので
注意が必要です。
トレーニングするなら、上靴を用意して欲しいという
スタッフの要請がありました。わたしはビニール袋のなかに
上靴と土足を入れ替えて持参することにしています。
時々、玄関に土足を置きっぱなし……(汗)
受付に行って、減免の領収書をもらいます。

二階がトレーニング室。
入口は奥にあります。ここのスタッフにレシート
――受付で払った施設使用料(310円)の領収書――
を差し出します。
わたしは障碍者なので、使用料はタダです(嬉)
減免とは、そういう意味です。
広島は、福祉がとても行き届いています。
原爆のためかもしれません。
そのかわり、税金は高いです……(汗)

トレーニング室に入って左側が、スタッフ待機コーナー。
このコーナーの止まり木に、
ずらりと立てかけられたファイルが、あいうえお順にならんでますが、
これで自分の行った運動の記録を、つけられるのです。
鉛筆と記録用紙まで市が用意しています!
しかも、記録は預かってくれます(2年間)。
至れり尽くせりですねえ。
この区ばかり、なぜこんなに優遇されてるのか。
ちょい、疑問がわいてくる。

スタッフ待機コーナー正面にあるのが、エアロバイクなどのきつい運動用マシン類。
左奥が、レッグカールなどの、足を訓練したり、肩を訓練したりするマシン類。
待機コーナーのうらには、マットレスが敷いてあって、
ここで健康トレーニングという、木曜午後15時から隔週2回ほどある激しい運動を
40分間、やっています。
一度行ってみて、つらくなりました(第2第4木曜午前中は、だいたいヨガの日なので)。
夫は、ヨガをやってから行けと言うのですが、
続くだろうかな。ちょっとばかり、不安です。

マシンは全部で10種類以上、あるでしょうか。
広さはたぶん、50畳ぐらいかも。測ってないけど。
わたしが行くときは、いつもシニア男性ばかり運動していました。
吹き抜けの棚が用意されていて、ここで飲み物や記録用紙を置いたり、できます。
棚のむこうには、青、黄、緑などの巨大な色つき球がありました。
球の上をゴロゴロ寝転がると、運動になるようです。

全体の印象としては、スポーツジム的なところが多々あるな、という感じ。
市の運営なので定期的に使用料を払わなくて済むし
入場料はタダ。
ただしロッカールームは100円で、返ってきません。
昼食や晩ごはんの買い物をして帰るわたしは、毎回ロッカーに
荷物を預けています。
今後は週一ペースで、ダイエットの話をしようと
心がけたいです。(成果はすぐにはでませんが
見たテレビの話とかはできそうだ)。

14日に、血糖値を再び測ります。
さて、どこまで下がってるかな。
結果はひと月後にわかるようです。
先月お墓参りの途中で爆食いしたから、たぶん、血糖値は下がってないと思われ(爆)

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

男性の育休、なぜ増えない

2019年8月24日 中国新聞SELECT。
男性の育休が進まない理由として、複数回答アンケートを採ったところ、
「業務が繁忙で職場の人手が足りない」(27%)、
という理由が、「会社で制度が整備されていない」、をわずかに上回ったそうです。
ちなみに「職場が取得しづらい雰囲気だった」、というのは
25.4%の人が選んだそうで。

今後は政府も育休を義務化する方向に進むそうですが、
ひとり欠けると回らなくなる職場もなんとかせんと、と書いてあります。
ヒマを持て余してる人もいるのにねえ。

子育てに、お姑さんや親戚を頼るということは、
考えに入れてないんでしょうか。
わたしみたいに姑と仲がいい人ばかりじゃないとは思うけど
自分の母親ぐらいは、頼っていいと思うのだよ。
独り立ちってことにこだわらないで、
甘えられる内に甘えた方がいいんじゃないかな。
わたしは母が52のときに亡くしてますので、
親がいる人がうらやましい。

子どもは社会で育てるもの、という考え方は古いかもしれないが
近所の、ヒマを持て余してるシニアを巻き込むのもアリだと思うな。
めんどくさがるかもしれんけど
子どもには、いろんな社会を見せておいた方がいい。
理想論だけどさ。

育休以前に、結婚したがらない大人が増えたという事実があって
そっちのほうが問題じゃなかろうかと思ったりもする
今日の日記でした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いだてん #33まで

3週まとめてお話しします。
アメリカでひとつだけ取れなかった金メダル。
全種目はムリだったけど、過半数は金メダルをゲット。
歓喜した日系人たちが、田畑さんの手を握りしめ、
「白人が、はじめて自分に話しかけてくれた!
ありがとう!」
と泣くシーンは、わたしももらい泣きしてしまいました。

前畑ちゃんが、「はじめたからには、最後までやり抜きなさい」
と両親の幽霊に叱咤されるシーン。
そのために前畑ちゃんが犠牲にしたものを考えると、
「わたしはふつーの主婦でよかった~」
などとホッと一息ついたりして。
まーねー、わたしは所詮、負け犬ですのでね。
芥川賞という金メダルは取れないのです。(傾向が違いすぎる……)
セミプロぐらいで満足するのが関の山です。
前畑がんばれ。(結果はわかってるけどね! 笑)

ローマが譲ってくれるはずだったのに、
政治的な駆け引きにオリンピックが利用されて
結論が来年に持ち越されるところは、
理不尽すぎて頭にきました。
でも、当時の日本の状態を考えると
議論の俎上にあがっただけでもよしとすべきかも。
8日は2・26事件の話らしいです。
嘉納さんも老い先短そう……。
どうなることやら。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

ミステリー作家になれるかもね

2019年8月18日。朝日新聞。
あいちトリエンナーレで、「表現の不自由展・その後」
が中止になった問題は、表現の自由の意味や
芸術の公的助成のあり方をあらためて問いかけた。
(以上、引用)

朝日新聞らしいんですが、
異なる意見に対して敵対的聴衆がいるからって
すぐに表現活動が制限できるわけじゃないそうで、
民主化が進んだ現代において、
国家が言論を抑圧することともあるけど
社会の「多数者」も抑圧的な存在になり得る、
と書いてあります。

自分が嫌悪する表現にも表現の機会を認めるのが
表現の自由である。
それは「不自然」なことかもしれないが
それこそが自由で民主的な社会を形作ってきたのだ、
と切々と言うのは、川岸さんという早稲田大学教授さん。

そんなこと言ってもね。机上の空論でしょ、それって。
配慮のない意見を言っては、ネット上で孤立しているわたしには、
「異質な意見」 というものがなんのかわからなかったりします。
キリスト教に無知な人間が、ひどいことを言ってくる。
それもひとりじゃないぞ、複数だ。(日本人って、どうして宗教にこんなに無神経なんだ?)
受け容れて認めたからって
自分が認められるとは限らないわけです。
不公平だよね。と思う。

要するに世の中って、ホンネでは話せない。
夫がわたしを、「愛嬌あってフレンドリー」 って褒めるけど
実際のわたしは違ってる。
お互いの認識がズレている。
お互いが大好きなのに、お互いのことがわからない。
ここに人間の孤独がある。

民主主義ってよくいうけど、理想論でしかない。
ひとりひとりの間には、暗くて深い河がある。
同じ人間だと思っていても、別な面を発見するのがミステリーだと
横山秀夫は言っていたが
だとするとわたしには、毎日がミステリーですわ。

もしかしたらわたし、ミステリー作家になれるかもね(笑)

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いいのか皇位継承問題

2019年8月18日 朝日新聞。
皇族の皇位継承問題について、書いてあります。
「女性・女系」は、政権内に抵抗感があるそうで。
政権幹部は、
「今の形を変えるとなると、
悠仁さま派か愛子さま派かと国論が割れる可能性がある。
皇室の品位を落とすことにもつながりかねない」
と、指摘しているそうです。
いろんなこと言って、現状維持に固執するんですね……。
国論を割ってるのはあんたらでしょうが。
少なくとも平成の若者は、聞く限りでは女性・女系天皇に
さほど違和感を感じてないみたいだけどね。

女性宮家も結論を先送りする懸念もあるそうです。
どうせ悠仁さまが成長するまであと30年から40年あるし、
それまでに考えればいいさっていう態度です。
のんびりしているうちに、国がどんどん切迫してくること間違いなし。
そうして、日本に天皇のいない時代がやってくるわけだ。
憲法改正派にとっては、絶好のチャンスと言えるなぁ。
どさくさに紛れて第九条を変えるとしても
日本をたばねる人がいないとなったら
どういうふうに戦争をするつもりなのか
非常に興味がありますな(なにか、隠し球があるのかな?)

天皇のいない時代には、わたしはもう死んでるだろう。
日本人が日本人としてのよりどころが天皇だ、という人もいるし
実際に歴史的に見れば、そういう面が天皇にあることは
わたしも否定はしない(江戸時代は別として)。
日本人が根っこをうしなったあとまで生き延びるのはイヤだ。
でも、子どもたちのことを考えると
女性・女系天皇を否定する現政権が
おろかに思えてならない。

変わっていかなければ、生き残っていけないものもあるのだよ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村