♯平成生まれは知らない昭和の常識(03)

服部 淳の『#平成生まれは知らない昭和の常識』は、
小説のネタの宝庫。
うまく料理したら、『精霊の守り人』 に匹敵する話が
書けるかも、という話その3です。

小遣い稼ぎで命を落とす人もいた!
献血が『売血』だった時代があった……と、
この本には載ってます。

これは異世界ファンタジーというより、ハードSFになり得る話かも知れない。
いま、唾液や毛髪のDNAでその持ち主の顔かたちがわかるようになってきているそうです。
未解決事件がそれによって解決したらしい。
これを逆に考えれば、思想的に問題がありそうな団体(カルトとか光のうんぬんという
オウム真理教の系統の宗教団体など)のTOPの毛髪を持ってきて、
「思想犯」 として指名手配する未来像ってのは、ありそうな気がする。
テキもさるもので、毛髪はカツラだった、なんてあるかも……
星新一のオチだな。

血を売るという行為は、たとえば絶滅危惧種の吸血鬼に
架空世界の高校生がバイトで、という案もあるし、
病気にかかりにくい遺伝子を持っている人間が、その血を科学者を雇ってる大企業に売って、
大金持ちになって身を滅ぼす話も書けそうだ。
夢が実現すると偽って主人公の遺伝子を売らせ、殺そうとする化物の話とか。
案はいろいろ出てきます。
案ばかり出るけど、どこに投稿できるのやら(笑)
ミステリー小説風にするなら新潮社かもしれませんね。
赤川次郎が 『吸血鬼はお年ごろ』 シリーズを書いてる。

素材はいろいろあるのに、なんで膨らませられないんだろう。
30年修行してもちっとも成果が出てない。
やっぱムリなのかな。
まあ、アイデア料は要りませんから、てきとーにドラマにでもしてやってください。
お待ちしています。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

#平成生まれは知らない昭和の常識(02)

服部 淳の『#平成生まれは知らない昭和の常識』は、
小説のネタの宝庫。
うまく料理したら、『精霊の守り人』 に匹敵する話が
書けるかも、という話その2です。

この本の冒頭に、走ってくる車で道の砂利がはじかれて、
道路のそばの家の窓ガラスを割った話があります。
これを異世界ファンタジー風にアレンジするなら、

貴族の乗った馬車が、おつかいしていたホームレスの男の子をひき殺し、
姉が魔法を学んでその復讐に乗り出す、という話が出来そうです。
昭和30年代に実際にあった、「道が狭い話」 もどっかで使いたいところ。
国王が、姉の復讐の動機を知って、国の改善にのりだすとか。
あと、姉が貴族に復讐するために、
男装して貴族の家に奉公に出て、
貴族の息子に惚れてしまうなんてのがあると、
葛藤があって面白いでしょう。
こういうアイデアは出るのに、いざ小説にしようとすると
アラばかり出てくるんだよね。

ピヨピヨって話、知ってますか。
ミステリー小説「64」 の作者、横山秀夫が、小説を書いているときに
「この文章を書くと34ページと矛盾するよ、ピヨピヨ」
という声が聞こえてくるんだそうです。
その声を無視できず、寝食をわすれて没頭、
わずか8時間程度で本の半分ぐらいを書いちゃった、とか
2019/05/31のラジオ深夜便でいってました。

わたしもピヨピヨ、ほしいです!
矛盾点を自分で気づけないんだもん……。
作品を書き上げることに夢中になっちゃうんです。
矛盾があること自体がわかってない。設定ミスなんてガン無視。
芸術は、自分の死骸を解剖してその病状を報告すること、
と『草枕』で夏目漱石は言ってますが、
そんな域には届いてません……TT
向いてないんだろうな……。エッセイの方が向いてる(小説よりスイスイ書けるし)
しかしまあ、やると決めたらひとつぐらいは、創っていきたいところです。
でなければ父が浮かばれない。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

#平成生まれは知らない昭和の常識(01)

服部 淳の『#平成生まれは知らない昭和の常識』は、
小説のネタの宝庫。
うまく料理したら、『精霊の守り人』 に匹敵する話が
書けるかもしれませんという話その1です。

特に使えそうなのが、第5章の、『新聞もテレビもフェイクだらけ?!
メディアが創った「昭和の常識」』
――海外のメディアの日本人像 「出っ歯にメガネ」はどこから生まれたのか(p160)。
という項目です。
偏見とはなにか、ということが、軽い口調で書いてあって、非常に勉強になりました。
これを読みながら、スタトレ・ネクストジェネレーションに登場した、
クアークというキャラクターを思い出しました。
宇宙人ってことになってるけど、あれは日本人への偏見をカリカチュアしたもの……だと
思ってます(うがち過ぎかも知れないけどね)。

それはともかく、この本のざっくり内容をかいつまむわたしの日記、
今日はその1です。
また著作権法に触れてると言われかねませんが、
全面引用しているわけじゃないのでだいじょぶだろう。
以下はざっくり紹介。
(紹介開始)
出っ歯でメガネという日本人像には、栄養状態の悪かった明治時代の
日本人のイメージを海外のメディアが広めた一面があるという。
(以上、紹介終わり)。
このネタ、異世界ファンタジーに使えるかも。
つまり、栄養状態の悪い架空の国と豊かな国との交易が行われ、
偏見が生まれ、その偏見と戦う勇者としての主人公、という設定が出来上がってくるわけです。
ハードです。上橋菜穂子向きの話になりそうです。わたしらしさがないって気もする。
しかし、この手の話がわたしは好きなんだなぁ。
アクションシーンは苦手なんだけどさ。
魔法の戦いとか、魅力的な悪役も出てきたりして、悪役が心を入れ替えてハッピーエンドとか。
ハリポタと同じような話にはしたくないから、邪悪な面しかない悪党は書きたくない。

でも、ざまぁ系の話も好きだしねー。
聖書のざまぁ系の話を読んでいると、スカっとするから、
この手の話は昔から人気なのねって気もする。
売れるとか売れないとかじゃなくて、お話として長く読まれそう。
そういう話を、書いてみたいんです(名作でなくていいから!)
現実では、なかなか自分の思うとおりには人生は進まないのです。
せめてお話の中では、溜飲を下げる作品をつくりたいものです。

そんなのばかり書いてると、「ファンタジーは阿片だ」 って批判が来て
しょぼーんとなったりするかもしれないんだけどね。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いだてん #22

#22のいだてん、前半は志ん生の自堕落ぶり、
後半は四三の熱血ぶりでした。

才能があるのに、期待されると問題行動を起こしてしまう志ん生。
自分に自信がないからでしょうか、あるいは自己否定的な感覚が強すぎるのかも。
せっかく席亭が用意してくれた着物を質に入れて飲む打つ買うざんまい。
でも真打ちになったらすごいわけです。
自己破滅的ヒーローです。太宰治的なのかも。

その一方で四三くんは、反発していた女子たちのこころをバッチリつかんで
「パパ」と呼ばれるようにまでなり、スヤからは焼き餅をやかれてしまいます。
それだけでなく、足を見せて走った姿を写真に撮られて巷に流出。
女子たちのほんとのパパが、「おてんばにするために学校に入れたわけじゃない!」
とねじ込みに来た上に、四三の退職ねがいのための1万人の署名運動までしちゃう。
靴下を脱いだから日本一になれたんだと四三は熱意を込めていうんですが
まるで通じないんです。
時代を変えるって、たいへんです。

四三が退職するかも、という話が女子たちの間で盛り上がり、
女子たちは教室にバリケードつくって立てこもります。
このあたりがわたしには胸アツでした。
男らしく、女らしくなんて男が作った価値観でしょっ!
って、大正時代らしい強い叫び。
シラけてる現代の女の子たちにも、こういう姿を見習って欲しい。

四三くんが最後に教室に向かってなにごとかを言い出すところで
この話はおしまい。
シマも子どもが出来たし、のちにオリンピックにも出るようになる
人見ちゃんも出てきたし、
いやー、この話はなかなか面白かった。
志ん生、いつになったらしっかりするのやら。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

オオムラサキ700匹消える

2019/05/28の中国新聞。
ラジオ深夜便でもニュースになってました。
広島県府中市の国チョウのオオムラサキの保護施設
「オオムラサキの里」で5月下旬、さなぎや幼虫計700匹以上がいなくなったそうです。
サルが食べたんじゃないかという説があるそうです。

サルがチョウを食べる。
不思議ではないな。人間も昆虫を食べていた。田舎の家庭料理にあったんだよ。
昭和のころには、蜂の子やイナゴの料理を売り物にしている旅館もありました。
野生のサルは昆虫を食べるというから、チョウを食べても不思議はない。
どうやって施設に入り込んだのかは不明だけれど、
夜の見回りとか、監視カメラでの撮影とか、ネットを固定するとか、
いろいろ対処しているそうです。

6月上旬に羽化がはじまる予定だったのに、ガッカリものですね。
700匹も食べられちゃったら、今後の繁殖もたいへんそう。
オオムラサキは見たことありませんが、
これがゴキブリだったら、対処の仕方も違うんでしょうね(笑)
人間にとって都合がいいか悪いかで、保護するしないが決まっちゃう。
つまりは人間に都合のいい自然だけ保護するのが自然保護。

ヨガの先生は、「自然はからだにいいから、山などに散策に行きましょう」
なんて言うけど、山は舐めるとこわいぞ。
自然がからだにいいのは、「穏やかな場合」 だけに限ります。
天災で避難所ぐらしの人間に、自然がいいなんて口が裂けても言えません。
昔の日本人は、半ばあきらめてなんでもかんでも 「神さま」 にして片付けてましたが、
いまは 「いい自然」 「天災」 と区別してますよね。(西洋の影響だね)
ほんとうに自然を満喫したいんだったら、都会を捨てて山暮らしするしかないですが、
だれもそんなこと、したがらないから山村は過疎になる(汗)
サルさんも、エサがなくて仕方なく、山を下りてオオムラサキを食べたという面があるでしょう。
自然保護というのなら、山の環境を良くすることを考えなければならないのでは?

そう説教を垂れながらも、地球的に環境破壊が進むことを視野に入れ、
人間が自然から孤立すれば
支えられている力を失うかもしれないと危惧する今日のわたしでした。
(けっきょく何が言いたかったんだろう? 笑)

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

国民の皇室観

2019/05/28の中国新聞より。
コメンテーターは立命館アジア太平洋大学長出口(でぐち) 治明(はるあき)。
彼は、令和時代の幕が開けたことに伴い、国民の多くは女系天皇を受けいれてもいいと思ってる、
といっていますが、ネットを見る限りじゃあ、それは違うなぁ。
若い子のなかには、いままで男系だった歴史から、女系だと別王朝になるから敬意を感じない、
という人もいるようですし、うちの合唱サークルにも、同意見の人がいます。
そういう人ばかりだとは思わないけど、この「国民の多く」とはどういう意味で、どんなアンケートとったのだろうとか、
統計的なデータはどうなってるんだろう(統計も取り方によってぜんぜん違う結果が出る)と
いろいろ疑問を感じる今日この頃(基礎データを疑っても仕方ないけどさ)

わたしは女系のどこが悪いのかわからない(だって天皇の血筋だもの)し、
別王朝ってどういう意味なのか

よくわからないです。男の王朝、女の王朝って、あるの? 別王朝って、天皇の血を引かない人のことだと思ってたけど。
だいたい、いままで男系でやってこれたのは、側室のおかげもあるんでしょ。
それが一夫一婦制になってしまって、外戚はみんな天皇一族からふつーの国民になってしまったんじゃありませんか。
GHQのせいでね……(戦争に負けたのが原因なのだが)。
実際問題として、悠仁さまに結婚相手がいなかったり、あるいは女の子しか生まれなかったら、
「万世一系」という神話はどうなるんでしょうか。
神話を信じるのは勝手だけど、原発の安全神話みたいに、「なにごとか」 起こったときに
対処できないのは困るよね。
政府って結局、柔軟さを欠くのかもしれない。(支持層がアレだけに)

このままじゃあ、天皇家はほろびるって危機感を持つ人もいるのに、のんきに「万世一系」 って言っててだいじょうぶ?
憲法によれば、天皇は国民をたばねる象徴なんでしょ。
いなくなったら憲法を改正しなければならない。そのとき勢いづくのは第九条を変えたい連中だろうなぁ。
ぜんぶまとめて、気に入らない条項を変えてしまえってわけよ。
そして国民は、たばねる人間を失ったまま、迷子の羊のように荒野をさまようのであった。
いやな時代になりそうだ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

両陛下、国際親善に熱意

2019/05/28の中国新聞。国賓のトランプ大統領を歓迎した両陛下の話が載ってます。(27日)
デビューの相手がトランプさんだったのは残念だな(個人の意見ですが、
わたしはトランプさんに品位を感じない)。陛下が流ちょうな英語で大統領夫妻と
積極的に接する姿からは、豊富な海外経験という強みを生かし、
諸外国との友好親善に力を注ごうとする意気込みが感じられた、
と中国新聞に載ってました。

余計なお世話だけど、晩餐会のメニュー。
コンソメスープに、ヒラメのムニエルに、牛のステーキ、サラダ、富士山型のアイスクリーム。
果物がついていたそうです。(宗教的制約の場合は羊が出ることがある)
飲み物は、食前はドライ・シェリーにトマトジュース、フレッシュオレンジジュース。
卓上には日本酒、白ワイン、赤ワイン、シャンパン。
食後はコーヒー、コニャック、リキュール、ウィスキー。

随所に心遣いって書いてある。
大相撲観戦やゴルフをするヒマがあったら
原爆資料館のひとつも見れば良かったんじゃなかろうかと
中国新聞の投稿欄にあったけど、わたしもそう思う。
だいたい、北朝鮮に核兵器を捨てろと言っておいて、自分は核実験するってどうよ。
あんたがそういうことするから、相手も態度を硬化させる面があるんじゃないの。
アメリカ・ファーストで世界を恐怖で支配しますか。
さすがトランプさん。4年間しか大統領でなくてほんとによかった
(最長でも8年だし)。
あとに続く人がもっとひどいって説もあるけどねえ。

ところで、今上天皇は、留学経験のある初の天皇なのだそうです。
1983年から2年あまり、オックスフォード大で学んだとか。
そういうお方だから海外から見て日本がどれだけ 環境 に恵まれているか、
(近頃みょうな事件もあるが)、ほかの国よりは安全だということが
身にしみてわかっておられるのかもしれません。
トランプさんを歓迎しているのも、その背後の核の力を意識しているからでしょう。
しなやかに、したたかに、さりげなく、日本のために
外交していってくださいませ。(ちょっとイヤミが入ってます 笑)

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

物語の作り方入門7つのレッスンあれこれ

2019/05/16、図書館から 
『物語』の作り方入門7つのレッスン、
という本を借りて来ました。
自分の好きなお話の傾向をつかもう、という提案が書いてあったので、
とりあえず思いつくままタイトルを挙げてみましたところ、
70近い本や映画、ドラマを思いつきました。
そのすべてが、「謎があり、努力や才能でその謎を解決する」
とか、「困難を乗り越えてハッピーエンドになる」 という話ばかりでして。
昔から、わたしというのは、厳しい現実から、こういう話に逃げ込んでたのね、
と思った次第です。

ともかく、その『物語』の作り方入門7つのレッスン、では、
主人公はどんな性格の人が多くて、いつの時代の、どんな舞台で活躍し、
ハッピーエンドになるか、ソーリーエンドになるか、といった
ストーリー的なレジュメが書けるようになってます。
今までわたしは、「好きなお話」 の傾向はつかんだことはありますが、
それを応用しようという気にはなれなかったです。
だって、似たような話を書くことになるでしょう?
いつも同じ話ばかりじゃ、読者が飽きてしまうかも。
でも、考えてみれば、わたしの大好きな話のパターンは、
似たような話が多いです。
で、しかも、飽きてない。
好きな人は、どこまでも同じ話を好むのだとよくわかったです。

アリガチ話でも、ディテールが違うと、別な話になったりします。
と、この本には書いてありました。
5000文字書くことは、まだ出来てませんが、
もっと気軽に手を付けてもいいのかな、と思うようになりました。
気軽すぎて支離滅裂になるのがわたしの悪い癖ですが!
もっと論理的な思考を訓練したいです。
発想力には自信がありますのでね。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

いだてん #20、#21

2週続けて参ります。
アントワープオリンピックでは、日本古来の伝統的な水泳が通用しなかったのと、
マラソン金栗が16位という惨敗とで、
体育協議会に衝撃が走りますが、
金栗の妻池部スヤが、「完走したんだから金メダルたい!」
とかばってくれました。
傷心の四三はドイツを放浪しているときに、女子たちのやり投げを見て、
ドイツは必ず復興すると確信。
帰郷するなり、東京で女子スポーツのために身を捧げることを
決意します。

しかし、東京の竹下女学校では、四三のやっていることを
拒否する女学生たちの冷たい視線が四三に突き刺さるのでした……。
というわけで、この2つで印象的だったのは、
どうしても熊本に帰って欲しいスヤさんの駄々っ子みたいなところとか、
女学生たちのやり投げを通して四三と生徒たちの心の交流ができる、
というシーンですかね。
ドイツ人に、つたない英語で会話して、びみょーに食い違うところが
ケッサクでした。
オリンピックに参戦しました、までは通じたけど、
16位だったというところで、『I’m 16』 と言ったら
16歳だと間違われちゃうのよ。大笑い。

女子たちのやり投げのシーン、女の子に『シャンがいない』 だったのが、
「言いたいヤツには言わせておけ」 四三の教育方針は 強い精神を生んだようです。
拒否していた女の子たちが、目覚めてがんばる姿に感動しました。

次回は目覚めすぎた女子たちが大活躍する話、のようです。
志ん生はいったい、どうなってるのかな。いつの間にか結婚してるみたいだけど。
このドラマはダブルキャストなので、志ん生の出番が少ないとさびしいです。

令和最初の中国新聞(その2)

5月1日の中国新聞から。ちょっとデータが古い^^;
皇位継承は初の戦後世代といいます。
平成ありがとう、というわけで、令和には平和や復興を期待する声があったらしい。
赤ちゃんは、前回改元から26%減。コンビニは3.6倍増。
祝賀ムードの改元は今の時代らしい、という声も載ってました。
平成最後の消印をというわけで、郵便局に押し寄せる人がいたようで。

雅子皇后陛下におかれましては、外務省でのキャリアを生かし、
大使館のパーティに積極的に出席されるなど、
国際親善をなさるのもいいでしょう。
ご病気から回復され、その大家にゃ経緯を語って頂ければ、
同じような境遇の人々の励みになり、国民からの共感も
一層得られると思います。
と、林真理子さんが言っている記事もありました。
林さんらしい、視野の大きな暖かい記事だと思ったことですよ。

令和になってひと月以上経ちました。
いつもの日常が戻ってきたけれど、この先になにが待っているのか……
「わたしは生まれてきたときは裸だったのだから、
死ぬときも裸でいよう」
と聖書の記事もありましたが、なかなかそういう達観にはたどり着けません。
 むなしいとわかっていながらも、届かぬ星に手を伸ばしているのです。

令和がいい時代だといいのですが。

 

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村