特殊詐欺はがき、来る(後編)

13日の話の続きです。初めて読む人は、過去の記録を遡ってください。
さて、合唱サークルに、特殊詐欺はがきが来たことを話しました。
すると、雑談上手のAさんが、こんな話を聞かせてくださいました。

「うちにも、こんな電話がかかってきたのよ。
『おれだけど』 って言うから、息子の名前を呼んだの。
そしたら、風邪をこじらせて、いま、病院にいる。
結果は分からないけど、お金を用意してくれっていうの。
嫁が子どもの面倒を見るために、実家に帰っていたから、
嫁に電話して、いま 北海道にいる息子のところへ行ってやって、
と言ったら、『おかーさん、それ、詐欺だよ』って。
それで、再びその男からかかってきた電話に、思わず、
『あなた、姓はなんていうの?』 って聞いたら、息子の名前じゃないのよ。
『そうなの。名前は同じなのに、姓が違うって偶然もあるのね。
いま、病気でたいへんなら、すぐに病院へ行って、
治療を受けたほうがいいわ。
わたしには、どうすることもできないから』
って言ったのよね。

そしたら、それっきり、電話がかかってこなかったの。
でもね、それから数ヶ月後、今度こそ、詐欺にあったのよ!
消防員の格好をした知り合いの人で、
お祭りによく来てた人だったの。でも、話はしたことがなかったの。
急に自宅をピンポンして、『近くの壁に車をぶつけたから
弁償するのに 3万円、貸してくれ』って。
顔見知りだし、気軽に貸したら

その人、
自殺しちゃったの。

お金は返ってこなかったわ。

その人、ノートに、借りた人の名前と金額を、
びっしり 書いていたんだって。
借金が、苦しかったのかしら……

お嫁さんが返金しようとしたけど、お香典としてあげちゃった」

なんか身につまされてしまいます(父のことを思い出す)。
大人になりきれなかった父。試練を乗り越えることが出来なかった。
というより、そこから逃れる手段もあったのに、安易に自殺した。
妹は、「半分はお姉ちゃんに責任がある」って言ってたけど、
わたしが父のお金を搾り取ったわけじゃないもんね。

妹とは、できれば口をききたくないな。
腹が立つ自分の、感情の乱れが病気に差し障りそうだ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

夫とゲームする

わたしの主な趣味は、創作と読書ですが、
ここ5年来、スマホゲームにもハマってます。
位置ゲームIngressが最初ですが、つぎにハマったのが
Pokemon GO。
最近じゃ、ハリポタ魔法同盟にもハマってます。

「カタン」というゲーム(ドイツで賞を獲った)も、
やりたいけどな~。時間がねーなと思ったりも、します。
みんな、Nianticが運営しているという(笑)

いちばん長く続いているIngressには、ミッションというミニゲームがあって、
それを夫と楽しむのです。
このミッションで、知らなかったモニュメントや逸話など、
知ることが出来ました。
ただ、最近は、へたりぎみです。
近所のモニュメントは、ほとんど見聞してしまったので……。
写真を撮れば経験値を稼げたり、目的地までナビがあったりした旧バージョン。
Primeになってから、その機能は削除されました。
不満です。

Ingressには、ゲーム仲間もいます。Nianticが手を引く、という噂がある昨今、
そりゃ、儲からないものは切り捨てるだろーなー
と、思ってます。
意識高い系のゲーム会社だと思ってたんですが、まあ、カネは諸悪の根源だなと。
最近は、この会社も、いちばん儲かるPokemon GOを中心に、
自社製品に誘い込もうと はかっているようですが、
そもそも、Pokemon GOは、単純作業しかできない初心者向けのゲームなのでした。
ハリポタ魔法同盟の方が、その点では、工夫されてるかな。

わたしには蒐集癖があるので、ハリポタ魔法同盟の登録簿が集まっていくのは
快感だったりします。
……なのに、歩くヒマがないんです……TT
ジムで1時間、運動したら、食事の用意のために
スーパーマーケットに自転車で直行。
午後からは、お話作りをしています。

最近は、ボツにした、『宇宙ドライブイン 虹』 に、再挑戦。
ネタをあれこれ、仕入れたりしています。
宇宙を舞台にせず、異世界ものにしてもいいかな、とか思ったりも、します。
ああでもない、こうでもないと思っている間の時間は、至福です。
作り始めたら、地獄です(笑)
こういうときに、ゲームのアイデアをもらうのも、アリだなと思ったりも、します。
記憶を登録する、というハリポタ魔法同盟のアイデア、秀逸だ。

早うミッションが元通りになってくれんかのー。
ゲームするヒマがないけどさー。
いろんな思い出、ありがとう。Niantic。
今後とも、よろしく。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

特殊詐欺はがき、来る(前編)

2019/10/23、特殊詐欺はがきが、来ました。
うちの義母あてなんですが、名前(漢字)が、カタカナになっていました。
バカにしているだけでなく、内容が、「消費した代金を払え」という、
身に覚えのない請求。
警察に、110番してみました。
電話を取った警官が、開口一番、「事件ですか、事故ですか?」
わたしは、「詐欺です!」
警官は、はがきの内容をざっと聞くと、地元の警察窓口を、紹介してくださいました。

わたしの住所も名前も電話番号も、話しました。
詐欺はがきの宛先とか、連絡先、裁判所の 「管理番号」 も、話すことになりました。
詐欺はがきに関しては、すべて、警察の資料にあるようでした(手元の資料を見てます、と言ってました)。
「よくあるパターンなんですね」
というと、それには答えず、
「その電話には、かけないようにしてください。結局、お金を払えってことですから」
「そりゃもちろん!」
わたしは、請け合いました。

夫と義母に見せたら、夫は、はがきに記載されていた電話番号を検索して、
「架空請求の業者の電話番号だね」 と検索結果のサイトを見せてくれました。
「きっとおかーさんの年齢とか住所とか、漏れてるんだよ。
トシヨリを狙った詐欺が、増えてるからさ……」

ということで、わたしは、まずfacebookにはがきを紹介しました。みなさん、驚いていました。
つぎに、ヨガサークルに、このはがきを見せてあげました。
「うちにも来た」 という声が。
関連した話。「屋根修理します」 とやってきて、
屋根瓦をぶっ壊す詐欺の人。
被害者は、家の一階に住んでいましたが、彼女の娘が二階に住んでいて、
「おかーさん! 屋根が壊されてる!」
言われてびっくり、慌てて詐欺の人にお金をやって、謝辞まで言って
追っ払ったそうです。
お金、払ったの?! まさか! ってみんなで言ったら、
「だって、居直られたら困るもの。女しかいないから……」
じゃあ、警察を呼べばいいじゃん!
まあ、抵抗されたら怖いかもだけどさ……(汗)

合唱サークルにも見せたんですが、
その話は長くなるので15日にします。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

目指せ! 体重48キロ 令和版(10)

今日も、ダイエットの話です。パート10です。
友だちに、このシリーズの感想を聞いたら、
「思ってても、なかなか出来ないから、
すごいと思った!
気軽に出来る、ダイエット法、教えて!」
ということで、いろいろ考えてみました。

時間とお金が有り余っているなら、
気軽に出来るヨガが、オススメなのです。
ヨガは、動きがゆっくりしているので、
やっていて、気持ちがいいし、
ハードな運動じゃありません。
ポーズもいろいろあります。
「からだの柔らかい人しか、出来ないのでは?」
それ、誤解です。
からだが堅い人ほど、オススメです。
ヨガをやってるうちに、やわらかくなります。

わたしは、公民館活動で、月3回、木曜日午前中(9:30~10:30)
ヨガをやってます。
癒やしの音楽(ヒーリング・ミュージック)をかけつつ、
「ネコのポーズ!」
とか、
「サカナのポーズ!」
とか、言われるままに、身体を動かしています。
自主練、したくなったので、録音機で先生の指示する声を録音し、
家でやってみますが、忘れちゃってるポーズもあるので……
先生がいないと、ダメだーなんて。

ヨガは、ストレッチ効果があり、
普段動かしていない筋肉を使います。
なので、ヨガが合わない人もいるようです。
まあ、一度、ためしてみるのもアリでしょう。

「ずぼらヨガ」 という本がありますので、
図書館で借りるのも テですね。
ただ、ヨガは、時間がかかるし、
実際に、先生を呼ぶとなったら、相当お金もかかります。
公民館活動してるから、3ヶ月4千円ぐらいで済んでるけどね!
ビジネス・パーソンには、オススメじゃないかもしれません。

ほかに、どんな話が聞きたいですか?
リクエスト、お待ちしています。コメントつけていただけると、幸いです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

表現の機微

夫に創作物を見せました。
「ニンニクのような腕ってなに」
と言うと、義母と一緒に、笑い転げました。
妙な表現はするな、と言うのです。
おかしいかなぁ。面白い表現で、しかも、的確だと思うけど。

赤川次郎せんせーも、時々、妙な表現をします。
「フルコース夫人の冒険」 で、主人公の夫人が、
「イルカのように」歩いていると言うんです。
ところが、だれも、批判しません。
なぜ、赤川次郎の妙な表現は許されて、
わたしのは、ダメなんでしょーか!
その表現はおかしい、とわたしが言うと、
「きみのセンスの方が、おかしい」
と逆襲されるありさま……TT
わたしの文章力がないからなのだね、わかってますよ(ふんふんふーん!)
比喩や暗喩って、難しいね。
というか、文芸そのものに、慣れていない可能性がある。
童話とか、児童書レベルの感性で、
文芸を書こうというんだから、
それがおこがましいのかもしれない。

身の丈にあった、お話を書けってコト。
修飾を取っ払って、すなおに書くことが、
わたしらしい作品なのかもしれない。
エッセイのように、のびのび書け、と言われたこともある。
リライト版の小説は、なんとか夫に合格をもらったのですが、
小説は、やっぱり、難しい。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

創作と創造物

わたしが子どもだった頃、現実という退屈な話より、
フィクションの方がずっと面白いよ、と主張する
作家のエッセイを読んだことがある。(その作家の名前は、忘れた)。
ファンタジー好きなわたしは、一も二もなく賛同した。
宇宙モノが流行っていた時代だったが、
その頃から、わたしは異世界ものにハマっていて、
「地に足が着いてない」
と、人から批判される日々が続いていた。
母の実家の伊勢で、生まれ故郷(東京)の言葉を話して、
「あんたどこの人」と問われ、
「地球人です」 と答えていたのも、この頃である。

大人になって、会社に勤めるようになってくると、
世の中は、ままならぬものだと実感してくる。
引きこもりになる人の気持ちも、徐々に分かってくるものだ。
夜遅くまで働かされて、スズメの涙ほどの給料をもらう。
仕事をこなそうにも、実力が伴わない。
こんなハズじゃなかった。
男と女が同等だ、というのは、一部業種にしか通用しない
寝言にしか、過ぎなかった。
現実が見えてくると、ファンタジーへの没入も、
ひどくなっていく。子どものように純粋すぎて、病を得たりもする。

そして30年経った。
最近、自転車でジムへと通っているのだが、
その道の途中に、さまざまな草木がある。
季節ごとに変化していくその様。
スイカズラは、白い花を誇り、
アサガオは、カリンの隣で花火のよう。
世界は、驚きに充ちていることに、今さら気づいた。
ファンタジーは、本の中にあるのではない。
現実こそ、ファンタジーである。
という気持ちが、生まれてきていた。

高畑勲は、ファンタジーが日本の世界を席巻していることを危惧して、
「現実を見ろ!」
と、警鐘を鳴らしたそうだが、
あらゆるものが 色んな言葉をしゃべりだしている昨今、
(エレベーターとか、風呂とか、空気清浄機とかが、しゃべってる……)
現実がファンタジー化していることは、みな、無意識に感じているはず。
今までは、一部の人だけが、
現実への驚異を抱いていたのだが、
最近は、そうでもないのかもしれない。

以下は、わたしの個人的な考えであるが
ファンタジー好きな人は、他人の創造物で一喜一憂するよりも、
神の創造物の内側で生きる方が、
生きていくことに価値を見いだすかもしれない。
「人はパンのみに生きるモノにあらず
神のひとつひとつの言葉によりて 生きる」
と、イエスは言っている。
逆に言えば、気づかなかった日常の価値も、
ひとつひとつ、確認しつつ生きることもまた、
「生きる」ことにつながるのではないか。

それにしても、「生きる」って、なんだろう。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

10月11日、ロイヤルプログラムに参加

カクヨムのロイヤルプログラムに、参加することにしました。
設定次第では、広告を表示できなく出来るらしいけど、
とにかく、カクヨムでは、
Web作品に広告がつくようになります。

またひとり、カクヨムからフォロワーが減ったし、
つまり、売れる物を書いてねってことだね。
なにげにプレッシャー(笑)

広告してるから一流じゃない、ってことはない。
一流の宮崎駿さんも、「魔女の宅急便」で
ヤマト運輸からバックアップをゲットしていたし、
旭化成は、ノーベル賞の吉野さんを雇っていた。
ノベルに広告を載せるという、カドカワの発想や、挑戦心は、凄いなと思う。

広告が出る、というのは、雑誌形式になるってことかもしれない。
好きな作家を追跡して、それだけを読むのではなく、
ほかの作品も、光が当たる可能性もある。
雑誌が売れない昨今、とにかく、助力してくれるところを
探してもらえたんだから、いいのかもしれない。

いままでみたいに、自分が納得しているだけの作品は、作れなくなるだろうね。
箸にも棒にもかからない作品とか
オリジナリティーがどこにあるのか、新鮮味がないぜという作品とか、
ほかサイトにも、カクヨムにもいっぱいありますが、
わたしも、そういう作品は書かないようにしなければならない。

それもあるが、書いた文章を事前確認をしてUPしろと
なんども 人から言われてるんだから、
ちゃんとしたいですーーーーッ!!!

あと、愛嬌のある文章が、
書きたいよーーーーーーっ!!!!
きゃぴきゃぴ(死語)な文章は、人を幸せにします。
でも死んでも無理だとわかってるけどね……(乾笑)

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

紙日記 10月3日-06日

紙日記を10月3,4,5,6日まで、リライト版でお送りします。

10月3日
スマホアプリって、若い子向けが多いのね。
スマホアプリTikTok、ヨガサークルの奥さまたちにはウケていた。
ヨガサークルは、40代、50代が多いんです。
合唱サークルは、70代の人が多いから、それに比べると若い。
動画の登場人物は、意外にも、中学生・高校生が脇役、
猫や犬が中心でした。ヨガサークルには、動物動画がウケてました。
動物や赤ん坊にヨワいみなさん、きゃあきゃあ言って見てました。

そのヨガサークルの話題で、ネットに個人情報(住所・氏名・電話番号)を載せていたサイト
「ネットの電話帳」 の話が出まして、
まあひどい、キショイとおびえるサークル会員。
翌日、ネットを見たらそのサイトが削除されていました。
警察に、通報した人がいたのでしょうか。

10月4日
創作に苦労中。一度に一つのことを、集中的に書くことをこころがける。
あれこれ、一度に書くと、なにが言いたいのか、わからなくなる。
自分で納得しているからって、読者にもわかるとは、限らないのでーす。

10月5日
来年のカレンダーづくり。
自由に画像がつけられる来年のカレンダーを、夫が見つけて、データをプレゼントしてくれた。
作ったカレンダーは、毎年、トイレに飾っている。風水的には、不吉らしいけど。
同じカレンダーを、合唱サークルの会員さんのひとりにも、プレゼントする。
「いつもカレンダー、かわいいのよね。年賀状もかわいい!
どうやって作ってるの?」 会員さんが、聞いてきました。
カレンダーは、ネットから、著作権フリーの季節のイラストをDL。
年賀状は、専用ソフトをつかってます。オンラインDLするタイプのものです。
ことしは、夫の父が亡くなったので、喪中はがきを出さないといけない。
年賀状、どうする? って夫に聞いたら、
「いつも通りで、いいよ。親戚以外は」
よほど、父親を憎んでいるようです。なんか、さびしい。

10月6日
Ingress。ナビが使えず、散々だった。
ただ、牛田というところは、都会的でいいと思った。珍しいモニュメントもいろいろある。
敵陣営も多いし、ゲーム三昧にひたれそう。夫と遊べたらいいな。
ナビが使えないので、あらかじめ用意していたミッション地図を、
印字して、探検していた。
ナビ はよなんとかしてくれー。

帰宅後、ラジオ録音を聞く。
50代でブレイクする人がいる(声優、若本 規夫) という話を、
ラジオ深夜便でやっていた。

メモ:
ショートショートを、書いてみたい! しかし、ネタがない!
毎日、1個は書かないと、腕がにぶるそうだ!
毎日は、書けないよ(涙)

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

目指せ! 体重48キロ 令和版(09)

今日も、ダイエットの話です。パート9です。
今日は、制限している糖質が、いかにして崩れつつあるか、
という、ダイエットにありがちなお話です。
体重減らすのが、こんなに大変だったとはね。
それでも、10月15日に、神経内科に通って、血液検査の結果を見たら、
いちおう、血糖値は減ってました。
なのにーなーぜー 歯をくいしばってもー
体重は減らないのかー
アテがはずれたー(『若者たち』 替え歌 昭和の歌なのヨ)

2019/10/14、祝日でした。スパゲッティのソースを自前で作り、
ローカボ(低カーボン)の麺を15分程度ゆでて、食べました。
……ハズレでした。
そもそも、ゆで時間が短すぎた可能性もあるんですが、
麺はボソボソ、硬い。小麦粉くさい。
わたしの作ったソースは美味しいのに、
麺がひどい、と夫も義母も、不満たらたら。
わたしの手作りソースが好評なのは、うれしいな。
昔は、恐怖料理つくってたんですよ、わたし!
家庭的じゃない人間だったから!
専業主婦も30年やってりゃ、成長するよ。
好きでやってるわけじゃないけれど。
ローカボ麺は、あまりに不評だったので、捨てました。
かつてのわたしの、料理みたいです。(涙)
ああ、口が驕るって、こういうことなのね。

その後、血糖値が下がったということで、
義母も夫も、我がことのように喜び、
「これで、一安心!」
と何度も、何度も、繰り返しました。
「でも、安心しちゃダメだ。
キミは、父方のおばーちゃんも
母方のおばーちゃんも
糖尿病だったんだろ?
血糖値が上がりやすいんだから」
とかなんとか、夫は言いつつ、
アイスクリームをわたしに食べさせるのであった……
ダメじゃん! (笑)

糖質制限って、やってみると大変です。
あらゆるものに、糖が入ってます。
デラックス醤油とか、めんつゆとか、ケチャップとか、
意外なところでは、顆粒かつおだしにも、
入ってるじゃ、ありませんか!
ソースにも、もちろん、入ってます。
夫は、ソースを手作りしました。
(1時間しかかからない、簡単レシピをゲットしたのだよ!
クックパッド、ありがとう!)
浅漬けの素も、手作りしました(市販のは、これにも糖が入ってます!)

糖を制限しようと、家でどんなに努力しても、
外食が続くと、ダメですね。
まあ、いちおう、運動はしてますから、
ひどい状況にはなってませんが、
またいつ、血糖値があがるかも、と思うと
ブルーになるわたしです。

ほかに、どんな話が聞きたいですか?
リクエスト、お待ちしています。コメントつけていただけると、幸いです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村A

紙日記 10月2日(リライト版)

紙日記 10月2日(リライト版)
 わたしは、生まれつき、クリスチャン(プロテスタント)。最近、それについて、
 思うことがあった。別にたいした話じゃない。宗教の話である。
 炎上するかもしれない。それにリアルに重いから、ブログ向きじゃないんだよな。
 興味のない方は、読まないように。

 プロテスタントというのは、3つポリシーがあって、
 「聖書のみ 信仰のみ 恵みのみ」
 というのがスタンスだと言われているらしい。
 その、ポリシーのひとつである『聖書』とわたしの関係について、
 創作をしていく上で、芽生えた認識がある。

 それは、「聖書は神の言葉だが、
 同時に 『本』 である」
 という、わたしの信仰上の発見である。
 こういうことを書くと、なにをあたりまえなことを、
 と思う人もいるだろう。
 でも、わたしは聖書を神の言葉と思っている。
 そもそも、聖書が神の言葉、と言う定義に、
 アレルギーを起こす人もいる。
 
 聖書は自分で、自分の文章は神の言葉だと主張しているに過ぎないから、
 信じてない人には、戸惑いや、反発もあるだろう。
 押しつけを感じる人も、いるかもしれない。
 実際に聖書を読んでみて、
「外国人の名前がぎょーさん並んでて、
 けっきょく、異国の神さまの宗教ね」
 と言う人も、いるだろう。
 さて、仏教はどうか。
 仏教も、外国の宗教だが、日本人にはそれほど、アレルギーはないように見える。
 お釈迦さまだって、外国人なのに、日本人には、なじみ深い。
「仏の顔も三度」とかね。
 一説には、浄土真宗は、イエスの言葉の影響を受けているそうだ。
 欧風カレーでも、ひと工夫すれば、日本のカツカレーになる道理である。
 
 それはともかく。
 わたしが、聖書を 『本』 にすぎない、と思ったきっかけは、自作の創作だった。
 創作をしていくうちに、登場人物が語り出してきた。よく聞く話だが、いままでと違っていたのは、
 論理的にストーリーが、すーっと出てきたこと。初めての体験だった。
 それと同じとはいわないが、神さまが創った人類だって、自由に語り始めている。
 聖書というのも、創造物のひとつである。(神が直接、創ったわけではないのだが)
 
 自分だけが神だという聖書の言葉が、わたしにとって、違和感があるように、
 「汝の敵を愛せ」 というのも、もしかしたら、なにか、違う意味があるのかもしれない。
 この聖書に書かれている神の言葉、つまり
 神さまの意図は、別にあるのかもしれない。
 なんと言っても、啓示を受けて聖書を書いたのは、人間であって
 神さまじゃない。人間が勘違いして、書いたことも、あるかもしれない。

 自分の中のあやまちを許すように、人のあやまちを許す、というキリスト教の考え方は、
 今後、わたしにとって、どういう意味を持つようになるだろう。
 そんな疑問がめばえた瞬間、聖書に書かれていること、ひとつひとつを、
 無条件に、純粋に、実行する必要は、ないかもね、と
 気づいたのである。

 いままでのわたしは純粋に、「神さまがそう願っているから」 という理由で、
 わたしを傷つけた人と、できるだけ、ふつうに会話したり、
 父を自殺に追い込んだ妹にも、優しい言葉をかけてきた。
 それでどうだった? わたしは、幸せになれただろうか?
 傷つけなければ、わからない人だっている。
 悪に対して、善を持って勝利しろ、とイエスは言うが
 自分で勝手に、「善」 だと思ってしたことが、悪い人にとっては
 いいカモめっけ!
 だったりするわけである。
 宗教というのは、現実に対して、無力なところがある。

 宗教を信じていれば、幸せになれるというわけではない。
 宗教心だって、きわめてしまえば、マザー・テレサみたいに評価されたりもするが、
 わたしには、きわめるのは難しいし、評価が幸せにつながるとも思えない。
 しかし、宗教を通して、より深く、物事を見ることは、できるかもしれない。
 聖書、という本を通して、「神と人間」 を 見つめてみたい。
 つまるところ、わたしの性格の一端は、キリスト教が占めているのだから。
 なんの圧力も弾圧もなく、自由に自分が自分でいられる。それはひとつの幸せではないか。
 といったことを、教会に行って、牧師に話してみたいが
 敷居がたかいので、やめてまーす。 
  
 

 

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村