手強い一族、その名は

2019年6月14日(金)、朝日新聞より。
益田ミリさんの、「オトナになった女子たちへ」というコラムを読みました。
「旅先の金沢で外国の旅行者に道を聞かれた。
あたふたしてしまい「とても遠い」としか英語で答えられず、
まったく役に立たなかったわたし」
土地勘がないためもあるけど、
ほかに教えられたはずなのに後悔しきりと書いてあります。

日本人が親切でやさしい、というのは、こういうところかもしれません。
行きがかり上でも、つい、道を教えてしまう。
わたしなんか、知らん顔ですよ(笑)
だって英語が使えないもんね(ESS入ってたのに……
English Speaking Society
ならぬ
Eating Sleeping Society
だった短大の頃……TT)

ところで、そんな彼女の仲間にも、
「全部言う族」という、ぶっちゃけ、興ざめな一族がいるそうです。
言わぬが花って、世阿弥も言ってますが、
全部言う族は、とにかく、全部言っちゃう。
察してあげられることでも、
ぜーんぶ言っちゃう。
それでミリさんは傷ついてしまう。

日本人って、繊細だと思うコラムでした。
英語圏の人には、たぶん、わからん感覚に違いない。
で、全部言う族は、英語教育の犠牲者なのでしょう。
日本の美徳って、伝えるのは難しい。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

資源ゴミを盗む人々

2019/06/19の中国新聞。LINE投稿があったとのことで、
資源ゴミを盗む人々について、2ページを割いて紹介していました。
どこの都市も同じなのでしょうが、広島でも古紙やアルミ缶など、
資源ゴミをリサイクルすることになっています。
しかしその資源ゴミを、ゴミ収集所から盗んで
リサイクル業者に売ることにより、
自分の収入にしてしまう人がいるのです。
市はなにも手を打たないのか、と
投稿者は怒っています。

泥棒にも三分の理というわけで、
いいわけを聞いてみると、曰く、バブル崩壊後に職を失い、
資源ゴミを盗むことを覚えた。
それじゃダメだと奮起し、
タクシー業者になったものの、身体を壊してダメになり、
また資源ゴミの泥棒になってしまった。
最近では、アメリカからの資源ゴミを輸入していた中国が
日本に鞍替えしたため、ゴミの値段があがり、
月20万の儲け。
当分やめるつもりはない、そうです。

市の方は、罰則を強化するとか、
リサイクル業者に正体のわからない人間から買うなと
圧力をかけるとかします、と言ってるそうですが、
この問題、それで解決するでしょうか。
根本解決にはならない。わたしは断言してもいい。
だって、ラクして稼げる仕事が、目の前に転がってるんだよ?
もっと働きがいがあって、収入も高い仕事を用意しなくちゃ、
泥棒さんも、生活が出来ませんよね。
罰則がこわくて犯罪ができますかね、と泥棒なら言いそうだ。
好きで犯罪してるわけじゃないんだろう。
仕事がないのが致命傷。
年を取ったら雇わない企業論理が、結局は市の財政を苦しめてるんじゃないのかな。
もっとも、コンビニとかで勤めりゃいいじゃん、という意見もあるけれど。

それまで培ってきた経験や知識が活かせる職場がないのかなぁ。
ゴミ問題は、自分自身の問題でもある。
わたしも、経験や知識が活かせる環境が、
ブログしかない状況だからねえ。
もし、結婚してなかったら、そして夫に仕事がなかったらと思うと……。
これからの時代、自分さえ良ければって資本主義は行き詰まる。
いやなことも引き受けて、生きていくのが人生ってやつ。
新しい価値観が必要だと言われながらも、それがどうにも見つからない、
資源ゴミ問題でした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

令和2ヶ月

今日で令和がひと月になりました。
雅子さまが、意外としっかり公務をなさっておいでで、安心しました。
外交が主になってますが、そっちのほうが水にあってるようです。
そりゃまあ、もと外交官だからね。
適応障害の治療のために、ヨガもやっておられるそうです。
ヨガの先生が、そのやり方を教えてくださいました。

うちは、熟睡できない夫のために、こないだ放送していた
「たけしの家庭の医学 2時間SP」
を録画して見せようとしたんですが、
(ヨガで熟睡できるポーズを放送していたんです)、
「薬があるからいい」
と夫はめんどくさがってます。
自助努力ぐらいはしてほしいですね。自然治癒力があるんだから。

令和になっても、相変わらず地震はありますし、
やたらと警官は刺されたり問題を起こしたり、
いろいろです。
精神障碍者2級の人が警官を刺した話が放送されていて、
わたしもそれなんだよねー
偏見が広がるから、やめてー
と悲鳴を上げたもんでした。
障碍者って、ひとくくりにして欲しくないです。
個性だのなんだのっておためごかしはやめてほしい。
ふつーに生きる権利があるはずだ。
まあ、わたしは作家を目指してますがね……。

ことばの使い方がアレなので
ふだんから気をつけねば作家としてどうだろうなーと泥縄式に思う
今日のわたしでした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

6月末反省記

2019/06/14、富士見書房むけの16万字程度の作品を書いてます。
「パート・タイム・パトロール」をリライトしています。
タイトルも、「主婦は時間探偵」 と改題。
1日2000字から3000字を書いてます。
16万字書かねばなりません。
〆切りに間に合うでしょうか^^;;
ほかに「異世界人ジェイディス」 というタイトルのも書いてます。
こっちはゆっくり書くことにしてます。間に合わなくてもいいんです。
試験的に書いてみて、間に合えば投稿するかな、と思ってる。
大切なのは、わたしの大好きな時間旅行モノで勝負するってこと。
アマチュアの間だけだからね、好きなことが書けるのは。
ジェイディスや時間探偵の話は、『スターマン』の影響がモロあります。
好きなんです。スターマン。

2019/06/17 検診に行きました。
待ち時間のあいだ、『思わず考えちゃう』 (シンスケヨシタケ)と
『ショートショート ドロップス』(新井素子編)の2冊を読了。
検診のある中区までは1時間かかります。
なので、順番は65番目でした。
雑誌(レタスクラブ・オレンジページ)をチラ見して、
新しい食事のレシピを覚えて帰りました。
著作権の関係でお話しできないのが残念です。
おいしそうでしたよ。

2019/06/19 美容院に行きました
髪の毛を染め、長くなった髪の毛を切りました。
サークルの人が、「若返った」 と言いました。
まえはおばさん臭いと言われていましたので、
ちょっと誇らしくなりました。
美容院を変えたのですが、切るだけならどこも同じだね。
安くなったし、ルンルンです。

2019/06/18 町内HP、管理を委譲する
わたしが作った町内HPですが、パソコンボランティアをやめたので、管理者がいなくなりました。
で、町内会長に依頼したら、
管理を引き受けてくださるということで、大変感謝しています。
これでもう、よけいに時間のかかる仕事はしなくて済みそうです。
ただ、会長におかれましては、負担が増えたんじゃないかとそれが心配。
責任を中途で投げ出すことになって、ほんとに申し訳ないんです。
でもわたしには、夢がありますから!
54でデビュー。ムリかもしれんが。
まあ、挑戦だよなにごとも。

2019年6月23日(日曜日)の中国新聞SELECTで、
シリコンバレー狂想曲という番組がナショナルジオグラフィックで28日午後9時ほか放送される、
と書いてありました。

(一部抜粋)

インターネットバブルを通して爆発的に形成を変えていった、米国のシリコンバレーの出来事を描く。誰もがよく知るテクノロジーの台頭、衰退、そして復活を経験した人物たちに焦点を当て、これまで一度も語られたことのないテクノロジー革命の真実を、ハリウッドの制作陣が手がけた脚本と演出によるドラマ部分と、本人が語るインタビュー部分を組み合わせて明らかにする

(以下省略)

ナショナルジオグラフィックを見られる環境があるのなら、ぜひご覧になってはいかがでしょうか。
わたしは興味はあるけどお金がないので見られません……TT
既にご存じなら、すみませんでした。

 

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いだてん #24

偉人というのは、周囲にめぐまれて育つ面もあるんですね。
今回のいだてんは、池部のおかあさんが偉大でした。
帰ってこいと言っていたのに、東京大震災で家族を心配して帰ってきた四三に、
「逃げて帰ったのか」
と責め、韋駄天の由来を語って聞かせます。
人々のために、駆け回って食料を集めて施した神さまの名前。
それに恥じないようにしろと。

柔よく剛を制すると目がさめた四三くん、
地震の東京にもどって大活躍!
胸が熱くなりました。
人間は無力だ。それに気づいたとき、ほんとうの強さが判る。
四三の目には、希望の光が宿っています。

志ん生も、周囲にめぐまれています。
こんな地震で寄席なんかありっこない、と思ってたのに、
芸を披露する機会に恵まれて。
「泣いて笑うのが人生だ、そういう落語をやってほしい」
車夫にお願いされたシーンは、じーんときました。

嘉納治五郎先生も偉かった。
悲願だった競技場を、避難所に開放しちゃった。
ただごとじゃない。問題意識が違う。
こういうのをみると、やっぱり環境ってあるよね、
四三くん、恵まれてるねと思うのだよ。

さて、来週から第二部に入ります。
いよいよ64年の東京オリンピック!
前畑がんばれ、のシーンが見られるか。
このシリーズ、ほんっと平和的でわたしは好きです。
戦闘シーンがあると、イヤになりますから、わたしはね。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

『子どもが難病と診断されまして』(03)

この難病の母親は、お薬で発作がなくなれば意外と普通に成長できると期待します。
そして、自分は長く現役を離れていたが、
西広島タイムスの求人欄を見て、働いてみようと決意するのでした。
……父親の姿が見当たらない。
お父さん、なにしてるのよ。

そういうときにしっかりと家族を守るべき父親が姿を見せない。
男って、頼りにならないときがある。
わたしの父も、定年後に職を失ってから
たがが外れてひどいことになりました。
男ってどうしてこんなに色々いるのかな。
この難病の子どもの父親が出てこないのは、
離婚したのか、はたまた仕事に打ち込んで相談にも乗ってくれないのか。
ひとの家庭の事情をいろいろ憶測したりして。

夫も、わたしがいなくなったらすぐに力尽きて死ぬ、
なんて情けないことを言っていました。
女はそういうことはないですね。
母はつよし。
まあ、わたしは子どもはいないけど。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

『子どもが難病と診断されまして』(02)

小児科の診断室にもどっていく母親。
娘の脳のCT画像が映し出されています。
白っぽい丸い部分が水玉模様のようにたくさんある脳の断面の画像。
素人目にも異常だとあきらかにわかります。見るたびきゅうっと胸が締め付けられる。

と、記事に書いてありました。

実母のことを思い出しました。
実母はくも膜下を2週間わずらって亡くなりましたが、
80年代だったため、MRIはとれず、CT画像でした。
脳幹がまっくろでね。
出血がひどかったんですよ。
「処置が早かったから、80%の確率で生還します」
と言ってたのが、
「70%……」
「50%……」
 だんだん生存率が減っていって 「植物人間になるかも」 なんて言われて衝撃を受けました。
 いまでも忘れないのは、親戚のひとことでした。
「あんたらが面倒をみるんやで。うちは関係ない」
 母が死んだ直後には、
「形見分けをしろ」
 と葬式で言ってたっけ。
 人は危機に立たされると正体を現します。
 立ち向かう人、逃げる人、足元をすくう人。
 親がいなくなったとき、すべてが狂ったのがわたしの実家でした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

『子どもが難病と診断されまして』(01)

以前、この日記で紹介していたことのある話題です。もう忘れちゃったかもね。
2歳の子どもが 『結節性硬化症』 という難病になった話です。
てんかんと斜視の発作があり、広島大学病院へ連れていったら、
MRIに影が見えた、という話まではした記憶があります。
それっきり話題が途絶えていたのは、単に書くヒマがなかっただけです。
月に1度か2度しか連載しないから、こっちも忘れてるという一面があったり(こら)

とにかく、広島病院の小児科に母親の彼女(名前が出てない)がおじゃましたときは、
2016年4月4日の頃でした。
眼科の時と違って、小児科は待ち時間が少なくて助かったと書いてあります。
でも、3人目になってたため、最初の頃とくらべて育児熱もさほどでなく、
何ヶ月で寝返りしたか、ハイハイしたか、たっちは? 全然わからなかった、そうです。
記録を取らないのはやはり問題なのでしょう。
そういう過去を精査して、治療が確立していくのです。
さいしょに生まれた子どもって、すごくトクなのね。
昔話で次男が長男をやっつける話があるけど、
気持ちはよくわかる(汗)

眠った状態で脳波検査をするんだけど、睡眠導入剤の入ったシロップが
その難病の娘は大嫌いときたもんだ。
ジュースに混ぜつつ大騒ぎしてやっと半分ほど飲ませたそうです。

子どもへの愛情があふれてる記事です。
苦労話をしていても、どこかユーモアがある。
ちょっと自分を突き放したところがあって。
難病だとそれだけで気持ちが混乱してたいへんだろうに、
客観的に書いてある。
凄い人です。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

いだてん #23

#23のいだてん、今回はシマちゃんが主人公でした。
四三くんが、立てこもった女の子を食事に誘っておびき出そうとしたところを、
女の子のリーダー富江のパパがジャマをします。
そこでシマちゃんが、「パパと富江さんを競争したら」 いいじゃんということになり、
実際に6回も競争して、6回ともパパは負けてました。
女の子をバカにしていたパパは、面目丸つぶれです。

そんなシマちゃんが、浅草オペラを見に行った、ちょうどその時に
関東大震災!
夫と子どもを残して行方不明に……
というストーリー。
地震で死ぬより焼け死んだ人の方が多かったって、悲惨な話です。

こんな危機的状況でも、酒を飲むのをやめないのが志ん生って男。
奥さんが危ないときには頼れるのに、なんでこんなに酒ばかりかっくらってるのかね。
火星人にまで柔道を教えるぞ、と気炎を吐いてる嘉納先生とは対照的です。

今回の大震災のシーンは、戦争直後の日本みたいで、胸が痛みました。
それでも、たくましく生きていく人々がいる。
傷つき、倒れても、立ち上がって歩いて行く人々が。
そんな希望を感じた、
今日のいだてんでした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

雑ネタあれこれ

☆なつぞらOP実写版。
あまりに下らなすぎてのけぞった。
だれだ、こんなの思いつく人は!
https://www.youtube.com/watch?v=D_wwU1N_lCs&fbclid=IwAR3kXnChYCjGVaJEdEgoRtzg82UUZVYiyb4UIgrnQTZkeeP5kCtY-Q0mZn0

この実写版では、ハト(アニメ)が手袋の実写になってますが、苦労のあとがしのばれます。

☆河村綾奈の得意なこと
 子どもの頃、家族で旅行に行くとき、運転手はパパで助手席は河村だった(酔うので)。
 そこでパパからあるクセを受け継いだのだが、それはなんでしょう。
 というクイズが、「ごぜん様さま」(RCCラジオ)であったんですが、
 答えは、河村はパパが教えてくれた車の車種がすべてわかる、
 けどなーんも役に立ってないということでした。
 河村のまえではひき逃げは出来ないですね、車種を当てられて追跡される(笑)

2019/06/15、メガネを変えました
 ヘルメットをしていたら、メガネがゆがんでしまったのと、レンズを指で触って傷を付けたのとで、
 メガネを買い換えました。
 まえより剽軽(ひょうきん)なメガネになっていて、わたしは気に入ってます。
 今度はレンズを傷つけないようにしたいです。

2019/06/16
 近所の枯れたスイートピーが片付けられ、タチアオイだけになりました。
 そろそろヒマワリも季節です。
 ローソンの近くでは、あじさいも咲いています。
 梅雨ですねー。うっとおしいですねー。
 義母は紫のあじさいより、青いあじさいのほうが好きなんだそうです。
 どっちも好きです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村