お月さまの災難

作ってみました。ワンアイデアでだらだらしてるという評価。さて、みなさんはどう考えますか?

   お月さまの災難

 夏の大きな夕日が、しぶしぶ落ちていきました。いよいよ満月の出番です。一番星が見え始めるこの小さな町の小高い丘で、ぼくはサイダー瓶の王冠を栓抜きであけて、中身を飲もうとしました。
「ちょっと待って!」
 小さな、小さな声が、すぐ近くでささやきました。ぼくは手にサイダーの瓶を持ったまま、ふきげんに言いました。
「なんだよ、用があるなら早く言ってよ」
「待ってください! 私はお月さまです。私を引っぱり出してから、飲んでください!」
 小さな声は、瓶の中からするのでした。ぼくが瓶を横からのぞき込むと、なぜか瓶がぼうっと光っていました。しかもそのなかにビー玉ぐらいの大きさの、まんまるお月さまが浸っているのです。
「どうしたんだい、なんでお月さまがそんなところにいるの?!」
 びっくりぎょうてんして、ぼくが大声で聞くと、お月さまは、
「仕事まえに、うっかりサイダー工場をのぞき込んだら、そこの工場長につかまって、この瓶にぎゅうぎゅう詰め込まれてしまいました」
 と言うではありませんか。
 お月さまは、サイダーの泡で、すっかり顔がぐじょぐじょになっていました。
 ぼくは、瓶の口をひっくり返して、お月さまを出してやろうとしました。ところが、瓶の口は、そこだけ小さくなっていて、お月さまは出てくることができないのです。
「満月だから、ダメなんだよ」
 ぼくは、とうとう、言いました。
「新月になったら、身体が細くなって、出てこられると思うよ」
 お月さまは、しくしく泣いてしまいました。
「私の仕事ができません」
「それは、困ったね」
 ぼくは大弱りで、周りを見まわしました。丘の上には、草原が広がっているばかりです。
「それじゃあ、サイダー工場の工場長さんにお願いしよう」
 ぼくがいうと、お月さまはおびえて言いました。
「工場長さんは、怖い人ですよ。あなたもきっと、サイダー瓶の中にぎゅうぎゅう詰め込まれてしまいます」
「やってみなけりゃわからない」
 ぼくは、瓶を持って丘を下り、町外れの工場へと向いました。
 サイダー工場は、もう仕事が終っていました。「ここが工場長の家ですよ」お月さまの言葉を聞いて、すぐ隣の家をノックしました。ぼくが工場長に会いたい、と迎え出た奥さんにいうと、リビングの向こうから、ヒゲだらけの小太りのおじさんが出てきました。そしてサイダーの瓶とぼくをひとめ見るなり、がっはっは、と笑いだしました。
「空に月がないと困るな、たしかに、たしかに!」
 おじさんは、そう言うと、瓶をうけとり、それに向ってなにやらむにゃむにゃ、呪文をとなえました。すると、どういうわけかサイダーの口が大きく開きました。おじさんは、ぐいっと右手を突っ込んで、お月さまをつかみ取り、むんずと引っぱりだしてしまいました。
「これからは、あんまりオレの仕事場に来るんじゃないよ」
 おじさんはそう言うと、月はあわてて空に帰りました。おじさんは、ぼくに新しいサイダーをくれました。
「おじさん、その呪文を教えてください」
ぼくは、おじさんにお願いしました。
「長い修行が必要だぞ」
おじさんは、ニッと笑いました。
放課後になると、おじさんの家に行って呪文を勉強したぼくは、のちに立派な手品師になりました。そのときにはいつも、お月さまが空から消えてしまっていたのでした。

投稿生活;変化、SS,そのほか

投稿しました。
まずは、2020/09/02、徒然エッセイ大賞に、『変化』をテーマにした随筆を投稿。
FBの人にさんざん、ダメ出しをされました。これでダメなら、才能がないか、傾向が違ってるんだろう。
努力してもむくわれないことって、けっこうある。

つぎに、坊ちゃん賞(ショートショート)に投稿。
肩こりに関する創作です。去年の入賞者と比べると、自分のレベルが低すぎて、へこみます。
読んでる途中は意外性もないし、枚数制限はぜんぜんクリアせず(半分しか書いてない)。
しかしラスト2行は意外性を出した……つもりだけどね。

つぎに、恋愛小説(未投稿)
2000文字程度のお話。単純な西部劇風のお話で、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の影響が大。
2020/09/02から、『Ingress――しあわせなタンデム旅行』という作品を、カクヨム、小説家になろう、ノベルデイズに投稿していて、
「これを恋愛小説にしたら」という助言をいただいたのがきっかけです。
Ingressでの実話や、周辺のフィクションなどをまじえて創作中。
でも、ゲームだと浅くなると言われて、ちょっと考え方を変えて再挑戦中。
ラスト、めっちゃ重くなったので、もっと夢を持てるようなものにしたいなと思ってるところ。
最近見た、『逃げ恥』は恋愛ものとしてはめっちゃ新しくて面白かった。心に残りました。
あんなかんじで、やってみたいかな。

あとは、コラムを作ろうとしているところなんですが、自分の中でまとまってないところがあって、
FBの仲間から、「未処理です」と厳しく指摘されてしまいました(笑)
聖杯伝説と水戸黄門のあいだの共通点を探す、という無謀な試みです(無名だからできるこの挑戦 笑)。
今月いっぱい、これに関わったら、あとは『終』をテーマに、1本書いてみたいです。(11月〆切り。間に合うか?!)

新聞ネタ 8月30日 マスク関連

8月30日中国新聞 投稿(概要)
マスクポイ捨て迷惑
歩く途中、歩道なのでマスクのポイ捨てが目につく。
開店前のスーパーに行くと、横断歩道のあたりや広場など4カ所に捨てられていた。
コロナ禍の中、捨てられたマスクはできるだけ避けてきたが、そうしながらも、これらのマスクは一体どうなるのだろうという心配が頭をよぎった。
 3日後、そのスーパーへ行ったら、きれいにかたづいていた。
 どんな人がかたづけたのだろう。見て見ぬふりをしていた自分が恥ずかしい。除去してくれて、ありがとう。

なにげない日常を切り取った視線が独特です。うちの周りにも、マスクのポイ捨てがときどきありましてね。
わたしも見て見ぬフリをしていたクチです。
この投稿者のいきつけのスーパー近くにあったマスク、片付けたのは店員じゃないかな。
そういう雑用もしなければいけないから、働くのって大変です。

新聞ネタ 8月29日 ごみ袋古新聞で作ろう

ごみ袋古新聞で作ろう 中国新聞
重ねて折って用途多様
レジ袋の有料化で、家庭ゴミを入れる袋がなくなり困っていませんか。役に立つのが古新聞。新聞紙でゴミ袋をつくり、うまく活用している人に作り方を教わった。指定のゴミ袋がない自治体では紙製ゴミ袋やポリ袋を買う必要もなくなりそうだ。

新聞紙を使ったごみ袋の作り方 環境カウンセラーの狩野美紀子(広島市安佐南区)
分別と削減兼ねる機会。レジ袋は、プラスチックごみ全体からするとわずかな量(約2%)。しかし有料化が、みんながプラスチックごみについて考えるきっかけになったのではないでしょうか。
 新聞紙を使ったごみ袋は、資源の有効活用でいいアイデア。広島市では2年ほどまえに可燃ごみをポリ袋に入れて出せるようになりましたが、今回レジ袋が有料化されて家庭にレジ袋のストックがなくなったので、新聞紙のかつようがこれから広がるのではないでしょうか。
ゴミの分別とごみそのものを減らす努力も大切です。自治遺体が出している分別表を見て4、少しでも多くリサイクルに回しましょう。買い物に行く前に冷蔵庫に何があるかを確認し、食品ロスが出ないよう食べきれる量を買うといいですね。
(以上、概要)

食料ロスについては、ラジオ『ごぜん様さま』でも、
「むかしは持って帰っても良かったのに、いまは食中毒が心配とかで捨てちゃう。もったいない!」
と言ってました。
必要なモノを、必要なだけ、作るシステムが必要です。

新聞ネタ 8月28日 戦争語るデジタル世代

戦争語るデジタル世代
画面越し灯籠流し ■空襲前の街紹介
戦争の体験者が減るなか、戦争や平和をどう伝えていくかが課題となっている。コロナ禍に見舞われた戦後75年の夏。戦争を知らない若い世代が、さらに下の世代に伝えようと、さまざまな試みを始めている。
被爆3世が企画
企画展「第三世代が考えるヒロシマ『 』継ぐ会」を5年前から続けている。心がけているのは、被爆者の証言を若者にも伝わりやすいっよう「翻訳」して伝えることだ。来場者が「自分も」と運営にくわわり、今では10~40代の50~60人が関わる。継ぐ展の『 』は、あえて空白にしている。自分たちが何を継いでいけばよいのか。これからも考えていきたい」試みは各地に広がる。
東京大空襲の被災地図を紹介する18歳の少女。
監修したのは、大空襲を経験した作家の早乙女勝元さん(88)を父に持つ映像プロデューサーの早乙女愛さん(48)だ。幼少期から父と国内外の戦跡を巡り、強烈な平和教育の洗礼をうけた。中2と高1の息子の母として、伝え方もバージョンパップが必要、と考え、デジタル的伝え方を思いついたらしい。
☆ケーキから学ぶ
ゲーム形式で平和の作り方を考える「Peace of cake」の体験会。
ダイエット中、腹ぺこ、でしゃばり……生徒はカードで引き当てた役を演じる。
「私は少しでいい」「クリームのところだけたっぷり」それぞれの主張を踏まえつつ、対話を重ねる。ゲーム終盤。丸いケーキが地球とえ起きた「対立」は、核保有や資源争いなど現実の問題とつながっている、と種明かしされる。

ゲームマスターの鳥巣さんは、「過去を受動的に学ぶだけでいいのか。戦争体験者が減るなか、違うアプローチが必要だ」という。発案者のロシア出身、キリーロバ・ナージャさん(36)は、ケーキから見えるのは世界の縮図。平和の切り口は至る所にあると知り、行動に移すきっかけになるといい、と話す。
(以上、概要)

ケーキから平和を学ぶという着眼点がいいね。
しかも、ピース・オブ・ケーク(簡単!)というところのダジャレも効いてる。
こういうゲームなら、してみたいな。

新聞ネタ 8月28日 ユニセフの危機感

28日中国新聞(概要)
4億人超す子どもが遠隔学習できず
コロナ禍で。実態は、もっと悪い可能性もある。ユニセフは報告書で、学校閉鎖の影響を受けている子どもは全世界で15億人ちかく、テレビやラジオ、ネットを通じた遠隔学習を利用できない子供は、サハラ以南のアフリカが少なくとも50%ちかく、東アジア・太平洋地域では20%。年齢層が低いほど比率が高く、幼稚園に相当する子どもたちでは約70%に達したとした。
報告書は、ネットなどの環境が整っていても家庭の事情から手伝いや仕事を強いられたり、利用支援がないため遠隔学習ができなかったりする場合があると警鐘をならした。日本では長期休校を踏まえ、政府の教育再生実行委員会が7月「ポストコロナ」の学びをテーマに検討をするメルことを確認。オンラインでの遠隔教育も取り上げ、来年5月をめどに一定の提言をとりまとめるとしている。
(以上、概要)

子どもの教育について、無理解のあるおとなは、発展途上国ほど多いと聞きます。
まあ、そうだよね。教育にはお金がかかるし、モノにならなかったらどうしようもない。
そんな、海のものとも山のものともつかぬものに関わるより、
いま、目の前にある仕事を片付ける方が先だと思うのは、
当然だと思う。
わたしも、創作活動をするにあたって、小説を書くような遊びにお金はつぎ込めない、と
ハッキリ夫に言われてますからねえ。

それにしても全世界で4億人の子どもが、教育を受けられないなんて。
教育って、いろいろある。
学校のいじめを撲滅するのも、教育の一つ。
この機会に、学校の根本的改革がなされることを、欲します。

 

新聞ネタ、8月28日 ネット選挙

2020年8月28日朝日新聞(概要)

2013年4月、ネット選挙が解禁された。それから7年、SNS利用者は増えたが劇的に変わったという実感はない。そんな中、昨年の参院選で特定の支援団体を持たずネット中心の選挙戦を展開した山田太郎さんが54万票を獲得し、自民党比例候補の2位で当選を果たした。
どんな戦略で選挙に挑んだのか。参院議員になった山田さんに聞いた。
1) HPやSNSで支持を呼びかける。動画配信も選挙期間中は認められている。呼びかけは有権者も可能で、特定候補への落選運動も認められている。

ルールを活用し、得票を獲得するこつは
2) 「拡散方法にこだわる」
演説予定などを発信するだけでなく、自分の名前やネットで盛り上がっている話題を常に検索し、受け手のニーズに合う話題を提供した。
3) 候補者本人が直接発信過ぎるのではなく、他人にいっってもらうこと。
4) 仕組みをつくること。HPにURLなどとともに実績などが記された「ひな形」を用意し、利用者はワンクリックで山田さんの情報をSNSで拡散できる。

伝える中身と熱量。結局何を伝えたいのか。
(以上、概要)

かいつまんで言うなら、政治家も、バズらなくちゃ、やっていられんってことなんだねえ。
このところは、本を売ることにも関係することだと思う。
自分の文章の質よりも、広告とかで目にした本を手に取るほうが、インパクトもあるし話題にもなる。
結局、どうやってニーズを掘り出すか、が問題なのだね。
いま、文章の勉強をしているところだけれど、
質の高い文章を書いたところで、話題にならなきゃ読んでもらえない実情がある。
だから、人におもねるようなラノベが出てきたりするんだよなぁ。
わたしはラノベも好きだから、あえて苦言をいうのであった。

政治家と作家って、似たところあるね。
どっちも、ウソをつかなきゃ、やっていられない商売だ。
夢を見せるのが作家だが
現実をごまかすのが政治家だと言う人もいる。
政治家には、なるもんじゃないね。

 

世界遺産宮島とテレビヒーロー

 宮島と言えば、みなさんは、なにを思い浮かべるだろう。
 海の上の大鳥居とか、平安時代ふうの神社とか、あるいは原生林のある弥山(みせん)とか。
 あるいは、手作りもみじ饅頭のお店や、揚げもみじ饅頭店、焼きガキ店のが並んだ商店街、その近くをたむろするシカを思う人もいるかもしれない。
 それは、宮島の神さまと関係があるのだから、普通であると言える。むしろ、こういうものがあるからこそ、世界遺産になり得たのだろう。
 ところが、宮島には、ほかにも意外なものが存在する。
 それは、アンパンマンやバルタン星人、ウルトラの母といった、テレビヒーローたちの石像である。
 石像といっても、背丈はだいたい三十センチぐらいだろうか。それほど大きくなく、色もついていない。不思議である。
 話に聞いたところによると、バルタン星人やウルトラの母などのウルトラ関係の石像は、ウルトラ怪獣たちが宮島に「来襲」したことがあり、その記念として残されているのだという。
 アンパンマンについては、なぜそこにいるのかは不明である。それにしてもこんなところまでこの手の石像があるとは、日本のテレビ業界って困ってるんだな、という印象である。
 わたしがそう思うのは、宮島はある時期まで、人が住むことを禁止されるほど、神聖な場所だったからである。神がいるんだからというのがその理由だった。しかし、神主が住むようになり、神主の食事や世話をする人が住むようになり、神社に参る人を迎える商店などができるようになって、いまに至っている。
  日本は多神教の国である。宮島の神さまは、島全体が神さまという。女性の神さまなので、恋人どおしがお参りすると、嫉妬して別れさせるとか言われていたが、最近ではおだやかになって、祝福するのだそうだ。このあたり、なかなか興味深い変遷である。その嫉妬深い女性の神さまのところに、アンパンマンやらバルタン星人やらがいるわけだから、日本人というのはおおらかというかなんというか……(笑)
  宮島に行かれることがあったら、大聖院あたりを散策してみられることをおすすめする。そこでは、テレビヒーローたちが、小さな存在感を放っている。

新聞ネタ 8月29日 安倍総理評価

8月29日朝日新聞(概要)
アベノミクス 光と影
14年末に円相場が円高株安の悪循環から脱却、昨年末の株価は年末として29年ぶりの高値になったものの、デフレ脱却のために掲げた物価上昇率2%の目標には一度も届かない。コロナ禍でさらに遠のき、日銀の最新の見通しでは23年の春に任期を終える黒田日銀総裁の在任中に達成できそうにない。米中の通商対立から景気は腰折れし、先月は政府も 「景気拡大は18年10月に終わった」と認定。「戦後最長の景気回復」も幻に終わった。
最低賃金の引き上げをかかげ、主要企業の春闘での賃上げ率は、20年まで7年連続で2%以上。「働き方改革関連法」で非正規の働き手の待遇改善を目指した「同一労働同一賃金」もすすめた。そして、雇用の規制緩和もすすめたが、改善した雇用情勢も、コロナ禍で急速に悪化している。

首相の評価経済界は
インバウンドの波 「恩恵」
コロナ「景気回復帳消し」
万博誘致 財界「大きな成果」
中小「大手と差拡大」

言葉は届いたか
核廃絶「何もしなかった」
(以上、概要)

かいつまんで言うなら、安倍総理、長期政権がんばったわりには、尻すぼみで終ったなと言うかんじです。
とはいえ、非正規雇用の賃金をあげようとしたのは、評価できるのでは?
じっさいには、この法律、ちゃんと働いているようには思えないけどさ(笑)
なにかで読んだけど、日本がインバウンドで儲けると言うことは
それだけ周辺諸国がリッチになってきたってことだからな、という話があって、
つまり、いままでのように周辺諸国の安い労働力がアテにならなくなってきたから
インバウンドで儲けようという考え方なんだろう、ということらしい。
良し悪しだね。

 

8月末反省記

8月3日から、ソースネクストのズバリ日記帳で、
毎日のHP用日記を書くことにしました。
GINGの10年日記は、わたしには、少々、使い勝手が悪いのです(´Д`;)。
わたしはめったに顔文字は使わないんですが、
使う時は効果的に使いたいので、
ズバリ日記帳バージョン2は、その点ではわたしにはピッタリですね。
GINGと同じ、10年保証です。

6日、ヨード液のうがい薬がコロナに効く?!
という報道に、急いで薬屋まで買いに行ったわたしでしたが、
時すでに遅し。報道直後から客が押し寄せ、買いまくったため、
現在品切れ中。仕入れも未定だそうです。
マスクと同じ現象ですね。

7日、合唱サークルで、フェイスシールドをつけて練習しよう、ということが決定されました。
   ブツはわたしが10枚1000円で買うことに(AMAZONプライムで送料無料)。
   あとでお金を払ってもらいました。

13日、1日がかりで墓参り。義母の誕生日祝いを9日から13日まで続けてました。もう80歳。長生きしてね。

14日、畳と障子を張り替えました。新しい畳の匂いって素晴らしい!

17日、中区へ行きました。百貨店福屋が、10時半から開店でした。通常より30分遅れで開店。コロナのせいだろうか。
    福屋のまえ、えびす通りにある店の前で、70代前後のおばちゃんの赤シャツ背中に白い文字。
    「みんな大好き
     野球はカープ
     むすびはむさし」
     どさくさに紛れて……さすがだ。

19日、故郷の教会に連絡したら、会報を送ってきました。断れば良かったな。
    まあでも、今後、いろいろ戦時中のクリスチャンの話とか聞けるかもしれないし。
    本で読んだことが事実なのか、フィールドワークは必要と思われます。

19日、友だちの鍼灸師にパソコンを贈る約束を取り付けました。
    LINEの名古屋友に、またZOOMしたいねっと盛り上がってました。

21日、ネットギャリーというサイトを発見。作者のゲラ版を無料で読めるそうですが、
    その代わり、レビューが必須です。(レビューしないと登録抹消です)。
    それに、相当読みにくいらしい(笑)
    たまに見るならいいかもね。

22日、新しい下着を買いにイオンまで行きました。
    義母の誕生日クーポンがスマホに来ていて、10%オフです。ラッキー☆

24日、友だちの鍼灸師のお宅へ。パソコンを持参しました。腰痛を訴えると、「ヘルニアが続いてるのねえ」
    医師の同意書がないと、保険が効かない広島市の実情を嘆いておりました。
    エクセルの勉強をしたいそうです。オフィススペシャリストの資格を持つわたしが教えましょうと言ったら、
   「授業料、払います」
   1時間500円だな。現場から離れてもう30年以上だし、すでにエクセルの使い方は記憶の彼方だ。

26日、呼吸器内科へ。気管支が細くなっているとのこと。炎症反応はなく、原因は不明。
    その話を24日に鍼の先生にすると、「ストレスじゃろう」と言ってました。
    適度の運動が必要のようです。自転車でショッピングモールまで30分程度、漕いでるんだけどな。

28日、安倍総理、辞任を表明しました。「変化」の随筆のコンテスト用原稿、校了。ネ友に見てもらっています。どんな評価になるのやら。

というわけで、今日もいろいろありました。

来月7日まで、どへたな随筆を書くことにします。よろしくお願いします。