ちびまる子ちゃん展に行ってきた! その1/3

2020/05/27、ちびまる子ちゃん展(ひろしま美術館)に行ってきました。
アルコール消毒と体温を測られてからの入館。
地下に展示会場がありました。
パネルがずらり。文化祭みたい。
入り口のパネルには、こんなことが書いてありました。

「脚本を書くのは、アニメの画面をイメージして書くのですが、面白い歌を入れたり、マンガの原稿を書くのとは、違った効果を考えるのが楽しかったです」

マンガは紙ですから、歌の効果って難しい。
著作権とかがあったりしたら、
なおさらでしょう。
自作だとしても
地味になりがちだ。
テレビ局なら、音楽著作権、
ラクにクリアできるのかなー
とも思ってしまった。

ちびまる子ちゃん、ほとんど観てないのです。
なので、話の内容を言われても判らないのです。
なぜ見に行ったかというと
創作のヒントがもらえるかな、と思ったから。

そんななかで、わかったことは、
脚本もさくらももこは書いていたんだな、
ということ。
原稿の字が展示されていましたが
絵とおなじように、
へただけど、味がありましたね。

友だちのキャラクターがパネルで紹介されていました。
性格が描き分けられていて、特徴もよくとらえられていました。
友だちの性格のいくつかを切り出して
別々の、キャラクターとして
表現しているのかも(勝手な想像です)。

パイロット版のちびまる子ちゃんも、
放映されていたけど、
原作よりずっと上手な絵でした。
そのため、どこか、
冷たい印象でした。
別モノ、という感じです。

第二期は、1995年からスタート。
続きを切望するファンが大勢いたため、らしいです。
(明日に続く)
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です