外国人が愛する「日本のお袋の味」

https://tripeditor.com/398948より。

より。
(引用開始)
では、日本人にとって慣れ親しんだおふくろの味に対して、外国人はどう感じているのでしょうか?そこで今回は日本に暮らす、あるいは滞在経験のある身近な外国人に「好きな日本のおふくろの味」を聞いてみました。
(引用終わり)

このサイトでは、
お味噌汁とカレー、そして焼き餃子が
外国人のお袋の味に入っていました。

お味噌汁は、実家ではあまり作ったことがないのです(どちらかというと、ホワイトソースのスープが多かった)が、
それでも、アサリの味噌汁などで、
アサリから砂を吐き出させる係として
わたしが任命され、
アサリの入った水に塩を入れすぎて
死んじゃったという
悲しい事件があったのを思い出すんです。
昔っから、家事が苦手だったのさ。

カレーは、まあ、インスタントルーで
作っていたからマシですが、
焼き餃子を作ったときの
餡を皮にくるむコツが!!!!
皮がうまく羽根にならず、
破れてしまって
美味しい料理にならなかったという。

それでも、母や妹と
いっしょに料理を作った思い出は、
いい思い出でしたね。
母はガミガミ言いましたし
家事もそれほど得意じゃなかったけれど
一生懸命、やってたことは、
幼いわたしにも伝わってきたものです。

1988年の七夕に、母は亡くなりました。
思い出すたび、泣けてきます。
いまではお袋の味は、
義母の味に置き換えられたので、
母の遺産といえるのは
ことわざぐらいでしょうかねえ。

役に立ってるとは、思えないけどさ。

 

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です