いだてん #15

なにかに夢中になれる。それは幸せなことなのでしょうか。
少なくとも、今回の四三を見る限りでは、とてもそうは思えません。
いだてん #15です。
いきなり、お見合い話になり、とまどう四三くんに、
池部の姑は、スヤのために四三を婿養子にとりたい、
と言い出します。
一人息子を失って、虚脱していたとき。
ひとりで実家で鍋を洗っていたスヤに、
生きる希望を見いだしたらしい。
姑さん、スヤでなきゃやだって言うんですね。
スヤも、姑を慕ってます。
いい関係だ。でも、四三は家庭におさまるタイプじゃなかった。
その頭にあるのは、ひたすら、「オリンピック」 のみでした。
スヤも四三も、不幸ですよね……。

その一方で、落語 『付け馬』 で笑わせようと必死の美濃部くん。
ちっともウケなくて、些細なことから師匠とケンカ、
破門されてしまいます。
この人も、とりつかれて不幸になってるのです。
うまくなりたい、ひとを笑わせたい。
ウケない芸人なんて存在意義はない。
そのイライラを人にぶつけてしまう。
幼い、というのか、直情的というのか。
純粋に、芸にあこがれて、手が届かない人。
なんだか、放っておけないタイプ。

どんな酷暑でも耐えうる体をつくる。
そのために、海辺でひたすら練習にはげむ四三。
結婚のことも嘉納先生たちに言えず、
そのまま、破談にしようとまで決意します。
退路を断つ、というわけです。
昔から、日本人って根性論が好きですね。
平成になっても、根性論を口にする企業や有名人があったりしますし。
胸アツになる気持ちはわたしも充分判る。
バカになるのも、勇気が要ります。
がむしゃらになれたとき。
人はなにかをつかむのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です