就活新ルール 実効性なし?

2019年3月27日の朝日新聞です。
2021年春入社組となるいまの大学2年生を対象とした
就職活動の新ルールが固まり、
政府が26日、企業に守るよう呼びかけをはじめた。
ただ、スケジュールは今と変わらず罰則もない。
ルールの形骸化が進む現状は変わらないとみられ、
活動時期の目安としての役割にとどまりそうだ。

と、書いてありました。
罰則がないのにルールを守らせよう、というのはおかしな話です。
なにかメリットがあるのなら別ですが、ルールを守ったところで
いい人材が来るとは限らないわけです。
実際、この朝日新聞にも、
政府ルールについて、現2年生の男性(20)は、
「今も守られていないので、なにも変わらないと思っている」
と厳しい意見。

それにしても、なんで新卒ばかり採りたがるんでしょうね。
社風に合わせやすい、というのが理屈ですが、
働き方改革で、社風も変えていかねばならない時期のはず。
古式蒼然としたやり方で、今後の早い時代の流れに
ついていけるのかと心配になります。

それに、企業は失敗を恐れてるから。
手堅い新人を狙うのかもしれない。
わたしのように、仕事から離れて何十年のひとを
雇う余裕なんてないんだろうな。

新ルールが目安にしかならないんだったら、やってもムダじゃん。
こんな政府に税金を払わねばならないとは、
情けなくてなみだが出てくる。
しがらみから抜けて、ほんとうに国民のための施政をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です