三本足、あれこれ

(引用開始)
熊本では人魚の妖怪として知られている「アマビエ」。その姿は、
首から下は鱗で覆われて、三本足。尖ったくちばしがポイントです。

言い伝えによると1846年ごろから、海中から現れては豊作や疫病などを予言。
さらに、「もし疫病が流行することがあれば、私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と告げ、
海の中へ帰っていったそう。
(引用終わり)
https://tripeditor.com/161836

こちらにアマビエの絵が、記事と写真入りで紹介されています。

三本足……、男だな(爆)
三本足と言えば、八咫烏も三本足です。
ちなみに、ICANなどの使用しているピースマークも、
三本足のマークです。
ひとつには、ハトの足とか、人が手をつないでるとか、
いいイメージがあるそうですが、

オカルト好きな人から見ると、
「あれは逆さ十字架だ、
反キリストだ」
ということになるらしい。
その根拠は、イエス・キリストがユダの裏切りにより、ローマ軍に
つかまった際、のちに逆さ十字架で殉教することになるペテロが、
周囲の人の、
「あなた、イエスと一緒じゃなかった?」
ということばに、三回も
「わたしはイエスを知らない」
と否定したから、と言われています。
しょうがないよねえ、巻き込まれていっしょに殺されたら
たまらんもん。わたしだって否定するよ(笑)

イエスが殺されて「復活した」のを見たペテロは、
心を入れ替えて宣教し、イエスより厳しい罰
(逆さ十字架の刑)を望んでそのとおりになったんですね。
そういう事情を見ないで、なんでもかんでも反キリストって
じゃあ、どんな人でも殉教しなきゃいけないんですかね。

死んで花実が咲くものか、と思う今日のわたしでありました。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です