虚無の魔法と原爆

広島では、原爆はいまだ現実だよ。
と、夫は言うのです。
親戚に被爆者がいるという事実は知っていましたが、
だからどうなのでしょう。
戦争の犠牲者で、いまだに苦しんでいる人。
それに対して、石を投げるようなことは書きたくない。

けど、ある人は言いました。
『核兵器が絶対悪というのなら
警官の銃は悪なのか。
秩序を守るために銃があり
人を殺すという点では、量の多少もない。
核兵器だって同じだ』

だからって、生きものを全て抹消する
核兵器がいいとは、わたしにはどうしても思えない。
必要悪として、一定の効果はあるんだろうけど
けっきょく、力の論理じゃないかと思う。
暴力を背景にしないと、平和は保てないのか。

そこにあるのは、性善説と性悪説の違いかも知れない。
日本人は性善説を信じている人が多いけど
西洋の人たちは、性悪説を信じてる人の方が多いと見受けられる。

要するに、人が信じられないのだよ。
だからわたしは思う。
身近な人が、戦争の後遺症で苦しんでいる。
そんな現実を、ファンタジーにするのは、
おこがましいのかもしれない。
醜い現実を、子供だましのお話に託すなんて、
広島の現実に対する、冒涜なのかも知れない。
腕もない、調査もしていない、事実は誤認する。
三拍子揃ってるのに、野望だけは大きい。

わたしには、夢はつかめないかもしれない。
無力感だけが胸を去来するのです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です