美女と愛嬌

(引用開始)
「日本三大美人」といえば「秋田美人」「京美人」「博多美人」。
この三大美人が注目され始めたのも、日本の長い歴史のなかでみると、ごく最近のこと。

そして日本の歴史を振り返ると、息を呑むような魅惑の美人がたくさんいるのです。
例えば、明治時代の美人、陸奥亮子さん。
(引用終わり)
https://tripeditor.com/9961

美人の話がいろいろ、載っているサイトの紹介です。
うちの合唱サークルで、2018年かな、白蓮さんのパトロンだった大富豪の
……名前わすれた……
まあ、とにかくその人の豪邸を見に行ったんです。
白蓮さんって、覚えてないかもしれないけど、
NHK朝ドラで『花子とアン』というドラマに出てきたはずだ。
主人公花子の親友で、絶世の美女。
豪邸については、「その当時は豪邸だったのね」
ということでした。
いまどきの芸能人の方が、もっとハデだと思う。

それはともかく、美人と言えば。

わたしが自分のことを、「美人!」 と主張すると、
「それはあり得ない!」
速攻、否定するうちの婚家。
「あんたは可愛いの! 愛嬌あってフレンドリーなの!」
夫も義母も、口をそろえる。
美人の方がいいよねー?
でも、実際にモテるのは、可愛い方なんだってさ。

「立てばカワウソ、座れば子犬 食べる姿はリスのよう」
と、可愛い子が友だちの女子が
友だちを評して言ったそうです。
夫はそれを見て、
まるでわたしだーと喜んでました。
「キミは立っても座っても遊んでも猫だねえ!」
なんだよ。
わたしは婚家のペットかい。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です