海外で通じない日本の「当たり前」

さて、今回も別サイトの紹介です。
このサイトには、こんな情報が載ってます。
(引用開始)
いまから10年ほど前に、友だちのロシア人から「バスキン・ロビンス」に行こうと誘われて、
「え、何それ?」と困惑した経験があります。

お店の看板にも「Baskin-Robbins」と書かれていますが、
「サーティーワンアイスクリーム」と呼んでいたので、いわれても気づかなかったのですね。

https://tripeditor.com/395739
(引用終わり)

なんでサーティーワンなのか、ということが
書かれています。
外国のアイスクリーム屋だったのか!
それで、味がびみょーだったんだね……。

アイスクリームは、ハーゲンダッツに限ります。
でも、カロリーがひどいので、
最近は、「SUNAO」という日本のメーカー(50%カロリーオフ)
を買って、食べてます。

このサイトには、日本人が当たり前と思っていることが
海外では常識ではない、ということを
縷々かたっていますが、
合唱サークルでよく海外旅行に行く人に言わせれば、
「その程度で驚くな!」

インドでは、用を足したくなったらバスが停まり、
「そこの道でしてください」
と言われたり。
イランでは、「おしんは今でも日本にいる!」
NHKの番組、「おしん」の影響で、
今でも日本が貧しい、と信じる人が多いそうです……
(まあ、貧富の差は、だんだんひどくなりつつあるみたいだけどね……)

女性とみると誰でも声をかけるイタリア人。
皮肉屋で気取り屋のイギリス人。

いろんなお国柄が、あるようです。
コロナで全世界的に大変なんだけど、この機会に
みんなが一致団結して、仲良くなればいいんだけどねえ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です