広島人は、ワニを食べる?

衝撃的な(?)食べ物を紹介します。時期的に3ヶ月も経っているので遅いのですが、
少し変わった年末年始のごちそう。
島根県や広島県の山間部、山陰地方などで愛される「ワニ」の刺身です。

詳細は、こちらに載ってます。
https://tripeditor.com/391097/4

「因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)」という有名なくだりで、
白ウサギが沖の島から陸地まで海を渡る際に、ワニたちをだまして、
ワニの背中を走って対岸にたどりつくというエピソード。

幼いころのわたしは、完全にクロコダイルかアリゲーターみたいな、
ワニの背中を踏んでいったのかと思っていましたが
(なぜ山陰の海にワニが暮らしているのか、当時は何の疑問も感じませんでした)、
実は……というオチが、このサイトに載ってます。

このワニ。広島ではスーパーで売られていました(最近は、見かけない……)
アンモニア臭のする白身の肉で、
少しハモに似ているかもしれません。
酢味噌でたべるんです。

一般に、クロコダイルかアリゲーターの肉というのは、
鶏肉っぽいイメージがあるそうですが、
広島のワニは、鶏肉より魚っぽい。
最近見かけないのは、小イワシもそうなのですよ……。
小イワシは、7回洗えば鯛の味。
この伝承をパクった小説、
『七度洗えばこいの味』古矢永塔子
というのもありますが、
わたしのエッセイ(ボツになったんだよ!)が小説化されたみたいで
くやしいったらないですね!

身近な素材をうまく料理するって、難しい……

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です