追悼 中村哲さん

テロで亡くなった医師、中村哲さんの追悼記事が、
中国新聞2020年1月31日(金曜日)版に載っていました。
寄稿したのは、なかやまひろき さんという、
京都造形芸術大准教授。
「命を大切にする」
という信念に基づき、医療支援から用水路の建設へと
活動を展開し、
「無思想・無節制・無駄」
の三無主義を貫きつつ、過ごした中村さんの35年の年月について、
回顧録を寄せています。

「それでも人は信じるに値する」
という表題のこの記事。
信じなければ、人間って、やっていけない面はある。
北朝鮮の独裁者でも、
食事のときには、その食事を供した人物を
信じているわけですよ(笑)
テロリストにしてみれば、
クリスチャンがアフガニスタンでなにやってるんだ、
みたいな色眼鏡もあったのかもしれんが
中村さんは、モスクを作ったりして、
イスラム教にも理解はあったぞ。

アフガニスタンの普通の人々のために戦った
中村哲さん。
わたしには、その勇気がまぶしい。
わたしなんか、ブログで愚痴や思ったことを
ブチブチ書いてるだけだもん。

信じるに価する人間。
でも、信じられないことをするのも、人間。
中村さん、そのつよさを少し、わけて!
わたしは、妹に傷ついています。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です