文章が読みやすい、ということ

長年、日々の事柄を書いているためなのか、
FBやカクヨムで、「あなたの文章は闊達で読みやすい」
「難なく読める」
「上達している」
と、褒められていますが、同時に、FBの人からは、
「掘り下げ方が足りない!」
と叱られたりもします。

わたしの文章が読みやすいのは、
きっと母の影響でしょう。
母はよく、古典の暗唱をしていました。
「坂道を上りながらこう考えた
智に働けば角が立つ
情に棹させば流される
意地を通せば窮屈だ
とかくにこの世は住みにくい」

とか、
「秋の日のビヨロンの
ため息の切なくて
ひたぶるにもの悲し」

とか、
「風立ちぬ
いざ生きめやも」

とか、いろんな古典文学を、暗唱してくれていました。

なので、身体でリズムを覚えているのです。
そんな状況に甘えて、
音読しない。そのせいで文章に隙が出来たりしているので、
まだまだ未熟ということですね。

普段から、音読しなくちゃねえ。
滑舌が悪いから、つっかえるんだけどさ(涙)。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です