ある珍事

2019/12/25のことでした。
おばあちゃんが、エレベーターを使うわたしに、
「階段を使え」
と命令しました。

おばあちゃんの価値観では、若者は苦労して大人になるもんだ、
かもしれない。でもその背景には、
「年寄りは物識りだし、苦労して経験値も高いから、大切にして社会に活かそう」
という儒教の教えがあります。
だけど現代においては、年寄りよりAIのほうが物識りで、経験値も高くなりつつある。
そのうち、人に役立つ知恵もないような一部の人間の意見を聞くより、
AIの意見のほうが効率的に社会を運営できる、
という差別的な教えがまかり通るかもしれない。(会社はとくに、そうなりそう)
いまのわたしだって、将来的に身体が弱って、介護されるようになれば
「迷惑だ」という目で見られる運命にある(冷たいけど、現実だもんな)。
知ってか知らずか、おばあちゃんは、
自分は年寄りだから偉いんだと、
威張り散らして、満足している。

愛情の反対は無関心だそうですから、
わたしに対して、いろいろ言ってくるおばあちゃんは
わたしに関心がある、と言えるでしょう。
わたしがラクをしたくてエレベーターを使ってるわけじゃないってこと、
説明したかったけど、30秒ではムリでした。
まあ、べつにいいです。
エレベーターは、たしかにラクだしね(笑)

自分も他人も、同じ人間。
完璧じゃないから、許し合える。
クリスチャンとして教育を受けてるわたしの対処法は、
この手の攻撃に対して、笑っているしかないってこと。
ふがいない、と周囲から思われるかもしれないし、
弱虫とか優しすぎるとか言われそうだけど
いいじゃないの、平和だったら。
わたしが笑っていれば、いつかなにかが変わるかもしれない。

「悪に対して、悪で勝とうと思うな。
かえって善を持って悪に勝利せよ」(by イエス)

叱られたからって反発せず、
気の毒だと思ってスルーすることにしました。

表面しか見ないのは、わたしもそうだからね。

詳細は、セルバンテスで「鈴宮とも子」名義で出してる、
「ある珍事――母を想う」を参考にしてください。

応援クリックおねがいします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ</a>
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です