宮島の仏さま・現地探訪(その1/3)

この日記も、カクヨムでは別ファイルになります。
新しいファイルでも、よろしくお願いします。

2019/12/11、公民館活動で宮島の現地に行き、
仏さまを見学する、というイベントがありました。
午後13:30~16:30まで。
講師は仏像ナビゲーター、政田(まさだ)マリさん。
タイトルは、
「あなたの知らない宮島を知る・歩く」
第2回 『神の島 宮島の仏さまたち』。
今日はそのレポート1です。

開催挨拶のあと、講座の趣旨説明と行程説明、注意事項などがありました。
地図を配られたんですが、見たところ 「かなりの距離を歩く」 というわりには
わたし的には、ちょっと不満でした(歩き足りなかった)。

13:55ごろ、曹洞宗のお寺、存光寺へ。
ご本尊は阿弥陀如来です。曹洞宗はご本尊は釈迦如来のはずなんですが、
禅宗のお坊さんが宗教改革して、宗旨替え。
それまでの宗教は、浄土真宗でした。浄土真宗のご本尊が阿弥陀如来。
地元の敬愛を配慮して、ご本尊は変えずにいたそうです。
……日本人らしいねえ。

阿弥陀三尊の話も出ました。 阿弥陀如来を中尊とし、
その左右に左脇侍の観音菩薩と、右脇侍の勢至菩薩を配するということで、
存光寺の仏さまたちも、三尊がバッチリ。
菩薩は如来のサポート役だそうです。

薬師如来の左手には、万能薬。サポート役は、月光(がっこう)・日光(にっこう)菩薩。
下の方に、12の神将(しんしょう:干支をあらわしている)が配されているのでした。

そこから徳寿寺(とくじゅでら)に行く途中にあったのが、大束富くじのモニュメント。
重さが違う木材の束を、くじで引いて運んだということです。
ハズレは重い木材。で、本来くじは幕府令により御法度だったんですが、
神社への上納金ということで、認めてもらったみたい。

徳寿寺へ参ります。1Fは外国人向けの着付け・和食のお料理教室。
入口から入ると、6地蔵(6道という概念から生まれた)が出迎えます。
地蔵さんは、欲や煩悩があるので格下ですが、身近なところで見守ってくれているのでした。
地蔵は菩薩のサポートをするということです。
徳寿寺の馬頭観音は、怖い顔でした。

徳寿寺には、ひとつの伝説があります。
40を超えた老夫婦(子どもなし)が、夢で光る竹を見た。お地蔵さまがそのなかに入っているという夢。
夫婦は同時に目を覚まし、同じ夢を見たことをお互いに言い合い、
山の中に入り込んでお地蔵さまを見つけ、お祀りしたところ、無事ご懐妊。
その子どもは藩主の主宰するお相撲大会のTOPお相撲さんになったそうです。
お地蔵さんは、信じれば信じるほど金色に輝くので、
金石(きんせき/こんせき)地蔵だというのです。
この地蔵さん、男女の縁切りのお地蔵さんだそうですが、
ギャンブルなどの悪縁を絶つのもあるそうですよ。

そのお地蔵さん、丸い鏡を持っていました。
よくあることなのだそうです。
化粧をしたり、服を着替えたりさせてる民間の人たち(大切にしすぎ)
なので、文化財になったのは、たった1体だそうです。

こういう話を聞くと、文化って結局、なんだろうと思っちゃいますね。
昔と変わらずに残るのが文化、って、頭かたすぎ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です