コンピュータの寿命は、うすばかげろう

ごく最近、夫がパソコンを見ながら、
「わー! しまった、同じ部品を5年も使ってる!
このままでは、パソコンが壊れて使えなくなる!!!!」
と、絶叫しました。

パソコンの寿命って、ほんっと短いですよね……。
5年で機械の部品が使えなくなるなんて、
昭和の主婦のわたしから見たら、
「どんだけ~」
てなもんですよ。
機械って壊れないものだっていうイメージがあるのでね。

テレビなんて、昭和の時代は、「寿命は10年」
だったのに。
地デジになってから
寿命が短くなった気がする。

車の寿命も、なんだか短くなってきた気がする。
宣伝されてるCMで、手を離して運転しているのがあるけど、
ああいう車に限って、メンテが大変だったりするから、
寿命も短いに決まってる(買えないから妬いている)。
パソコンだって、本来ならもっと寿命が長くていいんじゃなかろうか。
夫は、「パソコンを買い替えたら、15万ほどする!」
と絶望しています。

昔から、機械いじりが好きだったという夫。
さっそく部品を取りよせて、自分で更新してしまいました。
「3万で済んだぞ~」
得意がってます。よかったね、遊び道具が延命できて。
友だちにその話をしたら、
「うちのダンナは、ネット動画で古いパソコンを
使えるようにするテクニックを学んで、
延命処置してるんだよ」
と、教えてくれました。

コンピュータの寿命って、はかない。
「記憶、それははかない」 という
ガムの宣伝みたいだけどさ。
消耗率が高い商品が、文明の利器だというのは、
環境的にどうなんだろうか。

夫はそれで食ってる技術者。
わたしもかつては、コンピュータの技術者だった。
世の中って、どうなってるんだろうか。
ときどき、自分の立っている場所のあやうさが、気になってくる。
いつまで、パソコンの時代が続くだろう。
せめて夫の定年までは、続いて欲しい。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です