京アニ放火 4ヶ月

データが古いんですが、中国新聞 2019年8月18日によると、
京アニ放火をした人は、小説を京アニに投稿、
アイデアを盗まれたと強い恨みを持っていた、とのことです。
そこまでは、みなさん、ご存じの通りです。

その後、台風が関東を襲ったり、芸能人が税金の申告漏れをしたり、
ラグビーで日本が負けたりして、
みなさん、すっかり、京アニのことなんか、忘れきっている様子。
2019/11/10、京アニが、「静謐な環境作りにご協力いただき、ありがとうございました」
として、3、4日に追悼式典「お別れ そして志を繋ぐ式」を執り行ったことを5日にツイートで報告しました。
わたしには、ひとごとじゃないのです。

創作をしていく上で、アイデアを盗まれたと思い込むその感覚。
なんか、わかる気がするんです。
「やられた!」 とかって思っちゃうこと、ときどき、あります。
材料がうまく料理されているのをみると、
「わたしだってそれくらい」
負けん気はある。
人一倍、競争心はあるんだよ。
うちの実母は、わたしの負けん気を、認めてくれなかったけどさ。

京アニが放火されて4ヶ月。
結局、なにがどうなってるのか、本人の自供とかは、どうなったのか。
少なくとも、わたしのところには、ニュースとして届いていない。
創作に取り憑かれて、夢が悪夢に変わる。
この業界って、鬼もいれば蛇もいるね。
創作に取り憑かれて狂気に陥る。
ドン・キホーテにも、そんな話がありましたっけ。

人マネしかできないわたし。
が、がんばだ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です