特殊詐欺はがき、来る(後編)

13日の話の続きです。初めて読む人は、過去の記録を遡ってください。
さて、合唱サークルに、特殊詐欺はがきが来たことを話しました。
すると、雑談上手のAさんが、こんな話を聞かせてくださいました。

「うちにも、こんな電話がかかってきたのよ。
『おれだけど』 って言うから、息子の名前を呼んだの。
そしたら、風邪をこじらせて、いま、病院にいる。
結果は分からないけど、お金を用意してくれっていうの。
嫁が子どもの面倒を見るために、実家に帰っていたから、
嫁に電話して、いま 北海道にいる息子のところへ行ってやって、
と言ったら、『おかーさん、それ、詐欺だよ』って。
それで、再びその男からかかってきた電話に、思わず、
『あなた、姓はなんていうの?』 って聞いたら、息子の名前じゃないのよ。
『そうなの。名前は同じなのに、姓が違うって偶然もあるのね。
いま、病気でたいへんなら、すぐに病院へ行って、
治療を受けたほうがいいわ。
わたしには、どうすることもできないから』
って言ったのよね。

そしたら、それっきり、電話がかかってこなかったの。
でもね、それから数ヶ月後、今度こそ、詐欺にあったのよ!
消防員の格好をした知り合いの人で、
お祭りによく来てた人だったの。でも、話はしたことがなかったの。
急に自宅をピンポンして、『近くの壁に車をぶつけたから
弁償するのに 3万円、貸してくれ』って。
顔見知りだし、気軽に貸したら

その人、
自殺しちゃったの。

お金は返ってこなかったわ。

その人、ノートに、借りた人の名前と金額を、
びっしり 書いていたんだって。
借金が、苦しかったのかしら……

お嫁さんが返金しようとしたけど、お香典としてあげちゃった」

なんか身につまされてしまいます(父のことを思い出す)。
大人になりきれなかった父。試練を乗り越えることが出来なかった。
というより、そこから逃れる手段もあったのに、安易に自殺した。
妹は、「半分はお姉ちゃんに責任がある」って言ってたけど、
わたしが父のお金を搾り取ったわけじゃないもんね。

妹とは、できれば口をききたくないな。
腹が立つ自分の、感情の乱れが病気に差し障りそうだ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です