女医による 働く女子の保健室

うちのマンションに、無料配布されている、tomato という雑誌(10月号)で、
「女医による 働く女子の保健室」
という特集を組んでいました。健康についてのお悩み相談が、載ってます。
Q&Aがいくつかありまして、
一番初めの質問が、
「長引く風邪なのでしょうか?
なかなか 咳が 治らないです」
で、そのアンサーが、
「本当にそれはただの風邪?
もしかして肺炎、気管支炎かもしれません」
実際、これはひとごとじゃ、ないんです。

今年の初め、義母が風邪を引き込みました。
なかなか、治らないんです。
でも、咳は少し出るけど、熱もないし、
ダルいけど、家事もあるから、
通院するヒマは、ないってことで、
一度、通院して、「たいしたこと、ないでしょう」
とドクターにも言われ、放置。

ところが!
具合はどんどん、悪くなる。
ついに、夫が、「血液検査してもらって、
炎症反応を、見てもらえ」
で、ムリヤリ、通院させました。
そしたら、数値が、通常の10倍 ! ほど、悪いことが判明。
アワを食った医者が、
抗生物質を出す、という事態に……。

老人は、熱が出ないことがあります。
もう少しで、肺炎で義母が、死ぬところでした。

医者も、腕のいいのと悪いのとがいるね。
サークルから聞いた話では、医者になる人たちって、
人を助けたいという、夢からではなく、
儲かるから、医者になるんだそうで……。

やっぱ、人を動かすには、夢より現実なのだよ。
花より団子。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です