別府家族旅行 10月11日、ねこまみれ!

ねこまみれ! 11日の旅行
 旅行の準備は、だれがするのか。
 わたしではなく、姑がするのが常である。わたしは、ずーっと創作三昧。鬼嫁ですな(笑)
 台風が関東に来襲してきていたため、寒さが来ると予測した義母は、薄手の上衣も用意してくださった。
ついでに言うと、化粧下地も、義母が用意したのだった。せめて化粧下地ぐらいは、自分で用意しようよ、わたし。
 ともあれ、11日に別府めがけて8時半出発。
休憩なしでぶっ通しで行けば、到着は12時半になるが、当然途中で休憩した。
 当日の広島は、これが台風? というぐらい、晴れていた。
 仕事上の閉塞感を抱えていた夫のほうは、この旅行を楽しみにしていた。
 とくに、猫に会えるという新玉旅館(しんたま旅館)には、期待すること多かった。
 しかし、着いてみてびっくり! 小さい旅館だとは聞いていたが、家族経営的旅館だとは。
 従業員が女将とダンナしかいない(汗)
 しかも女将の曰く、
「わたし、猫アレルギーなんです」
 まさかの猫アレルギー! 70匹も面倒見てるから、とうとうキレたか。
 女将は大分に住んでいるのに、標準語だった。つまんない。

 16時から2時間程度、ねこまみれ になった。
 1部屋目は猫は5匹しかいなかったが、次の部屋からは10匹から15匹ぐらいの猫の大群が!
 1部屋20分程度、全部で4部屋程度。まったりと過ごした。

夫、「君たちはフレンドリーだね、業務たいへんだね。お客さんの相手をしなくちゃ餌が食べられないよね。サラリーマンと同じだね。サラリーマンはつらいね」
 と、しきりに話しかけていた
義母は、「かわいい、かわいい」と。
女将が、部屋に置かれたそうじ用具のコロコロを示しつつ、
「手や袖口など、体中をコロコロして、猫の毛を取ってください、毛で病気が蔓延します。
病気になったら、一匹1万円治療費がかかる。保険が効かないから。下手したら100万もかかる!」
部屋を出るたびに、身体の毛をコロコロしまくるわたしたち。
 通された部屋には、野良猫時代に目をつぶされた猫や、去勢を意味するサクラ猫もいた。
「家族です」
 と 女将。
「座って待っていてください、ひざに乗るようにしつけてます」
 たしかに最初は近づいてくれたが すぐ飽きて離れてしまった。むりやり抱こうとすると ひっかくのである。

 各部屋ではテレビがつけっぱなし、なにか意味があるのだろうか。
 CS放送(LALAチャンネルとか、スーパー! ドラマとか)が放送されている部屋もあったし、
地上波放送(NHKが中心)もあった。猫が液晶テレビの上に載って、テレビがぐらぐらしていた。
 別の部屋に移動するごとに、ねこまみれの家族たち。あぐらをかく夫の膝上を占領する猫。
「正座していると来ない」と義母
「猫成分、しっかりとれたね。
湯布院にも、猫スタッフの温泉がある。
これだけ猫に囲まれたのは、はじめて。岩合さんだったら日常だろうけど」
夫は、大満足である。
猫にスマホ猫動画を見せたが、無反応だった。岩合さんの画像に負けた(笑)
わたしは、抱いていた猫に、手をなめまわされた。かと思うと軽くかまれた。
舌、ざらざらしていて、このままイッてしまいそう。
参ったのは、わたしが首から提げているスマホを、おもちゃにしようとする猫。
スマホが壊れるから、やめてー!

 女将が、わたしらに用意してくれた、ネコクサを猫にプレゼントしたが、ありつけない猫がいた
人なつっこい猫たち、飼うのが楽かもしれないし、お行儀も良い。
脱走猫が見られたが、近所の人、だいじょうぶかな。と思った、ねこまみれの1日でした。
 

 

HPのTOPとおすすめ創作に、ねこ旅館のねこ写真と、元乃隅稲成神社(もとのすみじんじゃ)の写真を、
今週いっぱい、載せています。
よろしくお願いします。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です