想像力と共感力

2019年8月20日 中国新聞SELECT。
VRで「共感」を相対化
というタイトルで、他者と自分の共感とは、
他人と自分の埋めがたい距離感と表裏一体である、
という深いことばが書いてありました。

細かいことは新聞にお任せしまして、
今回はこのネタで考えたことを、
書いてみます。
わたしはどうも共感力に欠けているところがあるらしいので
距離感の取り方について色々考えざるを得ないのです。

他人の事なんて、想像しても無駄だと思ってます。
しょせん、わかりあえないんですから。
わたしから見て他人がどう見えるか、ということを
つらつら書いてみたって、だれ得、とむなしくなったりもします。
友だちは、わたしを 「他人に合わせる人」
とイメージしているようですが
逆らわないだけで、内面では結構ドロドロしています(汗)

夫がわたしを好いてくれていることや、
義母がわたしをかわいがってくれていることは、
わたしの手柄じゃないんです。
誤解から来ているんだと思う。
わたしには、他者への配慮はあまりないから。

それでも、想像する楽しみを他者と分け合いたい、
という欲望はあるわけで。
人はなにを奪われても、こころを羽ばたかせることだけは
やめない生き物なのかもなとか
考える昨今です。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です