味がVRで変わる時代

2019年8月22日、朝日新聞。『味わう 錯覚や電気信号で』
というタイトルで、VRが味覚に与える影響について、
触れられています。
日本科学未来館での話。VRでカレーを見た人たちが、そのあとカレーの注文が
増えたといいます。
エビ天を置いたテーブルに油鍋など天ぷら屋のカウンターの画像を投影、
アンケートを取ってみると、映像なしで食べたときに比べて
おいしさや温かさ、香りをより強く感じたと答える人が多かった、
と書いてありました。

味覚は研究がもっとも遅れている分野で、舌先で甘み、舌の奥で苦みを感じるという
「舌の味覚地図」は最近になって科学的根拠がないとわかったそうな。
電信号で脳に味覚信号を送っておいしさを感じるようになったら、
『化学調味料』ならぬ
『科学調味料』になるかも、
そうなったら人間の欲望はどこに向かうのか
なーんて真剣に書いてありました。

べつにいいけど、基本を忘れないでね。
食糧難が近づいているんだから(何度も言うけどさ)。
人工肉をVRでジューシーな牛肉に錯覚させて、喜んで食べてる未来が待ってるかも(汗)
なんの映画で見たのか忘れたけど
食糧難の時代、政府の支給していた肉が、加工された人肉だったというSF映画を見たことがあって、
背筋が寒くなったことがあります。
VRだったらなんでもアリという感じがしてくる……。
真偽をみわける観察力が
これまで以上に必要になるのかも。

わたしには観察力がないので、ムリです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です