男性の育休、なぜ増えない

2019年8月24日 中国新聞SELECT。
男性の育休が進まない理由として、複数回答アンケートを採ったところ、
「業務が繁忙で職場の人手が足りない」(27%)、
という理由が、「会社で制度が整備されていない」、をわずかに上回ったそうです。
ちなみに「職場が取得しづらい雰囲気だった」、というのは
25.4%の人が選んだそうで。

今後は政府も育休を義務化する方向に進むそうですが、
ひとり欠けると回らなくなる職場もなんとかせんと、と書いてあります。
ヒマを持て余してる人もいるのにねえ。

子育てに、お姑さんや親戚を頼るということは、
考えに入れてないんでしょうか。
わたしみたいに姑と仲がいい人ばかりじゃないとは思うけど
自分の母親ぐらいは、頼っていいと思うのだよ。
独り立ちってことにこだわらないで、
甘えられる内に甘えた方がいいんじゃないかな。
わたしは母が52のときに亡くしてますので、
親がいる人がうらやましい。

子どもは社会で育てるもの、という考え方は古いかもしれないが
近所の、ヒマを持て余してるシニアを巻き込むのもアリだと思うな。
めんどくさがるかもしれんけど
子どもには、いろんな社会を見せておいた方がいい。
理想論だけどさ。

育休以前に、結婚したがらない大人が増えたという事実があって
そっちのほうが問題じゃなかろうかと思ったりもする
今日の日記でした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です