2,000万円、ということ

2019年7月13日の中国新聞には、
公的年金+2,000万円の話が載ってますが、
わたしはこの金額に疑問があります。
つまり、年金+2,000万円貯めれば、
一生、らく出来るのかという疑問です。
だってそうでしょ、地球の資源は枯渇しつつあるんですよ。
資源が無限であることを前提にしている資本主義が
行き詰まりを迎えることは、易々と予想できます。
そのとき、必要だとされる+2,000万円なんて紙切れになるんじゃないのかな。

ていうか、ノンキにエッセイ書いてていいのか、という問題も(笑)
自分も家庭菜園のひとつもした方がいいかも。
どこかの農家で畑を借りて、耕して、
自分で収穫するのだよ。
……現実的じゃない(近くに畑がないし知り合いに農家はいない)。
AIに仕事が奪われるなんてみんな戦々恐々としてるけど
それ以前に飢餓の危険がある(地球温暖化とか砂漠化とか
水の枯渇とか……)
2,000万円でなんとかなる、というのは、
どう考えても楽観的すぎる数字でしょう。
「一生働けというのか」
「2,000万円なんてムリ」
という声もあるようですが
政府が保障してくれるのなら、それを逆手に取ればよろしい。

じっさいに10年後あたり食料難になってきたら
「あのとき2,000万円でなんとかなる、と言ったじゃないか」
ってことになるんだろうな、と思うと
政治家のみなさんには、気の毒になります。
わたしは別に政治家が好きってわけじゃないです。
考えずにしゃべるから、政治家としてどうよ、と
思うことがしばしばありますが、
苦労は絶えないだろうなとお察しします。

言うに言えないものを抱えて生きるのは、
だれでも同じだよ。
思ったことをかるく言わないでちょうだい。
国を動かす責任があるんだからさ。
そんなんだから日本の政治家は三流だと言われるんだ。
情けなくて涙が出てくるよ(笑)
今日は年金+2,000万円で足りるのかという話でした。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です