今さらチキンラーメン逸話第2話(2/2)

3月26日の朝日新聞のコラムで、チキンラーメン逸話が載ってました。
シリーズでお送りします。
知らなかったんですが、貧困層の人々が、
安くて便利でおいしいラーメンを食べるようになって、
依存状態を生み出してしまったらしいのです。
ネパールでは子どものおやつが 以前は地元でとれた豆やトウモロコシだったけど、
90年ごろになるとインスタントラーメン。
いまやネパールの1人あたりの消費量は世界第3位!!!!
飢餓状態の人々を救ったのはたしかだけど、
そればっかりじゃ、ダメだよね。
地産地消を多くの人々が享受できるようにならなきゃ、
と、藤倉達郎さんは結んでます。

人工物と発展途上国の問題には、まったく気づいていなかった……
世界各国で食べられてるって話は聞いてましたが、
依存状態にまでなってるとは知りませんでした。
それは安藤百福さんも、よしとしない状態なのでは? と推察します。
そういえば、日本人も、三時のおやつといえばお豆さんやお餅とかが
多かった気がするけど、
最近は見向きもされてないね(少なくとも若者の間では)。
インスタントラーメンの功罪、いろいろですが、
ゆたかな食生活を少しでもしてほしいと願う
安藤百福さんの思いとは裏腹に、
現実は、厳しい状態になっているようです。

貧しさって、罪だなといつも思う。
だから日本が格差社会になってしまったのが
非常に残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です