いだてん #30

今日のいだてんは、田畑さんが情に流されそうになる話でした。
冷酷なことを言ってるけど、ほんとは熱い男なんだ。
その場にいる人たちのことを思って、涙が出てきます。

田畑さんがそうなったのは、
大横田はじめ水泳チームのホープが
お腹がいたい、いたいと騒いだからです。
すき焼きを食べさせすぎたのか、と思ったら
数日前から熱もあったそうです。
黙っていたのは、外されると思ったから。
自分の身体より、オリンピックを優先する。
当時の人のむちゃぶりに、わたしはあきれましたが
同時に深く感動していました。

むちゃくちゃと言えば、志ん生もむちゃくちゃです。
ボロいカヤとラジオを引き替えにしたら
ラジオの中身は空っぽ。
質草にもならないのです。
ところが、質に行って、自分の羽織が
流されずに残っているのを見たことと、
自分よりも下手だと思ってた弟子が
疝気(せんき)の虫という落語で
人々(妻も含める)を大笑いさせてるのを見て
心を入れ替え、名前も変えて心機一転、
落語の世界に戻っていったのでした。

胃カタルの描写で虫が出てくるけど
あれが疝気の虫のつもりなのでしょうか。
不気味な虫だった。(でも疝気の虫は想像上の虫です)
けっきょく、水泳での全種目 金 という目標は達成できませんでしたが
病を押して出場して、世界でたった3つしかないメダルの内
ひとつを取ったんだから、えらいよ、大横田。

実況放送が出来なかったため、
実感放送がかなり笑えた、
今日のいだてんでした。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です