身勝手なわたしというキャラクター

わたしがFBのコミュを追放されたときに、
配慮のないカキコをしたせいだろと
夫が指摘したので、
ちょっとばかり、考えてみることにしました。

文字情報で考えるせいなのか、
はたまた元々そういう性格なのか、
周りの人への配慮が足りない、
直した方が小説も良くなるよ、
と夫は言うんです。
小説が身勝手なのは薄々気づいていました。
設定表もつくらずに、ノリで書いてエタる、
よくあるわたしの欠点です。
しかしそういう性格って、すぐ直るかしら?
と考えたりします。

小説と性格は違う気がするけど、
相手への洞察力がないという指摘は当たってると思う。
少なくともわたしの小説は、読者の方を向いてない。
(エッセイ日記も自己満足だからなー)
相手を怒らせて認められる時代じゃないですからね、
現代ってやつは。
もっと配慮がないと、読んでくれなくなるだろうし
(それでなくとも少ないアクセスがより減ってしまう 笑)
小説家は読んでもらってナンボの世界だから。
それは純文学もおなじこと。

配慮のないカキコは、今後はやめておこう。
固く決意して今回はおしまい。
文章って難しいね。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です