男女脳の学説は古い

2019年6月26日の朝日新聞。
菓子大手の江崎グリコは2月、
子育てアプリ「こぺ」の宣伝サイトで、
「パパのためのママの気持ち翻訳」
と題し、妻が怒ったときの言動と
その本心を解説した。
(中略)
夫婦がすれ違う理由は
「男性脳と女性脳では回路のかたちや信号の種類が違う」
などとつづられた。こうした表現に「女性蔑視」といった批判が広がり、
グリコはコンテンツの一部を取り下げた。

と、書いてあります。夫婦のコミュニケーション・ギャップを改善したい意図は評価できるが、
女性に家事や育児の負担が偏っている社会構造に言及せず、
「脳が男と女でちがうから」
で済ませるし、その科学的根拠も薄いとされている。
男も感情でものをいう人が多いのに、女は感情的と言われる。
驚いた、とジャーナリストの治部れんげさんは言ってます。

80年代の友だちが、雑誌MOEで見た、といって、
男女脳が違うって話をしてくれました。
それがいまになって、「それは違うんだな-」
なんて言いだし、
「だからLGBTってホンモノなのかどうか、疑ってるんだよなー」
とそんなことを言うのでした。

現にLGBTっているわけだし、わたしは彼らのことをあまりよく知らないから
偉そうにアレコレ言うことはできませんが、
時代によって意見がコロコロ無自覚に変わるのって、
わたしにもあるから、注意しないといけない。
批判した人は成功したらきれいさっぱり忘れるから。
アイデアを特許申請している間に
盗まれてしまう例もある。
それで訴えを起こすかというとそうではなく、
世界最弱のサイトを目指す、そうです。
最弱のサイト……。資本主義では食い物にされるな……。

男女脳。ほんとかどうかは今後の科学者の研究発表を待たねばなりません。
定年後に家事を解放されたいという妻の意見は
夫には 「愛情表現がなくなった」 と思われてさびしい思いをするとかしないとか。
どんなことを愛情表現とするか、というところもまた、
夫婦で話してみるのもアリかもね。

うちの夫は会話が好きなので、なんでも話し合ってます。
ときどき、窮屈に感じるのはぜいたくなのかもしれないね。
と思う今日この頃です。
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です