いまさらチキンラーメン逸話 第1話(その1/3)

3月26日の朝日新聞のコラムで、チキンラーメン逸話が載ってました。
今さらなんですが、シリーズでお送りします。
第1話は、安藤(あんどう)宏基(こうき)さんの話。
(引用開始)
父、安藤百福は、世の中を明るくすることはないか、役
立つことはないかを考え続けている「異能の人」でした。
しかし、「執念を持ってやれば必ずできる。常識にとらわ
れるな」というのが口癖でしたから、周りの人間はたまっ
たもんじゃない。私なども胃潰瘍(いかいよう)になったほどです。
五つの原則があります。まずおいしいこと。そして簡単に調
理ができること。さらに家庭に常備されるように保存性が
高く、加えて安全で衛生的なものであること。最後に値段が手頃なこと。
(引用終わり)

この五つの原則、『まんぷく』でも採用されていました。
朝日新聞の彼の記事によると、父親は7回失敗して8回目で成功した、
文字通り七転び八起きの人。
執念ですべてを解決しよう、とするあたり、
うちの実母の、『根性!』 を連想させます。
義母はいちども 根性論をかざしたことがないので助かってます。
反発を感じることもなく、家事の分担もラクにさせてもらってます。
わたしは恵まれているかもしれません。

『まんぷく』 では、父親の萬平さんも母親の福子ちゃんも、
両方とも仕事人間だったので、ネット上では 「クレイジー」 と評されていました。
ドラマを見ていても、我が子の話をしているのに、
いつの間にか 仕事のアイデアを出している福子ちゃん。
自分の子どもより、仕事を優先させる人という描写で間違いないのでしょうか。
たしかに、クレイジーですな(汗)

五つの原則を立て、そこから一歩も引かない萬平さんは、
こだわりの人とも言えるでしょう。
ちょっとマネできない人みたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です