8月6日に向けて

あと3週間弱で原爆投下の日がやってくるんです。もう80年ちかく経ちます。
ことしはオバマさんが来てから5月27日で3年目になる(中国新聞)節目の年です。
日本被団協代表委員の田中てるみさんは、
「米国はある意味『正直な国』ですね」
として、外交手段として脅しをかけるトランプさんに危機感を感じている旨を表明しています。
被爆者で歴史研究者の森重昭さんは、原爆の怖さを伝え続けると決意表明。
核兵器廃絶をめざすヒロシマの会森滝春子さんは、
投下責任を問うてこそ、とおっしゃってます。

トランプさんが大統領になってから、脅しの外交が続いているので、
ちょっとやそっとのことで驚かなくなりました。
慣れっておそろしい(汗)
そんななか、6月26日の中国新聞では、
ローマ法王が11月24日にヒロシマを訪れることになったと
報じております。
世界に大きな影響力のあるローマ法王に資料館を見てもらって、
なんとかしてもらおうとがんばるという趣旨です。
トランプさんにローマ法王の権威が通用するかどうかは
疑問の余地がある。
あの人、それなりに信念があるらしい。
プロテスタントだから、カトリックの言うことを聞くかどうかもわからん。

否定的なことばかり言ってますが、
ローマ法王が広島に来られるのはいいことだと思います。
以前の 「空飛ぶ法王」 は、日本語で演説しました。
今回のローマ法王も、かなり革新的だとお聞きしております。
その革新性を、今回は期待したいところです。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です