富野由悠季と高畑勲、美術館展覧会(その2)

2019年6月25日(火)の朝日新聞に、
高畑勲と富野由悠季の美術館展示の話が載ってます。
今回は、高畑勲の話(富野由悠季に影響を与えたと言われる人です)。
今年の7月に東京国立近代美術館で開催される
高畑勲展というのが、1959年に東映動画(現・東映アニメーション)
時代から「かぐや姫の物語」(2013年)までの54年を、
「表現の開拓」に焦点を当てて展示する、のだそうです。

ハイジや思い出ぽろぽろ、ホーホケキョ となりの山田くんなどに関する、
さまざまな作品ごとの目標を記した企画書やメモ、
動植物や生活の生活の細部を克明に調べたノートなどの資料、
それに応えたアニメーターや美術スタッフの絵を並べることで、
革新を続けた軌跡を描き出す……
といった内容の記事でしたが、
高畑勲はリアル系のアニメを描く人だというイメージがわたしにはありまして。
アニメでなくても出来ることをわざわざやってるなー
という感想を抱いておりマス。

高畑勲と富野由悠季と、どっちを見たいかと言われたら
富野由悠季だなぁ、わたしは。
ロボットモノが好きってわけじゃないけど、
資料を見てみたいです。
高畑勲もそれなりに興味はあるが
世界観を構築するヒントをもらいたいんですよ。
日常生活って、難しいですよわたしには……。
観察力が不足しているし、地道にコツコツするタイプでもないんですよ~
作家に向いてねーなつくづく。
時期的に遅いとは思いますが、まだ展示会をやってるなら、
一度ご覧になってくださいませ。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です