富野由悠季と高畑勲、美術館展覧会(その1)

2019年6月25日(火)の朝日新聞。富野由悠季と高畑勲の関連記事が載ってます。
富野由悠季(ガンダムやイデオンで有名)
の展示会は、6月22日に福岡市美術館で始まったそうです。
2000年代に入ってから美術館によるアニメやマンガの展覧会が目立つようになったが、
軸とするのが作家でもスタジオでも、展示は絵画中心。
絵を描かないタイプの演出家の展覧会は、新玉領域への挑戦と言える、
と朝日新聞が書いています。

富野由悠季は、「概念の展示」は不可能だと断ったそうですが、
巡回する兵庫や島根、青森、富山、静岡の美術館の内、
島根県の学芸員は、できる限り多くの資料にあたり、選んでいくという
基本に忠実なやり方で取り組んだ、
と語ったそうです。

見に行ったわけじゃないんですが、あまり表に出ない
富野の絵が展示されていたそうで、
面白そうだなぁと垂涎のわたしですね。
でも富野は、スタッフあっての自分だから、
ほんとは出すのはイヤなんだって!
わたしも絵が下手だからなー(同じにするな! 笑)

明日は高畑勲の話です。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です