いだてん #25

今回は、人見絹枝さんの話でした。
8尺(2mぐらいある)の化物とまで言われた人見さんですが、
言われたままでいるのは悔しいと、
シマさんのためにも女子陸上の先駆けになったのでした。
100メートルと800メートルは、ぜんぜん違う競技ですが、
100メートルで4位だった人見さんは
「男は負けても帰れるが、女は負けては帰れない」
泣いて拝んで800メートルを銀メダル。
人見さんの並々ならぬ根性がわかります。

二階堂さんも今回はよかった。
人見さんの一番の理解者でしょう。
あなたには品があるし負けん気もあるなんて、
褒めちぎっています。
一度は言われてみたいなー。
夫は決して、そんなことはいいません! (不満!)

語り部の志ん生(北野武)も、いい味出してました。
でもやっぱり、滑舌が悪くて、ちょっと話がわかりにくい。
しょうがないけど。

田畑くん、30歳までには死ぬと言われて、死ぬ気でがんばって
いろんな功績を残しています。
実家を継ぐはずなのに、おかーさんからは
国のためにがんばれ、なんてはっぱかけられたりして。
騒がしい男で、ちょっとおっちょこちょいなところがあって、
主役にするには少々、難があるキャラクターだとは思うのですが、
アムステルダム・オリンピックでの成果を出すために
プレッシャーをかけさせないのも監督の役目、なんて
なかなか名文句を言う人です。
もうちょっと腰をおちつけて欲しいな。

播磨屋、どんどん店が大きくなっているようです。
そのうち靴メーカーになるかもね。
子どもを連れたシマのダンナが四三とともに播磨屋にいるのをみると、
陸上のおかかえになるんだろうなと予測したりします。
さて、第二次世界大戦に近づいてきましたが、
どうなることやら。
初めてアムステルダムで日本がメダルを獲ったのがうれしかった、
今日のいだてんでした。

応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です